表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2015年06月05日

久しぶりの更新

 ここを更新する習慣がなくなってしまっていた。

 久しぶりに書こうと思った。
 そして頻繁に更新しようと決意した。
 
 ……まあ、とにかく……暗かったね。
 今はやっと普通になったと思える。

 誰だって常に何かしらの問題は抱えている。
 個人的に幸せいっぱいでも、悩める友人を抱えていたり、社会の動きに不安を感じたり、ニュースに心を痛めたりもする。
 しかし、私が4月から暗かったはちょっと種類が違っていた。
 理由が思い当たらない。いや、正確に言えばたくさん理由があって、それらが積み重なってその重みに耐えられなかったという感じだ。
 
 とにかく下北沢にこもってじっとしていた。
 前向きな活動はほとんどなかった。
 生産性のない毎日だった。
 唯一やっていたことはレザークラフトだった。
 そういう意味では生産していたね。革製品をたくさん生産していた。
 その結果、もう私の持ち物で革に包まれていないものはないと言っても過言ではない。
 しかも、最後は包むものがなくなってしまった。

 なので更にそれを入れるものを作ったりした。
 例えば目薬だって革の小さな袋に入っている。ポケットティッシュも、フリスクも、とにかくあらゆるものが革で覆われている。そしてそれらが更に革に入れられている。もう『革マトリョーシカ』状態になってしまった。革の中から革が出てきて、その中からさらに小さな革が出てくる。
 逆になかなか目的の物が取り出せない。
 どこまで行っても革にブチ当たる。
 『革金太郎飴症候群』と名付けてもいいかも知れない。

 この前、久しぶりに大阪で打合せがあったので、新幹線に乗った。
 慌てて出かけたので、鞄の中がグチャグチャだった。
 なので座席に座ると、鞄に入っていたものを取り出して整理を始めた。
 鞄から次々に取り出される革の小物。
 気がついたら隣の人が驚いた表情を浮かべて私を見ている。
 恥ずかしかった。
 きっとあのサラリーマンは家に帰って娘に話しただろう。
『今日な、お父さん、新幹線で革男を見たよ』
 
 友達に頼まれていた物も作ったりした。
 キーケース、手帳カバー、iPhoneケース、名刺入れ、ペンケース……。
 私は劇作家協会の会員だが、その資格すらないのではないかと不安になった。
 レザークラフト協会に入るべきだと思った。

 そんな革にまみれた引きこもり期間のおかげで、私は段々普段の元気を取り戻した。
 しかし……4月に提出するはずだった仕事は完全に飛んでしまった。
 ああ、皆に迷惑をかけた。

 今はドラマの脚本を書いている。
 そんな状態から久しぶりに仕事を始めたので、最初は戸惑った。
 どう書いたらいいのかすら分からない。
 いつもの自分のペースで締切りを設定してもらったのだが、全然間に合わなかった。

 一昨日の夜中、なかなか進まず、Twitterに脚本が書けずに苦しいという呟きをした。
 すると……ケラさんから『俺も』という返信があった。
 なので『しかも眠いんです』というような返信をしてみた。
 ケラさんからは『あのね、俺も』という返事があった。

 ……私はある女性の顔を思い浮かべた。

 実は私とケラさんを担当してくれているマネージャーさんは同じなのだ。

 彼女は原稿の締切りが遅れる度に、先方に謝まらなければいけない。
 ちなみに私はTwitterに書いていた時点で既に締切りを完全に過ぎていた。ケラさんがどういう状況だったのかは分からない。しかし、きっと似たようなことになっていたのだと思う。
 そして……そのやり取りの後、私は実際に寝てしまった。
 ケラさんは寝ずに頑張ったのだろうか。
 
 数日遅れで提出し、今日、電話で打合せをした。
 なので今日はその書き直しをしていた。
 ……いい感じにペースも戻ってきた気がする。
 
 頑張ってそれを終わらせて、『算段兄弟』の準備に入らないといけない。
 時代やキャストに合せて全面的に改稿しているので、すでに随分と変わってしまっている。
 前に書いたときとは、描く視点も変化している。
 面白い舞台にしないとね。

 チケットの先行予約も始まっています。
 ここからはチラシの表裏もダウンロードできますので。→

 ……元気にはなかったが、色々と茨の道であることに変わりはない。
 前にチラリと書いたが、少しだけ元気を取り戻した頃、新潟に仕事で行き、そこである事件に巻き込まれた。
 図らずも私が事故を起こしたことになってしまったのだ。
 この顛末はまた落ち着いたら書く。
 まるで芝居のような展開だったのだ。そのことで再びずいぶんと暗くなった。
 更にiPhoneが壊れ、一昨日はキャッシュカードが使えなくなった。
 
 そして不思議なことに、あまり食べていないのにとても便通がいい。
 あり得ないのだが、摂取している以上に出て行っている気がする。
 そんなことになったら、生物としての基盤が揺らいでしまう。
 どうなってしまうんだろ?

 今日は脚本を書き、夜には舞台を見る。
 横山拓也君が書いて演出しているガプリヨツの『人の気も知らないで』が上演されているのだ。
 関西バージョンは二回見た。
 この前は北海道でもやっていたようだ。今回は東京バージョン。前にツチプロの『カップで自分を量るがいい』に出演していた日沼さん達が出演している。

 ……ちょっと眠らないとね。
 
 
posted by 土田英生 at 06:08| 東京 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

iPhoneに振り回される。

 現代人のスマホ依存などがよく問題になっている。
 私はiPhoneを使っている。
 きっと私も振り回されている。
 しかし……どうもちょっと違うところで振り回されている気がする。
 
 まずは……。

 問題は変換予測機能にあるのだと思う。
 ショートメッセージなどでも、仕事関係のものだと末尾などに私は自分の名前を書くことが多い。
 『……に関しては××でお願いします。土田英生』という感じだ。
 この名前を書く時に事件は起こる。

 学習機能があるので、よく使うフレーズや言葉などが変換予測として出る。
 当然、自分の名前などは「つちだひでお」と全部打たなくても変換されたりする。

 今、実際にやってみよう。

 まずは……「つ」と打ってみる。
 すると下の候補には『着いたら』『連れてく』『通じない』『つ』『ツ』……などと出ている。
 きっとメールなどで『着いたら教えてね』などという文章をよく打っているのだと思う。しかし、今、書きたいのはそんなことではない。

 続けて、「つち」と打ってみる。
 『土』『土田』『ツチ』『槌』……。
 まあ、いい。次に行こう。
 
 「つちだ」まで打ってみる。
 問題はここにあるのだ。
 『土田』『土田先生』『土だ』『つちだ』『ツチダ』『槌田』『土棚』……。
 
 この2番目だ。2番目の『土田先生』が問題なのだ。
 7番目の『土棚』もとても気になる。名前なのだとは思うが、そんなに多いのだろうか?
 これは別の機会に検証しよう。

 問題をはっきりさせる為に、「つちだひ」まで打つ。
 『土田尚史』『土田大』『土田日』『土田英生』『ツチダヒ』『土田火』『土田費』……。
 私が到達したい自分の名前が4番目に出て来た。

 まあ、ここでも『土田費』がとても気にはなるのだが、ここは我慢して無視しよう。
 『食費』『交際費』『土田費』……だから無視するんだった。

 「つちだひで」まで打ってみる。
 『つちだひで』『土田英生』『土田ヒデ』「土田日で』『土田hide』『土田秀吉』……。
 ここまで打って、やっと2番目だ。土田秀吉さんのことも気になるが、ここはスルーしよう。

 「つちだひでお」まで打つと、さすがに最初に『土田英生』と変換される。

 でだ。
 さっきの話に戻る。
 急いで打っていると『土田先生』が出た時点で勘違いしてしまうのだ。
 なんとなく『土田英生』と形が似ているせいだ。最後の「生」は一緒だし。
 
 ……これに困惑している。
 なぜなら仕事のメールなのに、末尾に自分で『土田先生』と書いて送信してしまうことしばしばなのだ。
 締切りが遅れたりして、謝っているのに、末尾の署名でいきなり自分を高みにおいてしまう。
 こんな失礼はない。

『明日までには提出しますので。申し訳ありません。土田先生』

 へりくだっているのか、上からなのか意味不明だ。
 
 まあ、昔の携帯の時よりはましだ。
 一時使っていた携帯で、いつも「よろしく」と打つと「よろしくお願いします」と続くので、安心して打っていたら、なぜか……「よろしく土田だ」と変換されて送信してしまったことがある。
 相手はかなり目上の人だったので、焦った記憶がある。

 振り回されるのは変換だけではない。

 最近は毎日迷惑メールが来る。
 問題は……面白くてついつい読んでしまうことだ。
 裸を見せたい、付き合いたい、15億受け取ってくれ、同窓会のお知らせ……。
 それにしても文章も下手だし、話に一貫性もないし、誰が考えてるんだろう?
 劇作家とかが真剣に考えて迷惑メールを送ったら結構、信憑性あるものになっちゃったりするよね。
 

 そして……。
 これまでiPhoneの5sをずっと使ってきた。
 2度画面が割れた。
 なので6plusに変えた。
 そして……落とさないように、得意のレザークラフトでケースを作り、そこに長い革ヒモをつけた。
 これでもう大丈夫だ。

 しかし……。
 劇場へ急いでいた時だ。
 iPhoneを首から下げて走った。ヒモがついているので走っても落ちない。
 劇場に走り込んだ時には開演まで1分。
 とても小さなところだった。
 私は……トイレに行きたかった。
 受付でトイレの場所を聞き、急いで個室に入り、ジーンズを下げ……。
 と、外から開演前の注意をしてる声が聞こえてきた。
 まずい、始まってしまう。
 私は水を流し、慌ててジーンズを上げた。
 そしてドアを開けたのだが、とても歩きにくい。
 そうなのだ。
 iPhoneがジーンズの中に入ってしまっている。そしてジーンズから革のヒモが伸び、私の首につながっている。これを解消する為にはジーンズのチャックをもう一度降ろさなければいけない。
 しかし、音楽が鳴り、段々と客席の明かりが消えていく。
 間に合わない。
 私は極端な猫背で席まで移動した。
 周りの人が怪訝そうに私を見ていた。
 
 iPhoneに振り回されているね。

 
 
 
posted by 土田英生 at 10:26| 東京 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

自分の取り扱い方

 書いていたドラマ脚本が一段落し、再び『算段兄弟』の改訂をしている。
 台本の改訂は思った以上に厄介なのだ。
 一箇所変更すると、その影響で別の所も変えなければいけなくなる。
 するとまた別の所も……。
 新作の方が楽だとすら思うことがある。
 いや、さすがにそんなことはないね。
 
 こんな私でも、自分より経験の浅い劇作家の相談に乗ったりすることがある。
 そういう時、いつも悩む。
 アドバイスの仕方に悩むのだ。
 誰しも長所と短所があり、厄介なことに、その二つは相関関係にあったりする。
 短所を直すと長所まで死んでしまったりするのだ。
 
 最近、つくづく思う。
 三つ子の魂百までという諺ではないけれど、人の基本性格は変わらない。
 私でいえば、大人になった今でも落ち着きはない。
 台本を書いていても、ちょっとでも詰まるとすぐに嫌になってしまい、『魔法使いと黒猫のウィズ』を始めてしまったり、革で急に袋を作ったりする。
 昔から何かをじっと待つということに耐えられない。例えば、小さい時、プラモデルを作るのが大好きだったが、うまく作れた試しがなかった。なぜなら、接着剤が固まるのを待てず、すぐに次に進んでしまうからだ。当然のようにくっつけたはずの部分が取れ、最後はイライラして手で叩き割って壊し、それを見て泣くという生産性のない行為をくり返したりしていた。

 だから本来はレザークラフトなども不向きだし、仕事である台本書きだってあまり向いているとは思えない。

 どちらも一つ一つ、丁寧にやらなければいい結果に結びつかないからだ。

 なにが書きたいのかというと、肝心なことは、自分の手なずけ方というか、取り扱い方をどれだけ知るかが大事だということだ。

 台本を書いていて、どうしても前に進まない。
 ここでアイデアもないのに無理矢理進めると、不自然な台本になってしまう。
 こういう時、私は悪びれることなくレザークラフトを始める。
 革を切り出し、縫い目をボンドで貼り合わせる。
 ここで乾くのを待たなければいけない。
 慌ててやると汚くなってしまうからだ。

 台本に戻る。
 すると、休憩したせいで、新しいアイデアが浮かんだりして台本が進む。
 しばらく調子に乗って書くが、やがて詰まる。

 嫌になったところでレザークラフトに戻る。
 すると……すっかりボンドが乾いている。
 縫う為のした穴をあける。丁寧に開けていくと面倒になり、やがて疲れて嫌になってくる。
 
 そして仕事に戻る。
 
 こうすることで焦ってしまう自分の欠点をカバーできるし、しかもどちらもいい結果を生み出せたりする。
 ……そうか?
 自分で書いていて疑わしくなって来た。
 しかし、まあ、そんな感じで仕事をするとなかなかはかどるのだ。

 ということで、ドラマの脚本が完成した時……キーケースも完成した。
 
IMG_6308.jpg


 今は『算段兄弟』の書き直しに詰まり、『魔法使いと黒猫のウィズ』ではクリスタルを消費してしまって、このままだと課金してしまいそうなので、慌てて台本に戻ったのだが、そこでも詰まり、レザークラフトを始める元気はないので……これを更新している。
 そうなのだ。
 これを書くのもいい息抜きだ。

 そろそろ台本に戻ろう。
posted by 土田英生 at 06:04| 東京 🌁| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

私は寝ぼける。

 広島にいる。

 アステール演劇学校の俳優コースだ。
 昨年演出コースというのがあり、その講師をやらせてもらった。
 その打ち上げで、酔った私はどうやら熱弁を振るったようだ。
 「こうした方がいい、ああした方がいい」と、勝手なことを言った気がする。
 だからきちんとやらなければいけない。
 
 昨日と今日、4時間ずつのワークショップ。
 10月まで何度か広島に来て、ワークショップを繰り返すのだ。
 そして最後には試演会という形で作品を発表する。

 メンバーは21人だが男性は4人のみ、残りは全て女性。
 作品を考えるには難しい条件だけど、アイデアはあるのでその方向で進めようと思う。

 昨日はやや空気も硬かったが、二日目の今日は和気あいあいとした雰囲気になった。皆、よく笑うしね。何人かは伸びていくだろと確信した。
 新しく人と出会うのは私にとっても刺激になる。

 今日の講座は夕方5時に終わった。なので広島に残って仕事をしている。
 全く遊んでいない。
 お好み焼きだけは食べた。

IMG_6360.JPG


 そしてホテルにこもって土田英生セレクション『算段兄弟』のことを考えている。
 明日、打合せがあるのでそれまでに考えをまとめなければいけない。
 とにかくいい舞台をつくるのみだ。

sandan_flyer_omote.jpg


 まもなくサイトもできると思うけど、取り敢えず今はコチラで情報を確認して下さい。→

 ……それにしても、最近、またしても何かがおかしい。

 人は意外な時に正直な表情を見せることがある。
 酔った時に、普段のキャラクターからは想像できないことを言ったりするのもそうだ。

 それが私の場合は……どうやら眠い時に起こる。
 いや、正確な表現ではないね。
 締切りなどで徹夜することも多いし、眠気に弱い訳ではない。
 人よりもそこはむしろ強いという自信がある。
 
 問題は……寝ているときなのだ。
 眠っている時に行動してしまう。
 夢遊病という程ではない。
 寝ぼけるのが言った方がいいのかも知れない。ただ、どうも自分の欲求にとても正直に動くということだけは分かっている。
 
 幼い時は眠りながら歩き回った。
 父親の顔におしっこをかけようとしてみたり、気がついたら外に出て、犬を撫でていたこともある。
 ふと目が覚める。あれ? なんで私はゴロを撫でているのだ?

 それはずっと続いた。

 高校時代は寮生活だったので、よく皆に笑われた。
 廊下の隅にぼうっと座っていたりしたようだ。

 大学の時、とても焦ったことがある。
 合宿に行った時だ。
 男ばかりの部屋で寝ていたはずなのに、起きてみると……どういう訳か私は女性の布団で眠っていたりした。わざわざ女性の部屋に入り込んだらしい。
 しかも……密かに想いを寄せている人の横で寝ていた。
 まったく記憶はない。
 そっと起き上がり、私は忍び足で部屋を出た。

 それは大人になってからも続いた。

 朝、起きてみると何かを食べた形跡がある。
 微かな記憶はあるが、はっきりとは覚えていない。しかもラーメンをつくって食べていたりする。

 付き合っていた女性とそれで喧嘩になったこともあった。
 寝ぼけていても私は喋るらしい。
 夜中に急に起きた私は彼女に向かって怒ったらしい。

「お願いだからどうにかして!」

 彼女は驚いて起き、私に聞いたそうだ。

「何を?」
 
 すると私は真剣な顔をして言ったのだ。

「あのね、俺のさ、膝がね、光るだろ? だから困るんだよ。光るんだよ!」
 
 まあ、この場合は正直な行動というより、ただ寝ぼけていたのだと思う。

 こういうことは頻繁にあった。
 劇団を始めた頃、チケットぴあから電話があった。
 その時は、連絡先が私の部屋だったので、チケットの取り扱いについての確認の連絡だったのだ。
 私は電話に出た。
 先方が何かを言う。
 私は答えた。

「いやあ、美味しいパン屋をあんまり知らないんです」

 しばらくやり取りをしたが、私が関係ないことばかり言うので電話を切ったらしい。
 これは後で電話をくれた人から教えてもらった。
 
 あ、パンで思い出した。
 わりと最近の話だ。
 私はチョコチップが入ったスナックパンが大好きだ。
 10本くらい袋に入って売っているやつだ。
 私は寝る前に自分に言い聞かした。

「……絶対に夜中にこれを食べたりしない。寝ぼけて食べたりしない」

 そして眠った。
 翌朝。
 私は起きて……異変に気づいた。
 パジャマの上着の胸ポケットにスナックパンが一本ささっていた。
 まるでジャケットにポケットチーフを入れるように、チョコチップの入ったスナックパンが私のパジャマを飾っている。チョコが溶けてベタベタしているし、パンは潰れていた。
 
 きっと夜中にパンの袋を開けたんだと思う。
 しかし、食べてはいけないという良識が微かに残っていたようだ。
 そこでポケットに挿して眠ったのだ……と、推測する。

 で……。

 こうしたことは最近はなくなっていた。
 しかし、ここ2週間くらい再びその兆候がある。
 眠っていて暑いと、私は冷たい所に移動する。
 まあ、これは他の人にもあるんだと思う。
 ただ、私の場合は意外ととんでもない所に移動してしまうのだ。
 テーブルの下に潜り込んだり、流しの前のカーペットがない部分に横になっていたりする。
  
 しかも、この前は……。

 眠っていたらドアチャイムが鳴った。
 宅配便だと思った私は「はーい」と大きな声で答えて、ドアを開けに行った。
 すぐに開けないと不在だと思われてしまうという焦りから、「います! 今、開けます!」と叫んでドアを開いた。

 誰もいなかった。
 
 次の日もチャイムが鳴った。
 同じ行動をした。
 やはりいなかった。

 寝ぼけていたようだ。

 ……まずいな。
 こんなことを書いている場合ではない。
 これは寝ぼけて書いている訳ではない。
 
 ああ、寝ている間に仕事でもしてくれたらいいのに。

 朝起きたら原稿が上がっているとか……ないね。
 
 
 
posted by 土田英生 at 02:46| 広島 ☔| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする