表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2014年08月17日

広島「私流俳優育成講座」でテンションが上がる

 徹夜のまま部屋を出た。
 品川まで行くのもキツかった。
 新幹線に乗り広島へ向かう。
 頭も痛く、なかなか眠れなかった。
 京都を過ぎた辺りで、やっと完全に記憶がなくなった。
 広島に到着してホームに足を踏み出した時、猛烈な疲れを感じた。
 身体も動かないし、頭も回らない。
 しかし、困難は続く。
 駅から乗ったタクシーの運転手さんが……とてもお喋りなのだ。
 私が京都に住んでいるということが分かると、なぜか急にテンションが上がった。

 広島には市電が走っている。
 全国、世界で使われていた車両が、今でも広島では現役だ。
 京都市電だった車両もここには走っている。
 その話を延々とし始めた。
 いいエピソードもあったが、今の私にはとても苦痛だ。
 頑張って聞いた。時には質問すらした。
 一瞬、間があり、終わったのかと思ったその時だ。
 
「まあ、広島は……川が流れて土砂がたまった場所ですから」

 いきなり格言めいた雰囲気で言う。

「はあ……ですよねえ……」

 私は運転手さんが言いたいことが分からず黙っていた。
 
「だから地下鉄は無理なんですよ! 土砂ですから!」

 嬉しそうな声を出す。

「なるほど……」

 私は声を絞り出した。
 しかし、私の苦悩に配慮する気配もなく、運転手さんの広島講座が始まった。
 これから私は「私流俳優育成講座」なのに。
 それをする前に「運転手さん流広島講座」を受ける羽目になった。

「広島は川の間にある中州が街になったところですからね、その中で一番広い島にお城を建てて、広島と呼ばれるようになりましてね、昔はね、あの辺りは、コイが浦という場所でね、そのコイが鯉になり、それがカープにつながるわけですねえ」

 延々と喋る。
 信号が変わってもすぐに発車せずに、後ろからクラクションを鳴らされたりしている。
 しばらく話し続けて……やっと終わった。
 ふう。
 しかし……。

「まあ、広島は……川が流れて土砂がたまった場所ですからねえ」

 え? またそこに戻るの? と、私は思った。
 このまま繰り返されたら、聞き続ける自信がない。
 なんとか阻止しなければ。
 私はお城が好きだ。
 なので広島城について私から喋ってみよう。攻めてみようと思った。
 
「広島城って、毛利がつくりましたけど、縄張りとかは黒田如水なんですよねえ?」
「……」

 運転手さんは黙った。
 しばらく間があった。
 効果ありだ。作戦成功だ。
 いや、錯覚だった。
 
「……そんなことは別にいいんです。まあ、とにかく、広島はね、川が流れて土砂がたまった場所ですから」
 
 あっさりと切り捨てられて、再び、彼のスピーチが再開。
 負けた。
 疲れたまま、会場につく。
 しかし……そのまま「私流俳優育成講座」。→

 東京は始まっているが、他の場所で開催するのは広島が初めてだ。
 ただ、広島は20人の定員に応募が追いつかず、そこから選考したので参加予定は10人。
 天候のせいで来られない人もいて、結局、参加は8人。東京から見学する方が1人。
 さらには参加者のうち2人は関西からの参加だ。
 広島で活動している役者さんはたった6人だけということになる。
 
 1回だけの講座なので、とにかく内容を凝縮して進める。
 これまで5回かけて東京でやったことを1回で伝えなければいけない。
 東京ではこれから台本を使って実践をして行くが、広島ではそこまではできない。
 ……しかし……。
 皆、とてもよかった。吸収力もあるし、これからどんどん伸びると確信した。
 私もやっている間は疲れを完全に忘れ、寝不足も関係なくなった。
 いい。とてもいいねえ。
 気がつけば私もフルテンションだ。

 とてもいい人材と出会えたので、このまま終わらせたくない。
 もっとやりたい。
 他の仕事→や「姐さん女房の裏切り」→で広島へくるので、また会って欲しいというお願いした。
 いい役者さんはどこにでもいるね。

IMG_4238.jpg


 北九州では2日間やる。参加予定は15人。
 月末には関西(伊丹)で3日間。応募は多かったので、ここは予定通り20人に絞らせてもらった。
 だから……この企画は「土田英生 20代の俳優83人と出会う」になった。
 いやいや、愛知県の長久手の締切りが明日。
 まだまだ減る可能性はあるね。
 応募をお待ちしています。メールでも受け付けてますのでまだ間に合います。
 もう一度リンクを貼ろう。→
 

 小倉へ移動する為に広島駅へ。
 駅ビルの中で、参加者に聞いたお好み焼き屋さんに入る。

IMG_4244.jpg


 とても美味しかったが、頭のスイッチが完全に切れる。
 疲れが襲ってくる。
 これからの仕事の量を考えて気分も急降下だ。踏ん張って喋ったりはしていたものの崩れ落ちそうだった。
 新幹線の座席に座った途端に記憶がなくなった。
 ホテルにチェックインして、温泉に入る。
 少しだけリフレッシュ。
 体重計に乗ったら……またしても痩せていた。
 62キロになった。マックスだった時が79キロなので17キロ減だ。
 痩せてから買い直したジーンズすら、落ちてくるようになった。
 そろそろダイエット本を書こう。
 そんな時間はどこにもないけど。

 明日は、一日、こもってとにかく書く書く書く書く書く書く書く!
posted by 土田英生 at 23:34| 福岡 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする