表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2016年08月16日

一割増しと黒い糸くず

 今週は移動が多くて疲れた。
 東京、京都、東京、広島、宮崎。
 このまま月末まで宮崎に滞在するのでやっと落ち着ける。

 広島ではアステール演劇学校の俳優コース。
 ワークショップを2日間。
 2日目にテキストを読んでいると、同じ施設の大ホールで公演をしていた佐々木蔵之介君が顔を出してくれた。公演についているスタッフの佐々木くん……名前同じでややこしいな……に同じ場所で私がワークショップをしていることを伝えていたからだ。
 参加していたメンバーから黄色い声が上がった。
「知り合いなんですか?」
 蔵之介くんが顔を出してくれたおかげで、どうやら私の株が上がった。
 彼が去った後には事実の一割増しで仲良さを強調しておいた。

 そういえば去年もそうだった。
 ホールで小林賢太郎君が公演をしていることを知ったので、私は連絡した。
 その日の夜に彼と会って、次の日は彼がワークシップを見学しに来た。
 一時間くらいいたと思うが、あの時も、賢太郎君のおかげで株が上がった。
 やはり一割増しで仲いいアピールをしておいた。

 そうだ。
 私は周りに株をあげてもらう情けない男のようだ。
 しかも一割増しで喋ってしまう男だ。
 時には三割までは増量オッケーにしている。

 昔、ヨーロッパ企画が評判になり出した頃だ。
 私はフジテレビでドラマの打ち合わせをしていた。
 休憩中にプロデューサーが私に聞いた。

「土田さんも京都だし、ヨーロッパ企画の上田君とかとは親しいんですか?」

 実はその時にはまだ私は上田君と一度しか会ったことがなかった。
 しかも、なにかのパーティー会場で立ち話をしただけだった。
 けれど、私の口からは自分でも驚く一言が出た。

「え? まこっちゃんとですか?」

 上田君の名前は誠という。
 もちろん彼を「まこっちゃん」だなんて呼んだことはなかった。
 しかし、プロデューサーは「へえ、そんなに仲いいんですねえ」と言っていた。
 私は黙っていた。
 何も嘘はついていない。上田君のことをまこっちゃんと呼んだだけなのだ……。
 けれど焦った。
 早く仲良くなって、彼をまこっちゃんと呼ばなければいけない。
 
 現在、彼とは仲良くはなったけれど「上田君」と呼んでいる。

 昨日も広島に泊まり、今日は朝から宮崎に移動。
 福岡から飛行機だったが、久しぶりにプロペラ機に乗った。

IMG_9094.jpg


 ここで来年やる芝居の脚本を書く。
 
 着替えなどがたくさん必要なので、久しぶりにスーツケースを転がしてきた。
 けれど……ホテルについてTシャツなどを出してみると、黒い糸くずがやたらついている。
 私はうわーと声をあげて部屋の中を走り回った。

 いや、これは三割増しだ。
 走り回ってはいない。
 うわーとも実際に叫んだかどうかも不明だ。
 けど、驚いたのは確かだ。
 
 なんだ、なんなんだ、この糸くずの山は?

 冷静になって考えたら、理由はすぐに分かった。
 先日終わった「夢叶えるとか恥ずかし過ぎる」は舞台裏という設定で、幕をみんなに縫ってもらった。
 で、その幕の持ち運びにスーツケースを貸していたのだ。

 明日からは宮崎で取材しながらの執筆活動。
 がんばろ。
posted by 土田英生 at 01:21| 宮崎 ☁| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする