表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2014年12月07日

土田先生

 身内に不幸があったので京都に戻った。
 2日間、仕事は全くしなかったが、遊んでいたわけではない。
 なにかと忙しかったし……まあ、月並みに様々なことを考えた。

 東京に戻って再び脚本生活。
 その合間に審査の為に何本も戯曲を読み、MONOの台本を書いている。
  
 どうでもいいことを書こう。
 京都に戻ることになった二日間に本当は観ようと予定していた舞台が二つ程あった。
 締切りと相談をして、なんとか二本とも見られると思っていたのだが、京都に帰ってしまったのでダメになってしまった。一つは元MONOのメンバーだった滝本さんがやっているB.LET'S、もう一つは登米君がやっているキリンバズウカだ。
 約束をしていたので、それぞれに行けなくなったというメールをした。
 滝本さん、続いて登米君に送る。
 いけなくてごめんという文章を書き、文章の末尾に名前を書いた。

 しかしだ。
 メールを送った後、なんだか違和感があった。
 何かがおかしい。
 私は送ったメールを見直してみた。
 
 
IMG_5151.jpg

 
 「土田英生」と書いたつもりだったのに、なぜか「土田先生」になってしまっている。
 なんだこれは。
 とても恥ずかしい。
 どうしてこんなことになったのだろうか?
 
 試しにメモ帳を開いて、「つち」と入力してみた。

IMG_5138.jpg
 
 
 「土田」「土田英生」に続いて、「土田先生」という変換候補が出ている。
 形がなんとなく似ているので間違えてしまったのだ。

 これまでに「土田先生」などと打ったことはないのに……なぜだろう。
posted by 土田英生 at 23:27| 東京 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする