表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2014年08月12日

ささやかな

 さっき調べてみたら、MONOで下北沢に部屋を借りてすでに6年になる。
 結構長いね。どうりで下北では道に迷わないはずだ。
 それ以前は、仕事の相手側がホテルを取ってくださっていた。
 快適だったが往復は大変だった。
 一番頻繁なときで月に10往復くらいだったと思う。宿泊代もかかるので、長い間滞在するよりは通った方が安くあがるのだ。なので、私も毎回、大きなバックを抱えて京都と東京を往復していた。

 部屋があると荷物を置いておけるので、多少、用事が離れていてもそのまま東京に滞在し続けてしまう。
 移動は減ったが、京都の自宅で過ごす時間が極端に減ってしまった。
 ただ、東京にいる方が仕事は捗る。
 自宅には好きなものがたくさんあるので、ついつい集中力に欠ける。
 レザークラフトの道具なども京都にあるので東京ではできない。仕事をするしかなくなるのだ。
 まあ、今は遊んでいる時間もないし。

 一時、人から暗い暗いと言われた。
 まずいと思った。
 だから表面上は明るくしていようと決めた。
 ただ……まあ、そんなには変わってないね。
 頭の中では様々な考えが巡り、心が潰れそうになる。
  
 だからなにか気分が上向くものは欲しい。
 最近やっていることと言えば、iPhoneのアプリで、写真を有名画家風に加工してくれるものがあり、それで遊んでいるくらいだ。
 ささやかだ。あまりにささやかだ。
 これで「うわあ、楽しい」となるほど子供でもないし。
 しかし、これは優れものだね。
 例えば……昔、私がロンドンで撮ったセントポール大聖堂の写真はこうなる。

IMG_4174.jpg
 
 
 嵐山の渡月橋。タッチを変えてみた。

IMG_4124.jpg


 私もゴッホ風になった。

IMG_4188.jpg


 こうして載せていると、とても楽しそうだがそんなことはない。
 こんなささやかな余暇くらいで、後は静かに仕事をしている。
 時々、やってくる様々な知り合いと喋ったりはしているけど。
 まあ、下北沢は立ち寄りやすいしね。

 前はもっと頻繁だった。下北沢にはたくさん劇場があり、そこで公演中だという知り合いは多い。
 打ち上げ前に時間をつぶしにくる人、マチネとソワレの間に顔を出す人、荷物を置いてくれという人、劇場に入る前に喋りに来る人……色々な人がいたが、最近はいなくなったね。
 
 俳優育成講座も下北沢から歩いて10分強くらいの場所でやっている。
 なので帰り道、皆はそれぞれ下北沢の駅まで歩く。
 一度も皆で飲み会などはしていない。
 20人いるので、やってもどうせゆっくり話すことはできないし。
 静かに話しはしたいけど、全員では無理なのだ。

 この前、土曜日曜と連続して講座があった。
 土曜日の終わりに歩いて帰り、近くのローソンに寄ろうと思ったら、数名の参加者が外にいた。
 しばらく立ち話をしていたが、どうせなら店に入ろうということになって5人くらいで話してから帰った。
 あれくらいがちょうどいいね。

 日曜日も数人で話しながら歩いていた。
 前日と別のメンバーだったので、お茶くらいのもうかいう話になった時、ところどころで他の参加者と出会った。段々、人数が増えて行く。
 ブレーメンの音楽隊みたいだ。
 
 その時撮った写真も加工してやる。

IMG_4184.jpg

 
IMG_4187.jpg
 
 
 いやいや、こんなささやかなことすらしている場合ではない。
 今日は徹夜で頑張っている。
 まだまだ書き続ける。
posted by 土田英生 at 05:15| 東京 ☁| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする