表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2006年07月06日

エジンバラのこと

 ミサイル発射のニュースにはやはり驚いた。
 それにしても憂鬱になるニュースが続く。実際の不安よりも常に自分が試されているような圧迫を感じてしまう。何かが起こる度、イヤなニュースを知る度に必死で自分の考えや立ち位置を確認する。しかし簡単には割り切れない。一つの立場に立ってしまうことは恐い。かといってそのままにしておくことも不安だ。無根拠の中にいる恐怖。
 そんな時、私は決まって英語の勉強を始める。勉強といってもペーパーバックのような英語の小説などを読んだりするだけだ。これは完全に逃避だ。しかし分からない単語を辞書で調べたりしていると束の間だが心が休まるのだ。
 今日はエジンバラで買って来た「スコットランドの歴史」という本を読んでいた。イギリスの歴史というと、どうしたってイングランドを中心に書かれているものが多い。しかしこの本を読んでいると見方が全く異なっていて面白い。イングランドは明らかに侵略者として描かれている。
 ワールドカップのイングランド初戦の日、エジンバラにいた。パブにはイングランドのユニフォームを着た人々も集まり盛り上がってはいたが、他の人は一様にしらけていた。リーディングに関わっていたイングランド生まれの人達もひっそりと応援していた。まるで別の国にいるようだった。この本を読んでいるとそれもむべなるかなという気がする。
posted by 土田英生 at 02:23| 京都 ☁| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする