表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2014年04月17日

メールは怖い

 いやあ、怖い。
 メールは怖いという話だ。

 1日中、パソコンの前に座っていた。
 言い訳だけど、座っていたからといって書けるわけではない。
 長く座っていたら進むものと、どうにものならないものがある。
 いいアイデアがないかと悩んでいるときなどは、どれだけ考えたって出てこなかったりする。
 
 大体ね、人の集中力なんてそんなに持たない。
 で、今日は合間に無駄なことを結構した。
 前にも書いたが、無駄なことをする時の、私の集中力はかなりのものだ。
 
 iPhoneのアプリに、コマ撮りで映像を作れるものがある。
 パラパラ漫画のようなものだ。
 何かを写真に撮り、ちょっと動かしてはまた撮り、それを繰り返してアニメ化して行く。
 
 今日の夕方。
 仕事に疲れて、何気なくそれをやり出した。
 やっぱり集中してしまったようだ。
 気がついたら一時間くらいやっていた。
 でき上がったのは「スティック糊とリップ」という作品。
 リップが二本歩いているところに、スティック糊がやってきて、仲間になろうとするが断られるという話だ。
 その一場面。

スティック糊とリップ.jpg

 断っておくが、誰がなんといおうと披露しない。
 というか、もう削除してしまったし。
 書きたいのはここからだ。

 iPhoneで作ったその映像をパソコンに取り込んで、そのままデスクトップに置いていた。
 
 夜にある人から電話があった。
 ある原稿をメールで送って欲しいという。
 大事な仕事の話だ。
 電話を切って、私はメールを開いた。ぼうっとしながら作業をしていた。

 「送信」ボタンを押す寸前、身体に電気が走った。
 
 そこに添付されていたのは……『スティック糊とリップ』だった。
 
 危うく送信してしまうところだった。
 瞬間、汗が出た。
 
 ギリギリで回避できたからよかったものの、もし送信していたらと思うと今でもドキドキする。
 先方も困惑しただろう。
 原稿を頼んだら、意味不明な映像が送られてくるのだ。

 メールは怖い。
posted by 土田英生 at 06:42| 東京 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする