表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2016年08月14日

小松幹生さん

 小松幹生さんが亡くなった。

 小松さんは劇作家でありながら、編集者として出版にも関わっていた。劇作家協会の新人戯曲賞で最終候補作をまとめた戯曲集の編集なども一手に引き受けてくださっていた。
 で、Twitterにも書いたけれど、私は個人的にもとてもお世話になった。
 小学館が出していた戯曲雑誌「せりふの時代」に私の戯曲「橋を渡ったら泣け」が掲載されてしばらくした頃だ。
 MONOの稽古のために私は京都芸術センターにいた。
 と、いきなり小松さんから電話があった。

「あれ読んだよ。土田君は戯曲集とかさ、もう何冊か出してるの?」と突然小松さんは質問してきて、私が一冊も出していないと答えるとすぐに「じゃ、出そうよ」と言ってくれた。そして本になったのが「算段兄弟/ー初恋」だ。松田正隆さんの「雲母坂」と一緒に出してもらった。
 
 劇作家協会などで会うとよく話した。
 いや、寡黙な小松さんはいつも私の話を聞いてくれていた。
 そしていつも言った。

「君はよく喋るなあ。書くより、喋る方が向いてるんじゃないの」

 小松さんが癌だとわかってしばらくした時だったと思う。
 いきなり明け方に長いメールをもらったことがある。
 若い時の思い出話が書かれていた。
 どうしていきなりこんな内容のメールをくれたのかは不明だが、「ちょっと書きたくなって」と最後に書かれていた。
 
 6月の終わり。
 小松さんのお見舞いに行った。駅から雨の中を歩いていった。
 ナースセンターでそのことを告げると「ああ、眠ってらっしゃるから、話せないかも知れませんよ」と言われた。で、その看護士さんが声をかけた。
「小松さん、お見舞いの方が来られましたけど、分りますか?」
 やせ細った小松さんは目を開き私を見た。
 そして驚くほど大きな声を出した。
「土田君だよ。分かるよ。当たり前だろう」
 そして小松さんはいきなり色々なことを話し出した。
 そこには過去と現在が入り混じりっていて、内容は正確にはわからなかったが、小松さんの想いだけが伝わってきた。そして私が答えていると小松さんは目を閉じて眠っていく。
 眠ってしまった小松さんを私は見ていた。
 大学の時、友人から借りた「雨のワンマンカー」という戯曲のことを思い出した。
 小松さんの作品だった。
 私が帰ろうとすると小松さんは起きて、再び話し出す。
 それを何度も繰り返した。

 その日の夜、下北沢の事務所で歪「夢叶えるとか恥ずかし過ぎる」の台本を直していた。
 台詞を書きながら、今日見てきた小松さんの顔が何度も脳裏に浮かんだ。
 まだ死など意識していない若い女優たちに当てて書く台詞と病床にある小松さん。
 そのギャップを考えて不条理な気分になった。
 
 覚悟はしていた。
 けれど、実際に訃報に接するとやっぱり沈む。
 
 ありがとうございました。
posted by 土田英生 at 09:31| 広島 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする