表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2014年04月15日

明日からまた東京

 今日から東京に行っておこうと思っていたのだが、色々やっていたら新幹線は終わってしまった。
 まあ、打合せは午後からなので、明日の朝に移動すれば間に合う。
 
 今は下北沢に拠点があるので楽だ。着替えなども置いてあるし。
 ただ、これだけ行ったり来たりを繰り返していると、資料や本などを京都と東京、どっちに置いてあるのかが分からなくなる。
 周りも混乱するみたいだ。
 東京にいるとメールが来る。『今、京都に来てるんですけど会えますか?』
 そして京都に戻っていると、メールが来る。『今日、下北沢に行く予定があるんですけど、なにしてますか?』

 だから一ヶ月先にどっちにいるのかを聞かれると困る。
 自分でも分からない。打合せの内容次第で変わってしまうのだ。
 MONOの制作をしている垣脇ですら、時々「今はどっちにいます?」と、聞いてくる。
 ああ、ずっとこうなのだろうか?

 1人参勤交代だ。
 これから下北沢の事務所を江戸屋敷と呼ぼう。
 
 しかし……スケジュールがもっとも大変なのは夏だ。
 6月から俳優の演技訓練をやろうと思っていて、日程を調整していたら大変なことになりそうだと分かった。特に8月などはもう全国をワークショップして歩き回る感じになる。
 参勤交代どころではない。水戸黄門のような状態だ。
 ワークショップをする時は印籠を持参しよう。困った時には皆に見せてみよう。
 
 自分で決めたことだし、きちんとやらないと。
 今の私にはそのモチベーションもある。
 
 最後までやれなかった仕事など……いやいや、いっぱいあるね。
 仕事をおろされたことは何度もある。
 ただ、自分からおりたことはない。

 赤坂のスターバックスで待ち合わせをし、書き上げた原稿を提出しようと持って行ったら、そこでいきなりおろされてしまい、「そうですか」と軽いトーンで喋ったのに涙声になってしまったこともある。
 お台場のスターバックスで「嘘でしょ? どういうことですか?」と消え入るような声で呟いたこともある。
 あれ……どうもスターバックス多いね。
 いや、そうじゃない。
 渋谷のホテルのラウンジでは、優雅な雰囲気で静かにおろされたし。
 
 明日の打合せは大丈夫だろうか?
 渋谷だと言っていた。スターバックスだろうか?
 不安になってきた。
 メンタルを強くしておこう。
posted by 土田英生 at 03:48| 京都 | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする