表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2014年10月14日

ごちゃごちゃ

 人との距離が近づくと、色んな話をすることができるようになる気がするが、それは事実ではない。
 逆に話せないことも出てくる。
 自分が悩んでいることなどを打ち明けられるのは、実は適度な距離にある人だったりする。
 親しくなり、自分にとって大事な存在になればなるほど『こんなことをこいつに話すのもなあ』と、気が引けたりする。相手を巻き込みたくないという気持ちになる。
 
 でもね、あれだね。
 そういう人とはちょっと会ったりするだけで楽になったりする。
 なんだろうね、あれは。
 
 なんでこんなこと書いてるんだろ?
 なにかを言いたかった気がするが、分からなくなってしまった。

 それにしても時間がない。
 というか、複数の事柄が進んでいて頭の中がごちゃごちゃだ。
 今は……一応、『姐さん女房の裏切り』の本番中ということになる。
 全国5カ所のうち、終わったのは金沢だけだ。
 今週末には北九州での公演がある。→

 しかし、私は連続ドラマの脚本を書いている最中だったりもする。というか、まあ現在はこの締切りを基準に生活をしている感じだ。

 そんな中……この前は広島で演出講座をやって来た。これも11月まで続く。

 さらには15日からは私が書き下ろした『カップで自分を量るがいい』が下北沢のOFF OFFシアターで始まる。→

 えっと、後は……情報公開になった『Re:(アール・イー)』もある。→

 Session5になるが、その宣伝映像ができてた。
 

 えっと、そして、まだあるはずだよね。
 そうだ。俳優育成講座も東京はまだ続いているし、MONO第42回公演も動き始めている。さらにはとっくの昔に締切りが過ぎ去ってしまった小説も……細々とまだ書いている。
 
 結構なストレスだね、毎日。
 
 だから最初に親しい人がどうだとか書いてたんだね、きっと。
posted by 土田英生 at 03:31| 東京 ☔| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする