表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2018年06月13日

一週間の休息

今は京都の自宅にいる。
朝からお風呂に一時間以上入っていて、とてもふやけている。
久しぶりに指とかシワシワになった。

前回の更新は一ヶ月前。
見るとその時も京都にいたようだが、間は基本的に東京にいた。
『崖っぷちホテル!』の脚本を書き、打合せをして、撮影に顔を出したりしていた。とにかく忙しかった。途中で長野の上田でワークショップもしたりしたね。
……お蕎麦が美味しかった。

IMG_1308.jpg


一段落して京都に再び戻ってきた。
とはいいながら……今日は東京に戻るんだけど。

今回は一週間くらいいられたので、少しは気持ちが回復した気はする。
そうなんだよね。ちょっとばかり……私は疲れていた。まだ完全ではない気がするけど。

一年のうちのほとんどを下北沢で過ごしている。だから嵐山に戻ってくる時は別荘にいる気分だ。
自然もたくさんあるし。
かなり田舎なんだと改めて思うね。
散歩中に鹿に会ったこともあるし、夜中に狸の親子が家の前を歩いていくのを見たこともある。
近所で猿に囲まれたことも、自宅の屋根裏収納にイタチが入り込んで困ったこともある。

日曜の夜も、風呂にホタルが飛び込んできた。

『崖っぷちホテル!』のオンエアがあったので、お風呂上りにビールを片手に見ようと考え、急いで済まそうとしていたのだ。
間もなく始まってしまう。しかし、このままお風呂から出るわけにはいかない。

ホタルは窓のレールの間でじっとしている。
そして光っている。

IMG_1388.jpg


あまり飛ばずに光るのがメスだと聞いたことがある。
だからこれはきっとメスだ。

「おい、そんなところで光っていてもオスとの出会いはないよ」と説得を試みたけど聞く耳を持ってくれなかった。

私も一応オスではあるし、裸ではあったけれど……残念ながら種が違いすぎる。
私たちは結ばれない運命なのだ。

けど、彼女は出て行かない。
世話を焼かせるヤツだ。
小さな紙を丸めて、救出作戦を試みた。
無事に外に出せた。


一昨日の夜、友達が遊びに来たので、久しぶりに竹林などを散歩したけど、嵐山を歩いている観光客は外国人ばかりになってるね。

電車やバスに乗っても聞こえてくるのは外国語ばかりだ。

京都に戻ってきた翌日。
ベッドのボッスクシーツを買おうと思ってバスに乗っていると、ネパールから観光できているという男性に話しかけられた。
彼はパスポートの入ったリュックをなくして慌てていた。

一緒に探すことになった。

カバンは前に乗ったバスに置き忘れてたようで、京都外大前にある市バス事務所に届いていた。
見つかった時、それまで割と落ち着いていた彼がいきなり感情的になり、なんども私にお礼を繰り返し出した。
彼の顔を見ていたら私が泣けてきた。

しかし。
彼は見つかったカバンを大事に抱え、今度は別のバッグを置いて歩き出した。
どうやらおっちょこちょい男だ。
これからが心配だ。
名前は、ちょっと聞き取りに自信がないのだが、シンダントだと言っていたと思う。

別れる前、少しだけ立ち話した。

ネパールにきたことがあるかと聞かれたが、残念ながらない。必死でネパールエピソードを探す。

ロンドンに留学していた時、近くにあったコーナーショップ、つまりコンビニ的な店で働いていたネパール人の女性には本当に助けられた。仲良くなって連絡先も交換し、いろいろと相談に乗ってもらった。私が帰ると告げた日はレジで泣き出し、他のお客さんから冷やかされて困ったくらいだ。

シンダント君にその話をした。

すると彼は「だから俺を助けてくれたんだね。俺も困っている人がいたら助けるよ」と言いながらハグをしてきた。
少しの間一緒にいただけなのに、別れる時に私たちはお互いに涙ぐんだ。

……本当はいろいろと書こうと思っていたんだけど疲れた。

今日の夜は東京で戯曲セミナーがある。

少しだけ眠ろう。
posted by 土田英生 at 07:59| 京都 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

朝まで頑張る

 私はMONOという劇団をずっと続けている。

 会話点描。

 立命館大学の以学館脇。
 「出演するのは15分でいいから」と私が言うと、水沼君は「まあ、それくらいなら」と言った。

  ✴︎ ✴︎ ✴︎

 ファミリーレストランでお茶をしながら私は聞いた。
 「え? もしかして奥ちゃん出たい?」
 「まあ、ちょっとは……」と奥村君は答えた。

  ✴︎ ✴︎ ✴︎ 

 電話で私は尾方くんに言った。
 「そりゃ、入ってくれたら嬉しいけど」
 「じゃ、よろしくお願いします」と、尾方君はくぐもった声で電話を切った。

  ✴︎ ✴︎ ✴︎ 

 電話の声からでは、金替くんの真意は掴めなかった。
 「合うと思うんだよね、MONOに」
 私はたたみかけた。
 「……まあ、そうですねえ」と、金替君は言った。

  ✴︎ ✴︎ ✴︎ 
 
 なんでこんなことを書いたのかわからないけど、ふと、今日、思い出した。

 
01.jpg


 これはいつの写真だろう?
 
 真ん中に写っている西山君は98年に演劇をやめて愛媛に戻っていった。
 彼は水沼君と小、中、高、大、MONOとずっと一緒だった男だ。

 他にもやめていった人たちはたくさんいる。
 演劇を続けている人もいる。

 そして、水沼、奥村、尾方、金替の4人は今も一緒に活動している。

 いやいや、こんなことを思い出している場合ではない。
 
 これから先に思いを馳せながら、台本を書かなければいけない。

 この10日くらい、様々な人から連絡があった。
 懐かしい人から比較的新しい友人まで。

 毎日誰かから「どうしてる?」という連絡をもらい、そのうちの何人かとは会った。

 そういう時期というのがあるようだ。
 もしかしたらドラマ『崖っぷちホテル!』が終わったので、暇になったという判断かも知れない。
  

 皆、それぞれ問題を抱え、それなりに暮らしている。
 
 そして私は朝まで台本書きに邁進する。
posted by 土田英生 at 02:04| 東京 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする