表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2017年03月01日

最後の稽古

 これまでにも「最後の稽古」というタイトルで何度も書いていると思う。
 そして今日はまさしく、その何度目かの最後の稽古だった。
 まだまだ課題は山積み。
 けれど、芝居はギリギリでやっと形になってきた。あとは本番に向けて微調整。
 あと、一週間は欲しいけど、これも自分のせいだしね。
 これまでのMONOでもあり、新鮮な部分もあり……あとは幕を開けてみないと分からない。
 きっと大丈夫。
 MONOの男優たちは苦しい状況の中でも照準を合わせてきてくれているし、女優陣もそれぞれの個性がどんどん尖って来ている。
 アンサンブルの中でそうした個が見えてくれば……。

 告知動画

 特設サイトはこちらです!→

 明日は劇場に入って仕込み。
 舞台セットをたてたり、照明を仕込んだり、音響のセッティングをしたり。
 役者はOFFで、私は夕方にセットなどの確認に行く。

 そんな中、私自身は個人的な問題も抱えている。
 公演で忙しく、悩みもあると……本当に社会の動きに疎くなる。
 これはやばいよねえ……。
 気がついた時には、世の中、変わってしまっていたりするし。
 リアルに物事を判断できない社会になってしまっている。
 言葉の力もどんどん後退している。
 全てから逃げたくなる。
 
 あ、今日、小説「プログラム」が発売になりました。
 なんかめちゃくちゃだ。
 
posted by 土田英生 at 01:44| 京都 | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする