表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2014年03月22日

欲しいと思ったものは手に入らないし、自分のことは分からない。

 色々と仕事させてもらう中で、オファーをもらったときにいつも感じることがある。
「え? それ、私がやる仕事なんですか?」
 と、いうことだ。
 自分から企画を出す場合もあるが、そのほとんどは実現しないのだ。

 自らの意志で、好きなようにやっているのは……極端に言えば自分の劇団、つまりMONOだけだ。
 その分、お金にはならない。

 で、他の仕事、つまりいただく仕事はいつも意外だ。
 他人である依頼主は様々な理由で私にオファーをしてくれているはずだ。
 なのに当の私にはどうしてこの仕事が私に回ってきたのか、その理由が分からない。

 つまり自分のことは分からないのだ。
 私はいただいた仕事は、違うなと思っても冷静に検討してみることにしている。
 だって、その人が私に向いていると思った仕事だ。
 私よりも、きっと正確な判断をしているはずなのだ。
 
 人の魅力というものは他人が決定する。
 自分で「私はここがいい」と思っていても、他人がそう思ってくれてない限り、それは魅力ではない。
 それは単なる思い込みだし、「こう思って欲しい」という願望に過ぎない。
 そして、哀しいことに願望では……現実は絶対に動かない。

 だから真理としては……自分が欲しいと思っている間は、それは絶対に手に入らないと思った方がいいし、自分のことは決して自分では分からないということを知った方がいい。

 なのに……なのに。
 本人には欲しいものしか見えない。
 そして無駄な努力をする。

 だから他人を見ているともどかしい。
 『ああ、回り道しちゃって』と思う。 
 いや、回り道ならまだしも、その道を進んでも辿り着けないのになあ、と冷静に思う。
 
 若い役者さんなどを見ていると、面白いくらいそれは明確だ。
 これだけこの仕事をやっていると、「行けるな」という人と「ダメだろうな」という人は一瞬で見えてしまう。
 だからオーディションなどをすると、『どうして通ると思ったの? よく受けにきたねえ』というくらい分かってしまう。結果を通知する時、「一生懸命考えました」などと言ったりするが、実際に決めるとき、迷うということはほとんどない。見た瞬間に、ほぼ、最初から決まっているのだ。
 これはほとんどの演出家などが感じていることだと思う。

 もちろん好みによって多少の違いはあるが、それでも10人の演出家がいたら、AとBのどっちがいいか、9人の意見は一致する。
 ただ、本人だけが分かっていない。
 『うまくできたなあ』と満足したり、『ダメだったなあ』と反省したりしているが、実はそんなこととは関係なく決まるのだ。
 
 ただ、私は……最初からオーディションに通るタイプの役者さんがあまり好きではない。
 私が選ばなくたって、そういう人は通るからだ。

 私が演劇などを続けている理由は自己救済だ。

 私自身が存在不安にいつも悩んでいる。
 どうも生きているという実感が持てないコンプレックスを抱えている。
 だから人の相談に乗ったりすることが、とても好きだ。
 なぜなら、相談に乗って欲しいと思ってくれる人がいる、という事実が私に安心感を与えてくれるからだ。
 ここ数日もかなりたくさんの人の相談に乗った。
 それは優しさからではないのかも知れない。そうだ、自分の為なのだ。

 その結果だろうか。
 友達にはコンプレックスを持った人が多い。
 「オレ、行けてますよ」という人には全く魅力を感じない。
 「私ダメですよねえ」という人に魅力を感じてしまうのだ。

 ただ、もちろん全然可能性がない人は魅力を感じない。
 こうすれば絶対によくなるし、うまく行くと思える人としか仕事もしない。
 まあ、残念ながら、そういう人の多くは……そこまで私の意見を聞いてくれないけど。

 まあ、それは私も同じだ。
 だからこそ、いただいた仕事は大事にする。
 無理だと思っても、やってみることにしている。

 で、その結果……世界が広がる。

 そうだ。それは福袋と同じだ。
 ここ数年、私は必ず福袋を買う。
 もちろん嫌いなショップでは買わないが、好きなショップで買っても「ええ? こんなの着ないよ」という服が入っている。で、着てみたりすると……「土田さん、それ似合いますね」と言われたりする。
 そこで知るのだ。
 自分では思いもしなかったけど、そういう服が似合うことに。
 自分で決めつけていたのでは、そういう広がりには出会えない。
 
 今も自分では意外だと思う仕事をいただいている。
 だからこそ……頑張る。

 まだまだ、私は自分のことが分かっていないからだ。
 
posted by 土田英生 at 01:32| 東京 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする