表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2018年08月06日

思春期の考え方

いよいよ10日からテアトル・エコー「青い鳥たち、カゴから」が幕をあける。

155aoitoritachi.jpg


↑クリックすると大きな画像が見られます。

チケットは絶賛発売中です。

劇団チケット取扱

初めて通し稽古をした時、私の気持ちは真っ暗だった。
「ああ、とても面白くないものを創ってしまったのかも知れない」と、不安に押しつぶされそうな思いだった。

幸いなことに、翌日は稽古が休みだった。
冷静に考えて、台本を直してみた。
そして二回目に通した時「あれ? 面白いかも」と気持ちが変化した。

そのまま通し稽古を続けた。
しかし、再び、しっくりこなくなった。
途中までは問題ない。
引っかかるのは、どうやらラスト前のシーンだった。
時間軸が変化し、役者たちが布をまとって群舞するような場所がある。その間に会話がランダムに入る抽象的な場面だ。

私は基本的にストレートプレイが好きで、抽象的なシーンや時間軸が変化するものはほとんど書かない。
そうしたシーンを描くはっきりとした動機があれば別だが、できれば会話だけで世界を描きたいと考えている。

今回の芝居の中でも、そのシーンだけが浮いていた。
前々から逃げている感じはしていた。
会話で描ききれないので、そういうシーンを入れているだけではないのか?

けれど、どうせやるのならちゃんとやろうと思ったので、振付の方にお願いして稽古を見てもらった。私なりの要望を伝え、数日後にその稽古の為の時間をとってもらった。

それで行くつもりでいた。
一昨日の稽古が始まる前だった。
役者さんの一人から「本当はあのシーンはいらないんじゃないですか」と聞かれた。なくてもいけるのではないかという提案だった。
私が迷っているのを感じてくれていたのかも知れない。「もちろん必要ならば問題ないんですけど」と、彼は付け加えてくれた。

その時は、振付もお願いしたあとだったのでそのまま行くつもりだった。

けれど……。
当たってたんだと思う。
稽古を見ていて思った。
やっぱり私は逃げているんだと。

なので……その日の稽古終わり、もう一度書き直させてくださいと皆にお願いした。

何度も通し稽古した後だ。
また、台詞も覚えてもらわないといけないし、書き直したところでうまく行く保証はない。

結果、そのシーンはなくなった。
振付を頼んだ人にも本当に申し訳ないことをした。
けれど、その方も稽古を見に来て「よくなりましたね」と言ってくれた。
ありがたい。

けど、本当によくなったのだ。
引っかかっていた最後の部分が解消されて、やっと台本がすっきり全部通ったと思った。
「青い鳥たち、カゴから」
こういう話なのか、と、自分でも改めて理解した。あとは稽古稽古稽古。
本番が楽しみになった。

……作品を創っていると、いつでもそうなんだよね。
何度も「もう終わりだ」と思う。
諦めかける。
「まあ、これでもそこそこは行くかなあ」といういい加減な気持ちになりかける。実際、ある程度の経験があれば、苦しまなくても一定のクオリティのものは創れたりする。だけどそこで諦めることで、基準はどんどん下がって行き、その創り手はダメになって行くんだよね。

けれど、我慢して踏ん張り、一つずつ問題を解決していくと突然道が拓ける。
そして、諦めなくて本当によかったと胸を撫で下ろすのだ。
今回も踏ん張ってよかった。
そして、それを指摘し、付き合ってくれる皆に心から感謝だ。
ま、諦めるようになったらやめないとね。

他のこともそう考えることに努力している。

なんというか、人生もね。

もちろん、自分だけではなんともならないこともある。
相手があることとか。
けれど、物語の結末には光が差すと信じて、できることはやっておくのだ。
そうじゃないと、うまく行くものもダメになる。

過程が見えなくて焦ったりもするけど、自分に自信を持って進むしかない。

思春期の考え方だな、これ。
……いくつだ、私は?
posted by 土田英生 at 04:28| 東京 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

最後の稽古

台風が来ているので、いつもより早く通し稽古をやって帰ってきた。

思ったよりも早かったので渋谷で少しだけ一人でブラブラした。
考え事をしながら一人で飲んだ。
渋い感じでグラスを傾けているつもりだったけど、そのポーズだけでは全然時間が持たず、寂しくなったのですぐに帰った。

……立て続けに上演中止や公演延期の情報を知った。
私はその二つの団体と直接の面識もないし、個々については何も語るつもりはない。
ただ、両方とも台本の遅れが原因だと聞いて、色んなことを考えた。

もちろん明日は我が身だ。

私もこれまでだって何度も危ない橋は渡った。
台本を書く作業は厄介だ。
頑張れば進む訳じゃない。
何時間座っていても、一行も書けないこともある。
……とにかく苦しいしね、あの時間は。
また、書かなければいけない時、他のことで悩んでいてそれどころではない時もある。

それでも締切や期限はやってくる。
でも……。
書けない時には謝るしかないんだよね。
作家の思いや事情を斟酌してもらおうとするのは無理なことだ。
書けないことは美談でもなんでもないし、よりよい作品を創りたいとは誰もが思っているんだし。

何が言いたいのかというと……。

「書く行為」をあまりにも神聖化しちゃダメなんだよね。どんどんそれに甘えて行ってしまうから。これは自戒を込めて言ってるけどね。

色んな場所で喋ってるけど、私は「降りてこない」とかいう劇作家が嫌いだ。
イタコじゃないんだし。
降りてなんかこない。

そんな方法があるのなら、私もそれを習得したいよ。
私にはそんな才能はないので、とにかく泣きながら机に向っている。比喩でもなんでもなく書けないと泣く。
あれはなんだろ?
幼児退行するんだよね。
そうやって苦しんで考えていると、アイデアがふと出てきたりする。
ま、それを「降りてくる」と表現してるだけなんだろうけど、なんか書くことを特権化しているようで嫌だ。

今回の「青い鳥たち、カゴから」だって、随分と約束を破ってしまった。何度か泣いた。
稽古開始の2週間前には初稿を出しますと宣言していたけれど、「崖っぷちホテル!」を書き終わった時、締切までは一週間強しかなかった。
何より疲れていた。
それもあったし、色んなことが重なって稽古に入る前に個人的にメンタルをやられてしまい……なかなか集中出来なかった。

稽古をしながら続きを書き、読んでもらっては書き直すという繰り返しだった。
稽古していたのに、なくなったシーンも結構ある。

けどねえ。
だから芝居は救われるんだよね。
周りに人がいるから。
特に今回はそうだった。

役者さんたちは文句も言わずに一生懸命取り組んでくれた。
なんと言ったらいいのか、「こなす」というような人はなく、作品をよくしようと思っていることが伝わって来た。

だから私も書けたんだと思う。

形やリズムにこだわる私の演出にもきちんと取り組んでくれたしね。
この5日間、通し稽古のランタイムは毎回誤差1分以内だ。
これ、すごいことなんだよね。

脱稿したのは7月末。
だけど、通し稽古に入ってからも何度も改訂した。
今日ですら稽古しながら台詞を変更したしね。

明後日は初日だ。

枠に関しては出来ているので、あとはその枠の中に、役者さんたちの体重がどれだけ乗るかが勝負だ。
昨日、ぐっと良くなった。

面白くなるね。
私も最後まで気を抜かずに、しつこくやろう。

まだまだ上に行ける。
本番までには一日あるし十分だ。

明日はゲネプロ。
お客さんは入れずに、本番と同じように上演する。

しかしだ。
テアトル・エコーは劇団員も多く(役者だけで100人くらい!)いるので、ゲネプロにも多くの人が観にくるらしい。
だからプレビュー公演みたいなもんだよね。

ただ、役者さんたちからの要望で、明日の昼にも集まって一回通してみることになったので、そこで最後の調整はできるのだ。

劇場客席に作ってもらっていた演出席ともお別れだ。

IMG_1632.jpg


「餌」と呼ばれている、演出助手の小泉さんが出してくれるアーモンドとチョコレートともさよならだし、役者さんの似てない似顔絵を描く場所もなくなってしまう。
少しだけ寂しい。

ということで、皆さん、お待ちしています!

チケット申し込み
posted by 土田英生 at 02:38| 東京 ☁| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

眠れないので。

 テアトル・エコー「青い鳥たち、カゴから」は絶賛上演中。
 最終日(22日)以外はまだまだ入れますので、皆様、ぜひお越しください。

 私は基本的に本番は観るようにしているのだけど、ここ2日は劇場に行けなかった。
 演出助手から本番がどんな様子だったのかという報告はもらっているけどやっぱり気になる。
 
 劇場には着到盤と呼ばれるものがあったりする。
 テアトルエコーのものは歴史を感じさせるバージョンだ。

IMG_1655.jpg

 
 今回は私の名札も作ってもらったし、舞台美術の奥村くんのもある。
 上の写真だと、奥村くんの名前は赤になっているので、この時は劇場に来ていないということだ。

 一昨日と昨日は私の名前も赤だったはずだ。

 その間、私はENBUゼミの講義。
 皆、とても熱心で好感を持った。
 10代から40代まで年齢はまちまちだけど、とても仲もよく雰囲気もいい。
 初日が終わったあとに誘ってくれたので飲みに行った。

 私の悪い癖だけど、ワークシップなどをしていると、ついつい情が湧いてしまう。
 全てを伝えたくなってしまい、あれもこれもという感じで詰め込もうとする。

 本当は愚直に同じことを繰り返さないとダメなんだけどね。

 もう一回残っているので、ちゃんと整理して行こう。

 ……昨日は全くお酒を飲まなかった。

 だから案の定眠れないまま朝を迎えてしまっている。
 ああ、今は夜が嫌いだ。
 少しは寝ないとね。
 
 今日は本番を観るし。
 
 
posted by 土田英生 at 07:41| 東京 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

「青い鳥たち、カゴから」終了。そして上田。

 テアトル・エコー「青い鳥たち、カゴから」が終わった。

 自分自身に対しては不満も残っているし、今になって「あそこはこう書けば良かった」などと気づいたりして後悔もわずかにあるが、劇団の皆は本当に気持ちのいい人たちだった。
 恥ずかしいので書かないけれど、打上げでも色々な話をして、涙もろい私は泣かされたりもした。

 打上げは6時間にも及び、その後、数人と朝まで卓球やボーリングをした。
 なんだか学生気分だ。
 
 翌日はさすがに抜け殻になったけど、終わってからもLINEなどでメッセージをもらったりしているので、完全に終わったという実感は薄いんだよね。これからジワジワくるのかもね。
 
 で……。
 すぐに長野県の上田市にやって来た。
 
 サントミューゼで上演する「尼ケ淵スケッチ」の創作準備の為だ。

 MONOのメンバーになった立川茜さんも出演するので、一緒に中に入ってもらって前回(5月)のワークショップの復習。
 続いて創作の為のネタ出し。
 今日で大体の方向性は見えた。

 けど、ここは本当に空気もいいし、周りには山があって気持ちいい。

 昨日も着いてすぐに長い時間散歩をした。
 暗くなった頃に上田城に行ったら、あまりにも月がきれいで、私たちは思わず見とれてしまった。
 外側には光輪がくっきりと出ていて、まるで「青い鳥たち、カゴから」に出てきた月のようだった。

 そして……やたら食べている。
 昨日は絶品のサムギョプサル、今日は焼き鳥屋さん。
 キャベツ揚げにはカルチャーショックを受けた。
 なんだ、あれ? 
 とても美味しいではないか。
 
 今日はホテルに帰って来てシャワーだけ浴びてすぐに眠ったのに、すぐ目が覚めてしまった。

 ……露天風呂に行ってきた。
 誰もいなかった。
 お湯に浸かって上を見ると、またしても月だ。
 それを眺めながら20分以上ゆったりした。
 様々な考えが頭の中を巡った。
 私の思考は、時折、月を隠す雲の動きと連動しているようだった。


 明日は昼に蕎麦を食べてから、いよいよ実際に作品を創って行く。

 3話のオムニバス。
 今考えているのは「祖父と孫」「二組の夫婦の事情」「母と息子たち」の3本。
 サザエさんの予告編のようなラインナップだ。
 MONOの立川茜は全話に絡む。
 けど、ちょっとだけ足りないんだよねえ。
 私も出れば解決するんだけど、出たがりみたいに思われるのも困るしね。
 
 とにかく3本の話を、何度も使っている手法で一本にまとめるつもりだ。
 詳しくは説明しずらいけど、同じ時間をいろんな方向から見るという構成で、私が『クルクルと回すやつ』と呼んでいるやつだ。
 『クルクルと回すやつ』という名前で特許を取りたいくらいだ。

 これ、何回目だろ?

 最初は演劇アドバンスドユニットという企画で書いた『感情珈琲』だったと思う。
 それからコンクールの賞品として私が伊丹西高校に書き下ろした『空と私のあいだ』、その進化系でAI・HALLのハイスクール・プロデュースでやった『空と私のあいだ』、さらに登場人物を大人にして、横山拓也君と共作したMONO特別企画『空と私のあいだ』、広島アステールの演劇学校の試演会『あの10分間、そしてそれからのこと』

 5回も『クルクル回すやつ』を使っている。
 きっとこれからもクルクル回すんだと思う。
 

 もうこんな時間だ。
 寝よ。
 
 
posted by 土田英生 at 02:57| 長野 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする