表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2017年10月08日

アンパンマン気分

 今は香川の坂出にいる。
 前回の更新の時は京都にいたらしい。
 書くのも久しぶりだしね。

 あれから広島へ行き、広島からは東京に向かった。
 東京から香川にやってきた。このあとは京都に行き、広島に行き、そして再び東京だ。
 
 詳細は書けないがドラマ脚本に取り組んでいる。
 環境はよく、とても気持ちよくやらせてもらっている。
 だから、きちんと書かないと申し訳ない。
 気力だけは充分なのだが、いかんせん時間が不足している。

 ここにも何度も書いたけど、基本的に同時に色々なことができないので、かなり混乱してる。
 
 MONO特別企画「怠惰なマネキン」の稽古も始まった。まだ台本は3分の1。
 昔、MONOで上演した「なにもしない冬」と同じモチーフで書いているが、それは自分の中での話で、実際はまったく別の作品だ。新宿眼科画廊のスペースOという、とても小さなスペースでの上演になるので、それに合わせたものにしている。舞台と客席も分けず、そのスペースで行われる人々の会話や行動を、一緒に体験してもらおうと思っている。→「怠惰なマネキン」サイト

 それに合わせて観劇三昧でイベントも行わせてもらうので、ぜひ、みなさん来てください。
  公演直前のiakuの横山君と「こんな俳優(特に若手)と仕事がしたい」というタイトルで喋ります!
 
 『月一観劇三昧/下北沢 土田英生と横山拓也の「こんな俳優(特に若手)と仕事がしたい』
 
 まあ、この告知の為にこれを更新しているんだね、きっと。
 これ、もう10日もないし。
 「きゅうりの花」のトークイベントをした時、告知が遅く、あまりにアットホームすぎる環境になった。一緒に喋ってもらった諏訪君にも申し訳なく思った。今回も急に横山君にお願いした。だから……なんとかみなさんに来てもらわないとと願っている。
 ああ、心配だ。
 観劇三昧さんでは小説に関するトークイベントもさせてもらったことがある。
 あの時はそこそこお客さんは集まってくれたけれど、それでも台風が来ていて予定人数より少なかった記憶がある。いや……私に皆を集める力がないだけだけね。

 ああ、本当に頭の中がぐちゃぐちゃだ。

 今日は坂出でワークショップ初日。
 明後日、発表があるので作品の形にしないといけない。明日は演技の講座のあと、別枠で戯曲の講座も入っている。15日には広島でアステールプラザの演劇学校の試演会もある。
 東京に戻ってMONO特別企画もある。
 ドラマの脚本もある。
 本当は小説も書き終わっている予定だった。
 来年のMONOの公演の台本もある。

 ……その上だ。

 とにかく日々のニュースや社会の動きに、恐怖心を感じながら過ごしている。
 衆議院解散からの一連の動きは……不条理劇を見ているようだった。
 目の前で起きていることが信じられなかった。
 解散理由を本当のところ誰も信じていないにもかかわらず、それをあたかも前提として選挙に突入していくこの流れについていけない。土台がないところに家が建って行くのを眺めるような感覚だ。さらに不条理劇は続いた。民進党のゴタゴタもそうだしね。次々と柱が倒れていく。

 台本を書く時だって、まずは設定が大事で、その設定にリアリティーを与えられなければ、そこから話を組み立てられない。だから私はいつも最初のシーンを何度も書き直すのだ。土台があるから、ずらしたりすることで笑いやドラマが生まれたりする。

 けれど、もう、何を基準にしていいのかわからないね。

 本当、ここ数年、発する言葉の価値低下は凄まじく、それが一気に加速している感じだ。
 みんなどんな気持ちでセリフを書き、どんな顔で稽古場でダメ出ししてるんだろう?
 まあ、私もやってはいるんだけど。
 頭の中に雑音が響くよね。
 
 イエローモンキーの『JAM』は、価値観を保てなくなった状態の人が、信用できる存在である『君』に会いたくて、明日を待ってるというような歌だ。……と思う。

 あんな気分だ。

 一生懸命、そういう身近な人の顔を思い浮かべ、手を伸ばしてみる。
 まあ、それだって思い通りに行かないけどね。
 こっちが求めているようには、他人は与えてくれないし。
 まあ、孤独としっかり向き合い、自分を補強して踏ん張り続けるしかないんだとは思うんだけど。けど、手綱くらいは欲しくなっちゃうんだよね、どうしても。
 
 観劇三昧でのイベントを告知しようと思って書き出したのに。
 これじゃ、ダメだ。
 
 私は人の前に出ると、自動的に元気100倍アンパンマンみたいになるので……ま、一生懸命喋るんだけどね。
 
 けどさあ、アンパンマンも大変だよねえ。
 だって、自分の顔すら新しいものに変わっちゃうんだから。
 きっと不安だと思う。この頰すら、この目すら、自分のものだと思えないんだから。
 アイデンティティーとかどうやって保ってるんだろ?
 だから「愛と勇気だけが友達」なんだよね。そう思ってないと、きっと存在できないんだと思う。
 
 ああ、そういう意味でもアンパンマン気分だ。
 
 わからないまま終わる、そんなのは嫌だ!
posted by 土田英生 at 05:36| 香川 ☁| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

子守ブログ失敗

 広島に滞在して、アステールプラザの演劇学校の稽古中。
 明後日が試演会。
 今回やるのは『ヒヤクモノガタリ』。
 参加者それぞれに自分のエピソードを書いてもらい、それを百物語のように順番に語って行く。
 基本的に私は会話主体の物しかやったことないので、戸惑いも満載だ。

22424543_1950545228566484_5992145604346998358_o.jpg


 これは担当の金沢さんが撮ってくれてた写真だけど、なんだか、自分の姿にも戸惑いが見えるね。
 いや、無駄話をしているだけかも知れない。
 今年は大学生とかも多い。
 高校一年もいるしね。
 楽しい。
 けれど、喋っていて、例えにちょっと困ったりする。
 無理して『けものフレンズ』で例えようとして諦めたりしている。
 慣れないことはしない方がいい。
 今日は結局、例えが『生活笑百科』になってしまった。
 
 明日は一日中稽古。
 明後日の15時から試演会だ。

 ……書いていいのかどうかわからないけど、この俳優コースを担当するのは今年で最後にさせてもらおうと思っている。

 最初は4年前。
 演出コースの講師に呼んでもらった。その時は私の書いたテキストを三人の演出家がそれぞれ上演。私はオブザーバーのような形だった。それをやっていて、もっと直接何かを伝えたいという衝動にかられた。で、翌年から今年までの3年間は俳優コースを担当させてもらった。毎年、それぞれに楽しい。演出コースの一本に出演し、さらには翌年の俳優コースに参加していたのが、MONO特別企画「怠惰なマネキン」に出演する立川茜さんだったりする。

 これだけやっていると顔見知りも増えるし、友達もできる。
 当然のことながら広島にも思い入れが生まれる。

 自己確認の為だと思うけど、私は『誰かの力になっている』と錯覚することでモチベーションが上がる。
 作品を創りたいという欲求はもちろんあると信じているけれど、その根本を突き詰めて行くと怪しい部分があるんだよね。
 どうも……そこには人がいる。
 人からの求めに応じて、自分の何かが左右されるのだ。

 だから関係が近くなると思いは濃くなり苦しくなる。
 もっと関わりたいという気になるんだけど、同時に、責任は取れるのかという疑問も湧く。

 だから離れた方がいいんじゃないかと考えたりするんだよね。このまま続けたら、そのうち広島に引越したくなるかも知れないし。

 同じ人が同じ場所で、あまりに長い期間アレコレするのも弊害があるしねえ。

 こんなこと書きながら来年も関わってたりするかも知れないので、このあたりで控えよう。

 つい三日前までは香川の坂出にいた。こっちは三日間で短い作品を創った。
 坂出も三年連続だった。
 やはり思い入れが生まれてしまった。
 なんなんだろ、これは?
 浮気性なんだよね、結局。
 その場所、目の前にいる人、そこしか見えなくなってしまう。

 坂出と広島の間。
 1日半だけ京都の自宅に戻った。
 けれど、締切があったのでずっとパソコンに向かっていた。いや、知り合いの女優さんが京都にいたのでちょっと散歩してお茶したけど。
 だけど、あれで随分と救われたし。必要な時間だったよね。
 
 と、言いながら……締切には間に合わず広島にまで原稿を持ってきてしまった。
 
 移動が多いと本当に面倒だ。
 ゴミ出しに苦労するし、今回は選挙だ。
 不在者投票の為の書類を送ったりしないといけなかったし……ああ、面倒だ。
 こんな忙しい時に、意義の曖昧な選挙。
 いい加減にしてくれと思う。
 ……そりゃ、投票はするんだけどね。

 本当、このまま進んだらどうなっちゃうんだろ?
 右とか左とか、保守とか革新とか……簡単に立場を決めて、脊髄反射で言い合うだけじゃなく……本当、自分たちの未来がどうなっちゃうのか、冷静に想像してみないと。

 ああ、こんなこと書いてないで眠らないと。
 さっきまで脚本を終わらせようと躍起になっていたが……無理だった。
 しかも眠ろうと思って横になっても目は冴えたままだし。
 
 書いてたら眠たくなるかもと思ってこれを更新してみたけどダメだね。
 子守唄のようにはいかない。子守ブログは失敗だ。
 
 疲れているせいかのか、それとも、いろんな場所で、様々な人への思い入れが生まれたせいか……。

 これまで当たり前に思っていた考えや人間関係、他人や物への感情が、自分の内側で違う顔を見せる。これはこれで戸惑うんだよねえ。急に冷静になってしまったりして。
 
 どうも私にはこういうところがある。
 突然、気付いてしまう。「あ、そういうことか」と思った瞬間に景色がすっかり変わるのだ。
 これまでだって、いきなり大学を中退してみたり、突然留学を思い立ったり、人と別れたり、これまでの生活を変えてみたり。

 眠ったらもとに戻るかも知れないんだけどね。
posted by 土田英生 at 03:41| 広島 🌁| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

フェイドアウト

 段々に消えていくのがフェイドアウト。
 突然、切れてしまうのがカットアウト。
 音響や照明の打合せで「ここはフェイドアウトにして」などと、私もしょっちゅう使っている。

 これまで年齢を気にしたことがなかった。
 35歳の時、楽屋で水沼くんに「俺は大人か子供かどっち?」と聞いて、とても淡々と「大人」と答えられたことも覚えている。
 当たり前だ。大人だ。彼が正しい。
 
 正直に言うと自分の中では今もあまり思いは変わっていない。
 だから「将来何になろうか」と、高校生のように想像することもある。
 この前は学校の先生になりたいとぼんやり思ったりした。
 ストレスが溜まると前髪を引っ張る癖があるが、それも大人になったらやめようと心に決めたりした。

 けれど、冷静に考えてみると違う。
 私は学校の先生にはなれない。絶対に無理だとは言えないけど、まあ、ならない。
 前髪を引っ張る癖も直らないだろう。

 この先に対する、前向きな変化ばかりを期待して生きてきた私としては、その事実に気付いて愕然とする。
 女性でも男性でも、年齢を重ねてから年下の人と一緒になったりする人がいるが、なんだか気持ちは理解できるね。もちろん好みの問題もあるんだろうけど、それ以前に、まだ自分は大丈夫だと確認したい欲求も隠されているのかも知れない。

 この前、ワークショップで知り合った高校一年の子と喋っていた時だ。
 その子が「私と友達になれますか」と聞いてきた。
 私は「なれるんじゃないの? ◯◯ちゃんも俺もそう思えるなら」と、答えた。
 
 その話をしている時は清々しい風が吹いた気がした。
 
 けれど……やっぱり先のことを考えると暗澹たる気持ちになる。
 自分のことだけじゃなく、取り巻く環境を思う。
 10年前には想像できなかったような速度で、とんでもない方向に進んでしまっている。
 政治がこうなっているのは、政治家だけの問題じゃない。
 むしろ私たちの社会全体を覆う空気こそが厄介だ。
 人々は政策などの良し悪しで政治を見ていることをやめてしまい、ただの代理戦争になってしまった。
 こうなると、もう自分に都合の悪い意見は耳に入らない。
 自分と考えの近い人だけで集まり盛り上がる。そして立場の違う相手を攻撃する。

 自民党がいいとか悪いとか、そんな次元の問題じゃないのにね……。

 私はもともと演劇しながら楽しく暮らし、まあ、選挙にはいくけど、あとはブツブツ文句だけ言いながら「のほほん」としていたいのだ。それを保証してもらいたいから税金を払って、選挙で政治家を選び、後はうまく頼むよという感じだったのだ。
 民進党政権の時だって、愚痴を言っていたし、どこが政権を担当していても嫌なものは嫌だ。

 私が怖いのは、実際に進められている政策なのだ。

 演劇をやっている身としては、新共謀罪が決まった時にも怒りと不安を感じたけれど、これで緊急事態条項なんかできた日には……。
 ああああ。
 いやだ。

 個人的なこと、社会のこと、様々なことが絡み合って、楽しくしていたい私の邪魔をする。
 フェイドアウトしたい気分になるよね。

 ✴︎ ✴︎ ✴︎

 言葉の無力を思い知る。
 まさに、今は、言葉の力がどんどん失われて行っている。
 
 これは仕事としても困るんだよね。
 台詞をベラベラ喋らせて話を組み立てる私としては、どうしたらいいんだという感じだ。
 演出をしててもよく喋るし。
 個人的な付き合いでも、他人とコミュニケーションを行うツールとして、完全に言葉に頼っているしね。
 困るのはなるべく正確に伝えようとすればするほど回りくどくなることだ。
 哲学書とか分厚くなるのは仕方ないんだよね。『時間には逆らえない』という一文を書こうと思っても、『そもそも私の考える時間の概念は……』とか、いちいち説明していくわけだから。
 
 けれど、いくら正確に話したところで、伝わらなかったら意味はない。
 そのことを改めて知った。

 だから考え、自分を見つめ直す。

 けれど、性格は一生変わらないと諦めている。
 人前ではしゃぐことも、調子に乗ってしまうことも、意味なく身体を動かしてしまうこともきっと変わらない。変えられるとしたら考え方だけだ。

 しかし、変えようとする私を、自分のこれまでの好みが邪魔してくる。

 いつからか、正月には必ず福袋を買うようになった。
 すると自分では絶対に着ない服が入っている。
 それを無理やり着るということをここ数年実践している。
 鏡を見て「え? ありえない」と思ったりするのだが……意外にも人から似合うと言われたりすることが多々ある。それを繰り返すことによって、自分の好みも変化していく。

 私はまだ変われるんだろうか?
 フェイドアウトしてしまう代わりに、クロスフェードしたいね。
 新しいものが出てくるように。

 朝まで脚本を書いていて、16時から打合せ。
 それまで寝ようと思ったのだが、考えていて眠れなかった。
 時間が余ったので、本当は公演の宣伝をしようとこれを書き始めたのに。
 思いの外、長くなってしまった。

 そろそろ準備をして出かけなくてはいけない。

 ドラマの仕事に追われながら稽古は毎日している。

 MONO特別企画『怠惰なマネキン』
 →サイト

 チケットの少なくなっている日もありますのでよろしくお願いします!
 
 さっき、出演者の一人から「昨日の稽古は興奮しました」という前向きなLINEをもらった。
 だったら、まあ、全力でやるしかないしな。

IMG_7726.jpg
 
posted by 土田英生 at 14:25| 東京 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

たまには楽しいことを。

楽しいことを書こう。
というより、どうでもいいことを取り留めなく記そう。

昨日は朝まで脚本を書いていた。
締切りが朝の6時になっていた。本当は前日の夕方に終わらせたかったけど、まあ、無理だろうなとは分かっていた。
結局、書き終わったのは朝の5時だった。
それから他のことを済ませて、9時過ぎに横になった。完全なる昼夜逆転だ。
しかし、考えごとをしていて中々寝付けず、眠ったと思ったのに昼過ぎに目が覚めてしまった。
ブログを更新してみた。
で、夕方からは打合せ。
打合せは3時間ちょっとで終わった。
今、一緒にやっているプロデューサーは私と同じくらいよく喋る。
そしてテンションも似ている。
考え方も似ているんだよね。今日も雑談中、お互いの美学について話し合ったりしたけど、うなずく部分が多かった。
彼もあれだけONの時が明るいとすると……一人の時はかなり暗いはずだ。

だからいつも話し合いはトントン拍子に気持ちよく進む。
今日も提出した脚本の打合せは1時間くらいで終え、次の話を考える。
ああだこうだと2時間話したところでストーリーなどが見えてきた。なので、そこで打ち切って後は私が書いてみるという話になった。こんなに短いのってあんまりないんだよね。しかも合間にかなり関係ない話もしてるのに。

けれど、まだまだ道のりは遠いね。詳細は書けないけれど、とにかく今終えた分の5倍くらいはまだ書かなければいけないのだ。世界観は掴めてきたように思う。だから後はその中でどういう風に遊べるかだ。

予想より早かったので、帰りに渋谷で降りてブラブラした。
本当はお酒が飲みたくて仕方なかったんだけどね。誰かを誘って少しだけ飲もうかとも考えた。けれど、そうすると夜に書けなくなってしまう……。
迷った。かなり迷った。
いや、実際に誘ったけど、その人は都合が悪かった。じゃあ……と、別の人を探しかけたけれど……我慢してみた。

我慢しただけで、すごく頑張った気分になった。
ご褒美が欲しくなった。
なのでコーヒーメーカーを買った。
前に使っていたのが、数日前に突然壊れたのだ。
私は常にコーヒーが横にないと落ち着かない。
書き物をする時はノート、ペン、パソコン、コーヒー、タバコ、素焼きアーモンド、カカオ86パーセントが現在の必需品だ。

揃えてから事務所に戻り「怠惰なマネキン」を書いた。
そうなのだ。これもまだ終わりまでいっていないのだ。

今、大体、1時間弱くらいある。
狭いスペースでの上演なので1時間20分くらいにしようと思っているのだが……。
それにしては1時間であんまり話は進んでないね。稽古を見てると長くは感じないんだけどね。
この辺りではっきりした展開を見せないとダメだな。

今回はわざと全くプロットを立てずに書いている。
役者の演技を見て、稽古をしている間に先の展開を思いつく。それを書いて稽古して……その繰り返して進めている。もちろんモチーフは決まっているんだけど。

ただ、今日はそんなに進まなかった。
一旦眠って、稽古までまた続きを書こう。

1707_monospecial_omote.jpg


楽しいことは書けなかったね。
ま、いいや。
posted by 土田英生 at 06:02| 東京 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

なぜか連続で。

 しばらく全くここを更新していなかったのに、ここのところ三日連続で書いている。
 公演が近づいてきたので、宣伝をしなければという思いもあるし、自分の気持ちを整理したいのもある。
 
 高校三年間、私は日記をつけていた。

 小学生の頃からお調子者で、中学でもよく喋って、高校一年の時もクラスで一番騒がしいタイプだった。けれど……二年生の頭に突然、仲よかった数人から無視をされ始め、まあ、結構しんどい高校生活を送った。今は理由がわかる。何かにつけ「前へ前へ」と出る性格だったので、鬱陶しかったんだろうね。
 最後まで仲良かった子たちもいたけど、私のクラスは男子のみの19人で三年間一緒。しかも寮生活だったので、生活の中でそのメンバーの占める比重はとても大きく、それだけに辛いものがあった。

 その頃から私は日記をつけ始めた。
 現状の不満や、友達への苛立ち、やがて自分の悪いところを反省するようになり、そんな中で恋の悩みや、読んだ本の感想なども書くようになった。三年間でノート10冊くらいにはなっていたと思う。京都の家のどこかに残っているはずだ。
 ちなみに最初のノートを書き出した頃は、ちょうど悩んでいた時だったので、表紙になぜか「心」と書いてしまった。寮生活なので誰かに見られる可能性もあると思い、その後「心」という漢字に線を付け足して分からないようにした。結果、なぜか串にさししたおでんのようなイラストになった記憶がある。
 しかもじっと見ると「心」と書かれた部分だけ分かるという間抜けぶりだった。
 
 高校の時は日記を書くことで救われた。
 
 まあ、人が読むことを前提にしたブログとは種類が違うけど、それでも文字を書くと整理はできるね。

 現在、私は自分で勝手に自らを追い込んでいる気がする。
 これではダメだと頭では分かっているけれど抜け出せない。
 いろんなことが重なって……現状のままいることが苦しくなってしまっている。

 この前、MONO特別企画「怠惰なマネキン」で観劇三昧さんでイベントをやらせてもらった。iakuの横山拓也くんとの対談で「どんな俳優(特に若手)と仕事がしたいか」というタイトルだった。マネキン出演者も頑張ってくれたおかげで、雨にもかかわらず人も来てくれた。

 そこで「若手の定義は?」という質問が出た。
 「年齢ではなく、変われる素地を持っているかどうかが大事だ」というような答えをしたと思う。
 私はまだ変わりたい。
 だから自分の定義で言えば若手だね。
 
 この前、「私はまだ変われるだろうか?」と、書いたのはそういうことだ。

 大体、三十歳くらいまでには人は自分の価値観が固まってしまう。
 そして一度固まった価値観や性格で、人生が決まっていくといっても過言ではない。
 井上ひさしさんが、何かの対談で「性格は運命です」と言っていたけれど、私も全く同意だ。だから上手くいく人はスイスイ進むし、何をやってもつまづく人も出てくる。
 
 けれど。
 いつも書いているけれど、考え方と行動だけは変えられると信じているんだよね。ある時はスイスイ進んできたけれど、つまづくことも多かった。つまずいた時には、考え方を見つめ直し、それで突破してきた。

 だから今、私は再び考えている。
 その確認の為に書いているのかもね。

 「怠惰なマネキン」は二十代から三十代のメンバーの話ですが、こうした私の迷いが色濃く出てくる作品になっている。なんだか、青い感じだ。
 けれど、私もまだ若手なんだし、大丈夫だよね。
 
 みなさん、見に来てくださいませ。

 MONO特別企画サイト→⚫️
 
 
 
 
posted by 土田英生 at 07:26| 東京 ☔| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

自己嫌悪

 ブログやSNSの難しいところは、何かを書いた時、周囲の人に「もしかして俺のことか」と思われてしまう可能性があるところだ。腹が立ったことなどは、時間が経ってからなるべく分からないようにして書くことにしているが、これはなかなか難しい。

 特に文章などにすると、どうしてもニュアンスが削ぎ落とされて、はっきりとした意味が生まれてしまう。
 誤解も生む。

 話し言葉も同じだだけどね。
 一旦、発してしまったらもう戻せないのだ。
 相手を傷つけてしまえば、後でどんな言い訳をしようが完全に無しにすることはできない。
 時には景色を変えてしまう。
 
 そうなんだよね……。
 言葉にすることで、大事していたものを壊してしまう瞬間がある。
 後悔しても、いくら言葉をつぎ足しても……元には戻らない。

 すべての景色が変わってしまうことは、私だって耐えられない。
 猛烈な自己嫌悪。
 今の私は本来の状態ではないよね。その自覚はありながら、じっとしている訳にもいかない。歩みを少し進めるのに精一杯で、先が見えない方向に足を踏み出している。
 
 どこに向かいたいのか、それは私にも分からない。
 5メートル先しか見えない。
 だとしたら5メートルだけ進み、違ったら歩みを止めよう。
 
 私は無宗教だし、占いなども信じない。
 けど、時々、神が欲しいと思う。
 思し召しに従ってみたい。
 けど、そんなことはできないし。
 自分のプライドや欲望と闘いながら、判断をし続けることはとても苦しい。
 けど、それがまあ、生きていくこということだしね。

 そんな自分を抱えながら、今も台本を書いている。
 書くことで救われることもあれば、余計に苦しくなることもある。
 自分に都合いいものにならないよう、最大限の歯止めをかけながら、それでも出てくる台詞を書く。
 そこに何かしらが宿ると信じたい。

 ……今日はなんのこっちゃという内容になった。
posted by 土田英生 at 03:02| 東京 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする