表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2014年03月09日

別れていく。

 なぜか今回の公演中には色んなものがなくなる。
 北九州公演ではお気に入りのZIPPOがなくなった。
 ああ……。
 そして一昨日はマフラーがなくなった。
 うんんんん……。
 さらに今日はタバコケースがなくなった。ケースは自作なのでいいんだけど、そこにつけていた百合の紋章が結構高価だったのでちょっとショック。
 明日辺り、お気に入りの万年筆とかなくしそうだ。気をつけよう。

 しかし物はいつか壊れたり、なくなったりする。
 もちろん愛着のあるものだと少しのショックはあるけれど、大したことではない。
 私が一番愛おしく思うのは時間だ。
 人との別れも相当辛いけど、なにより、その人と過ごした時間と別れることが辛い。
 
 1月に稽古が始まり、2月に東京で幕を開けたMONO「のぞき穴、哀愁」も間もなく終わる。
 もうこの時間は戻ってこない。
 舞台の宿命だし、だからこそいいんだけどね。
 MONOのメンバーとは来年も公演するし、他のキャストやスタッフとだって会おうと思えば会える。
 ただ、一緒に舞台をつくり、本番をやっていた時間とは永遠にお別れだ。
 
 悔いを残さないように残りの4ステージをやろう。
 まだ、芝居に結論は出したくない。
 明日も稽古して、可能性を探ってやる。
 出てもらった役者さん達、特に若いメンバーがこれから演劇を続ける上で、何かしらのヒントを得られるように考えたい。いや、MONOのメンバーだって同じだ。
 
 明日の前売り券は完売ですが、当日券は出ます。
 今日も来てくださった全員の方に観ていただけました。
 そして……月、火、水はまだ行けるはずです。
 劇場でお待ちしております!→ 公演ページ

 写真はHEPのエレベーターから見た大阪駅。

IMG_2962.jpg
posted by 土田英生 at 01:56| 京都 ☁| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする