表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2014年04月05日

歩く男。

 起きたら身体中が痛かった。筋肉痛だ。
 昨日、ジムで頑張り過ぎたせいだ。
 腕、胸の筋肉、腹筋も、太もも……全てが痛い。
 身体が重い。

 夕方に京都府知事選の期日前投票を済ませて、大阪まで行って横山君の芝居を観るつもりだった。
 昼間は仕事をして、昨日終わらなかった本を読む。
 キーボードを打っているだけなのに。読書しているだけなのに。
 ……背中も痛い。

 にもかかわらずだ。
 昨日、久しぶりに身体を動かしたせいで、興奮しているのだろうか?
 動きたくて仕方ない。

 期日前投票をやっている区役所までは……そんなに遠くはない。

 歩いた。

 足が重いが、頑張ってみる。
 30分で到着した。全然、大したことではない。歩く男をなめるんじゃない。
 ……ん?
 いや、ここは区役所ではない。
 保健センターと書いてある。
 勘違いしていた。
 区役所は……あ、そうだ……あそこだ。
 保健センターからはとても中途半端な距離だった。
 どうしよう? タクシーに乗ろうか?

 歩いた。

 結構かかった。足が痛い。
 区役所で投票を済ませた。
 ここからの最寄り駅は「上桂」。
 そこまで徒歩10分。しかし一区間だけ電車に乗って「桂」で乗り換えなければいけない。
 よし、だったら……。

 「桂」まで歩いた。

 なんだろう?
 本物の歩く男になってしまった。
 いや、歩く男に本物と偽物があるのかどうかは知らない。
 あったとしても、その定義は分からない。
 
 横山君の芝居をやっているピッコロシアターは阪急の「塚口」からやや遠い。

 歩いた。

 芝居が終わって、阪急「塚口」の近くに移動。

 歩いた。
 
 私の足取りは重い。かなり重い。

 そして、少しのんだ。

IMG_3105.jpg

 横山君、私、そしてMONOにも何度も出演してもらった亀井さん。
  
 阪急電車で帰って来た。満員電車に揺られる。
 私は足元がふらついた。

 「桂」に着いた。
 本来ならここで乗り換えるのだが、もう「嵐山」に向かう電車はない。
 駅を出た。

 私は歩く男だ。
 しかも本物のはずだ。

 ……タクシーに乗った。偽物だった。
posted by 土田英生 at 02:21| 京都 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする