表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2018年01月03日

今年もよろしくお願いします

2018.jpg


2018年になって初めての更新なので年賀状代わりの画像。
今、慌ててつくったのでかなり適当だ。
戌年ということで、皆がSNS上に飼っている犬の写真をあげていたりする。
だから真似をしてみた。
この前のブログで書いたナッツだ。

本当、よろしくお願いします。
去年は自分にとって大きな生活の変化もあった。
いろいろと先行き暗い世の中だけど、できる限り前に進みたいと思う。
なにより……いい作品を創る。
勉強する。
そして、新たな夢を見たい。

で、今は、京都にいる。
2日の夜に愛知県から帰ってきたのだ。

31日に東京から愛知に移動。
久しぶりに実家で年越し蕎麦を食べた。

IMG_0531.jpg


深夜までしゃべって、妹夫婦は子供二人を置いて帰って行った。
実家からは車で10分の距離に住んでいる。

元旦。
朝、姪と甥を近所の神社に連れていった。
私の小学校の時の通学路。
二人が小学生であることも手伝って、現在の景色と昔の記憶がオーバーラップする。
忘れていた様々な思い出が蘇った。
切ない。
自分のこれまでのこと、そしてこの子たちの先のこと。
今の社会の状況なども頭を巡り、形容しがたい感情になる。

家に戻ってから甥と将棋をやったら負けた。
ちなみにポンジャンでも負けた。
けれど、ポンジャンはかなり納得できないルールのまま、曖昧な感じでモヤっと負けた。
形容し難い悔しさを感じた。

そんな中、暇を見つけてはノートを広げ「隣の芝生も。」の構想を練っていた。
まだ完全にピースがはまらない。
なんか、なんか足りないんだよねえ。

困って姪に相談したりもした。

姪は6年生なのだが、MONOの芝居は毎回来ているし、暇があるとDVDでMONOの作品を観ているらしい。私の戯曲集も全部読んでいるし、読書感想文は私の小説『プログラム』で書いたと言っていた。
かなりの通だ。
だから私も『どうしたらいいと思う?』と聞いてしまう。
しかも、彼女はとにかく私に優しいのだ。

1日の夜も風呂から出てくると姪が一人で待っていた
理由を聞くと、

『ツッチーが寂しいかも知れないと思って』

と、かわいいことを言う。
いろんな話をした。
彼女の学校での話などを聞いているうちに……作品のアイデアが浮かんだ。
まあ、使えるかどうかはわからないけど、感謝だ。

IMG_0580.jpg


4日には打合せや取材が入っている。
今日中にかためないと。

しかも、頼りになる姪は京都にいないしね。
よし、残りの腕立て伏せをしてちょっと寝よう。
posted by 土田英生 at 07:14| 京都 ☁| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする