表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2017年04月18日

パソコン依存

す京都に戻っている。

今日は大阪で永田崇人君のトークライブにシークレットのゲストとして出ることになっていた。本人にも絶対に内緒でと言われていた。

そりゃそうだ。
彼のファンからすれば、私の名前を出したところで「お前、誰やねん」という感じだからだ。だから、だから、とにかく本人を驚かせることだけが私の使命だと思っていた。

午後の新幹線で大阪へ。
彼に「プログラム」を渡そうと思ったのだが、もう手元に余分はなかった。なので紀伊國屋書店に寄って自分の本を買った。誰も知るはずないのにレジでなんだか恥ずかしかった。

で、HEP HALLへ。
行くとスタッフが楽屋に通してくれる。
いやいや、ここは楽屋が2つしかないはずだ。
そっちに行ったら本人が……。
私は慌てた。
しかし、スタッフの口からは衝撃的な発言があった。

「崇人には土田さんが来ることバレてますから」


そうだったのか。
シークレットでもなんでもなくなってしまった。
ただのゲストだ。

それにしても……。
袖から登場した時のアウェー感はすごかったね。
むしろ快感を覚えた。若い女性で占められた客席はポカンとしている。

 けど、トークは楽しかった。

終わって京都に帰ってきた。
すごい雨。
私は傘をあまり持たない。東京では降ってなかったので、当然、今日も持ってなかった。しかし、電車を降りて空を眺めながら、さずがにこの中を歩くのは無理だと思った。
傘を買おうと思ったのだが……売り切れていた。

家に着いた時はずぶ濡れだった。
 私の現在の状況を表しているようだ。

着替えたのに落ち着かない。
なんでだろう?
コーヒーを淹れた。
違う。
そうだ。パソコンがないのだ。明日、京都で一件取材を受け、そのまま下北沢に戻るつもりなのでいらないと判断して持ってこなかった。
 不安だ。
パソコンを中心に生活している事実を思い知った。

私は2台のMacBookProを使っている。
 
その前に使っていたMacBookもバッテリー以外は正常に動くのだが、欲しいという人がいたのでこの前、東京に持って行った。なのでここにはない。

 ああ、パソコンが触りたい。
 一旦、そう思うと禁断症状のようにパソコンを求めた。なんでもいい。とにかくなにか字を打たしてくれ。

 そうだ。
 私は引き出しを開けた。
 そこにはさらに前のMacBookG4とG3が眠っていた。
引っ張り出してみる。
1つは起動しようとすると「?」マークが出る。そして……もう1つは電源のアダプタが合わなかった。
 
 だめだ。

 諦めて本を読み、映画を一本観た。

 それにしても、引き出しを開けると色々なものが出ている。デジカメも発見した。これは嬉しい。現在、私のiPhoneはカメラが壊れているのだ。だから最近は一眼レフをカバンに入れて持ち歩いているのだが……これはいい。これから使おう。
 
 ……下北沢の事務所も嵐山の自宅も、一度、徹底的に荷物を整理しないと。
 捨てるものは捨て、いらないものは処分して、スッキリしよう。

 フリーマーケットでも開きたい。

 結構、あるんだよね。昔集めてたものとか。
 アンティーク家具も好きで、家の中にイスは全部で10脚ある。けど、半分以上は座ることないしね。

 本当、荷物を整理して、自分自身もリセットしよう。
 
 ああ、やっぱりiPhoneだと書きにくい。
 もうやめよう。

 なんか載せたいけど、カメラロールにはろくな写真ががない。

9F2852C5-2E52-4EBB-9518-774261C6ACB5.jpg

 前回の「ハテノウタ」では、私の衣装は薄いセーターだった。乳首が目立つと皆から言われ、大阪公演ではインナーの胸の部分にガーゼを縫い付けられていた。しかし、観に来たお客さんから胸の辺りが不自然に膨らんでいると指摘され、結局、バンドエイドを貼るということに落ち着いたのだった。
 
で、楽屋で尾方君に撮ってもらった写真だ。
 
 お腹を引っ込めているのはご愛嬌だ。

 





posted by 土田英生 at 03:13| 東京 ☔| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする