表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2017年07月18日

稽古は順調

 随分と更新を怠けた。

 「きゅうりの花」の稽古は着々と進んでいる。
 毎日三鷹に通っている。

IMG_6616.jpg


 芝居が本当にいい感じになってきた。すると宣伝したくなる。なので久しぶりに書こうと思った。
 ……なんだこれ?
 「着物をもらった。これは夏に着るものであろう。夏まで生きてみようと思った」みたいな感じだ。
 正確じゃないけど、太宰治の小説にこんなのあったよね。
 
 とにかく稽古はいい感じになって来た。

 私の創る芝居は、どうも役者さんを不自由にさせる。
 そのことは前々から分かっていたことだ。

 役者さんは誰だって自由に伸び伸び演技したいんだと思う。
 けれど、私が書く台詞はあるリズムを共有することで成り立つようにできている。意図的ではないけど、そういう風にしか書けないのだ。

 だから、面白くする為には全員でリズムを作らないといけない。
 当然、制限がかかる。不自由になる。
 一人でもそこで自由自在に演技してしまうと壊れてしまうのだ。
 これは自分の台本の弱点だとも思っている。
 
 MONOでやるときはその文法を皆が共有しているので問題はない。
 しかし、プロデュース公演などをすると、どうしてもそのすり合わせに時間がかかる。
 いくら素晴らしい役者さんたちが揃っても、シーンが成立しなかったりすることがある。

 で、とにかく最初はリズムを揃えることを求めた。
 それが出来上がってから、役者個々の魅力を引き出そうと思ったのだ。
 なので無理を承知で、形を作ることを急いだ。
 
 今回のメンバーはそれに付き合ってくれた。
 と……一昨日くらいから突然芝居が動き出した。
 リズムが出来てきただけではなく、個々の役者も光り出した。

 今日の通し稽古も良かった。

 神田くんはほぼ初舞台なので新鮮なのは当たり前だけど、諏訪雅くんも加藤啓くんも千葉雅子さんも内田淳子さんも……普段の演技と少し違って見える。
 まあ、金替と私は……どうしても新鮮さには欠けるけど、それは仕方ない。

 とにかく今、ここまで行けてたら大丈夫だ。
 あとは精度を高めながら、新しい工夫を入れて行こう。
 幸いにも全部で10回以上通し稽古ができる。
 15年ぶりに上演する「きゅうりの花」だが、うん、いい作品になると思う。
 
 みなさん、お待ちしています、心から。

 「きゅうりの花」特設サイト

IMG_0101.jpg


 あ、明日(19日)はトークイベントもします!
 こじんまりした会場(お店)で、のんびりとトークする予定ですので、お時間のある方はぜひ。
 フラッと来てくださっても大丈夫だと思います。諏訪くんと私で喋りますが、もしかしたら他の出演者も顔を出してくれるかも知れません。
 
 詳細はコチラから!

 やっぱり稽古が楽しいと自分自身も落ち着いてくるね。
 
 TwitterやFaceBookなどをスマホから抜いていた。
 少しだけネット上の社会生活に疲れを感じていたからだ。
 けれど、やっぱり不便だね。
 頑張って発信していかないとね。
posted by 土田英生 at 03:19| 東京 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

どうか舞台だけは。

 「きゅうりの花」の稽古も残り2日。
 MONO版とは違った面白さも出て来た。
 このまま本番をむかえても大丈夫だと思うけど、もうひとスパイスを入れたいと思って悩み中。
 このセレクションで公演した作品は、自分で演出するのは最後だと決めている。
 だから「─初恋」も「燕のいる駅」も「算段兄弟」も……そして、この「きゅうりの花」とも私は演出としてはお別れになる。そう思うと色々と欲が出てしまうのだ。
 
 けどねえ、役者の皆が本当にいいんだよね。
 加藤啓君もこれまで見たことのない感じだし、あんなに喋り倒している諏訪君も初めてな気がする。
 内田さんも最近はこういう芝居はしていないだろうし、千葉さんも今回はコメディエンヌというよりは艶のある演技を見せてくれている。
 金替君は安定感抜群だし、新人の神田君は……ホントに凄い成長振りだ。
 
 稽古と反比例するように、私の日常はなにかとうまくいかない。
 大きなものから小さなものまで、各種様々な悩みも抱えている。
 けれど、とにかく今は舞台さえうまく行ってくれればいいという気持ちだ。
 皆様、ぜひ、劇場へお越し下さいませー!
 →公演サイト

 人は結構たくましい。
 私も色々と悩んでいると言いながら、それでも楽しく稽古をしている。
 まあ、小さなことはたくさんあるけどね。

 今日は稽古の後、皆で飲みに行った。芝居の話をして楽しく過ごした。
 そして店を出て……諏訪君と二人でダーツバーに行った。
 明日も稽古があるので1ゲームだけやろうという話になっていた。
 勝った方がそこの店のお勘定を払うという約束をしてゲーム開始。
 得点が多い方が勝ちというゲームを選んだ。

 私は序盤調子が良かった。諏訪君は乱れている。
 しかし段々と差が詰まった。
 あ、ちなみに私も諏訪君もほとんど素人だ。

 そして……勝負はついた。
 私が302点、諏訪君が301点。
 一点差だが私の勝ちだ。

 しかし、私は言ってしまった。
「もう一回勝負するか?」

 当然、諏訪君も乗ってくる。そして次は501というゲームをやった。
 これは順番に投げて行き、入った得点が501から引かれて行く。で、ゼロになった方が勝ちだ。
 大差で負けた。
 一対一ということで、もう一回やることになった。
 ……また負けた。

 私は店の勘定を払った。そして駅に行ったら終電が出ていた。井の頭線は終電が早いのだ。

 ああ、あの一ゲームだけで終わっていたら……。
 私が勝って終電にも間に合ったのに。
 絶対にリベンジしてやる。

 稽古前にもモヤモヤした。
 立ち食いのそば屋さんに入った。腹ごしらえをして稽古に臨もうと思ったのだ。
 食券の券売機に並び、かき揚げそばとトッピングの玉子のボタンを押した。
 しかし……玉子のチケットを取るのを忘れてしまった。
 「あ」と思い振り返った時には、すでに長い列が出来ていた。

 私は玉子を諦め、かき揚げそばだけ受け取ってテーブルに座った。

 と、私の後ろに並んでいた人がカウンターで注文をしていた。
 店員さんの声が聞こえる。

「鴨つけそば、トッピングの玉子入ります!」

 ……疑ってはいけない。
 しかし、私はそのサラリーマンが気になって仕方なかった。
 あの玉子は私がごちそうした玉子かも知れないのだ。

 こうして書いてみると……毎日楽しそうだな、私は。
 
 とにかく今は「きゅうりの花」。
 いい舞台にしよう、ホント。

IMG_0101.jpg
posted by 土田英生 at 02:56| 東京 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

28日から!

 28日から「きゅうりの花」が始まる。

 24日が最後の稽古だった。
 通し稽古を2回やり終えると、スタッフの皆が稽古場に組まれていた仮セットを壊して行く。
 
IMG_6734.jpg


 壁に貼ってあった衣装デザイン。
 スタッフには本当に頭が下がる。

 この作品の初演は1998年。
 それまでMONOは関西でのみ公演をしていた。しかし、この時、利賀のフェスティバルに呼んでもらい、大阪と利賀村の2箇所で上演した。利賀の工房をそのまま使って上演したので、大阪公演の時は、今はなき扇町ミュージアムスクエアに利賀の工房を再現した。そういえば、金替君がMONOのメンバーになったのもこの公演からだね。

 評判が良かったので2002年に再演。東京、大阪、名古屋、宮崎の4箇所で公演をした。この頃は劇団にも勢いがあり、東京ではお客さんが入りきらず、本番が始まってから追加公演を決めたりした。SNSもなかったのに、どうやってお客さんは追加公演に集まってくれてたんだろうね。
 
 あれから15年経ち、今回、土田英生セレクションとして上演することになった。
 当時、新しいと思ったことも、今ではなんでもないことだったりする。
 だからとにかく、記憶を消し、今回集まったメンバーだけを見ながら演出の仕方を探った。

 けれど、人って考えることはあまり変わらないんだね。
 新しく思いついてアイデアを出しても、制作からは「15年前も同じことしてましたよ」と言われたりする。
 しかもだ。
 役者さんたちも、具体的にこうしてくれと言ってなくても、やっぱり収まるべきところに収まってくる。だから途中からは何も意識せずに、ただ作品に向かおうと思って稽古した。

 けれどそれでも最初は正直言ってかなり困った。
 演出のとっかかりが見つからない。
 昔の作品なので、私自身もどういうつもりで書いたのかは明確に覚えていないのだ。だから他人の作品のつもりで、メッセージを読み取ろうとした……けど、やっぱりわからないのだ。

 だから、前半は役者さんたちの交通整理しかできなかった。
 すると段々わかってきた。
 「きゅうりの花」は人の有様を眺める作品なのだ。何を訴えるとかではなく、過疎の町に暮らす7人の有様をそのまま見せればいいのだ。これと比べると、どうも最近の作品はメッセージがはっきりし過ぎてるのかも知れないねえ。

 だからこそ、役者さんたちが乗ってやってくれることが何より重要だ。

IMG_6653.jpg

 
 今日は劇場に舞台のチェックだけしに行った。
 舞台は出来上がっていた。

IMG_6742.jpg

 
 明日は場当たりと稽古。
 まだ、本番までに2日あるのだ。
 頑張ろ。

 皆様、劇場でお待ちしております!
 公演サイト→
 直前予約もここでできます。→
 前売りは3800円。学生さんは2000円、高校生までは1000円です。

 「きゅうりの花」告知動画→
posted by 土田英生 at 01:32| 東京 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

きゅうりの花、初日。

 「きゅうりの花」の初日が終わった。
 本当は今日も昼に通し稽古をしてから、本番を迎えるつもりだったが、すでに合計で13回も通しているので、今日は小返し(シーンの稽古)に切り替えた。
 演出助手のイーリーこと入倉さんが細かくチェックしてくれているので安心して稽古ができる。
 で、まあ、それなりに初日の緊張感を持って……なんとか無事に終わった。
 もちろんミスはたくさんあったし、まだまだ改善できることは山ほどあるけれど、逆に初日ならではの良さもあった。
 写真は開演前。
 配られたパンフレットに目を通す加藤啓、諏訪雅、神田聖司。
 
IMG_6745.jpg


 終演後、ロビーで乾杯をしてから帰った。
 そして帰り道は諏訪君と二人だった。

 ……突然だが、諏訪君はずっとダイエットをしている。
 低糖質ダイエットだ。
 そしてどうやら私はすっかり影響を受けてしまった。そして昨日から突然はじめてみた。
 私にとって諏訪雅は先生だ。
 差し入れなどのお菓子も、いちいち先生に聞いてから食べることにしている。

 で、今日の帰り。
 二人で下北沢で降りた。
 どちらからともなく、もう少し飲みたいねという話になって……二人で焼肉に行った。
 もちろん先生に聞きながら食べた。

IMG_6747.jpg


 そういえば、昔、諏訪君がMONOに出てくれた時、一緒に断食もした。
 あの時は、断食明けに諏訪君と二人で食べ過ぎてダイエットに失敗した。
 だから今回はかなりしつこく先生に質問をした。
 先生は言う。

「肉は大丈夫です」

 しかし……気になったのは途中で彼が放った一言だ。

「ま、今日は初日だし、いいんじゃないですか、食べても」
 
 どういうことだろう?
 もしかしたらまた失敗しているのかも知れない。

 ……ま、そんなこんなでとにかく初日が終わった。
 東京では6日までやっているので是非。

 →◉特設サイト
posted by 土田英生 at 02:05| 東京 ☁| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする