表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2016年04月23日

どうでもいいことを書く

 今日はどうでもいいことを書こう。

 別に私は普通なのだが、どうも最近、ここやTwitterで書いていることが暗いらしく、メールなどでやり取りする人たちから「大丈夫ですか」といきなり聞かれたりする。
 確かに「気分が落ちる」とか、そんなことを書いているので仕方ないんだけどね。
 というか、やっぱりアピールしてるんだろうね。
 誰にだよ、と思う。

 大変な問題を抱えている人たちは山のようにいるだろうし、比べることではないけれど、今、被災している人たちから見れば、私が個人的に悩んでいることなど屁でもない。
 部屋の中にいて、こうしてパソコンに向かえているんだしね。
 さっきはあんトーストも食べた。
 こんな幸せなことはない。
 
 とにかくなんとか今月中に書き上げようと思って取り組んでいるものがあるのだが、これがなかなか進まない。いや、絶対に終えるつもりではいるのだが、今月も残り少なくなってしまった。
 そして、私は書けないとすぐになにかを作り出したり、部屋をいじり出したりする傾向がある。
 試験勉強中に部屋を片付け出すという経験は誰しも持っていると思うが、まあ、とてもそれに近い。

 私は最近は基本的に東京にいる。
 京都には帰らず、下北沢にいる。
 ただ、問題はここが完全に私の部屋ではないことだ。
 ここは……MONOというか、MONOの制作を請け負っている有限会社キューカンバーの事務所だ。
 私は一応、キューカンバーの代表取締役でもあるので、別にここにいるのは構わないが、問題の根本は“私だけの空間”ではないということだ。

 けれど、私は……周りの景色が、つまりインテリアがあまりに自分に合ってないと気分が悪くなる。
 自我というか、自分の意識が部屋全体に及んでいる感じで、例えば部屋が散らかっていると仕事は全くできない。だから書く前には掃除をする。
 マンスリーマンションに滞在したり、いや、ホテルでも数日間同じ部屋にいると、勝手にカスタマイズしてしまう。しかも基本的にアンティーク家具が好きだったり、DIYが好きなので、無駄に工夫をしてしまうのだ。

 歴代の部屋たちもおかしなことになっていた。

全体.jpg


 ……これは随分と昔だ。
 やっと演劇で生活ができるようになり、2部屋あるマンションに引越した時だ。
 京都の壬生というところだった。
 一人暮らしなのにイスは6脚あった。皆からは家具屋さんと呼ばれていた。

     * * * *

08-07-22_002.jpg
 

 写真が汚いが、ここは次に引越したマンションの仕事部屋。
 分譲マンションだったので部屋数も多く、内装もいじり放題だった。
 壁も全部自分で塗った。このマンションの時は玄関から入った廊下もサーモンピンクにしていたので、時々、宅配便の人がドアを開けて「うお」っと小声を上げたりしていた。
 
P1010347.jpg


 これだ。
 壁をぶち抜いてステンドグラスを入れたりしたし、ドアの周りや天井と壁の継ぎ目には全てモールディング材をつけたり、とにかく自分でやるのは大変だった。材木が100本以上家に届いて困った覚えがある。まあ、自分で注文したんだけど。

     * * * *

IMG_0265.jpg
 

 これは現在の京都の自宅の仕事部屋。
 これはさすがにプロにやってもらった。
 イギリスっぽいのだが、ここに座って仕事をしているのは私なのだ。基本的にあぐらが好きなので、イスの上であぐらをかいたりしてる。だったら和室にすればいいのに。
 そういえば、ロンドンに留学している時、日本が大好きなイギリス人がいて、家に畳を敷いていた。少しだけ不似合いで面白かった。まあ、それと同じだし、ボジョレーヌーボーの解禁を祝っている日本人を見て、私は笑ったりしているが、やっていることは同じだね。

     * * * *
 
 とにかく私は自分の周りをいじるのが好きだ。
 そうでないと仕事ができないという厄介な特性を持っている。
 
 でも、ここは……さっきも書いた通りMONOの事務所だ。
 必要最低限のものしか置かないように気をつけているし、アンティーク趣味も封印し、さらにはイギリスっぽさも全くない。
 だけどいじりたい。
 だから行くのは百均か東急ハンズ。
 で、ちょっとだけ作ったりしている。
 
IMG_2398.jpg

 
 今の事務所の机周りはこんな感じだ。
 気をつけていたはずだが、結構、物が増えている。しかも自作のレザークラフトであふれてもいる。
 これは……次に誰かがここに来た時に怒られるのではないか。
 まずい。
 あくまでMONOの為に事務所をいじっていると主張しなければ。

IMG_2405.jpg

 
 玄関の靴箱の上をこんな風にしておいた。
 これで、これで私の主張は受け入れられるだろう。

 
posted by 土田英生 at 06:29| 東京 ☁| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする