表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2014年08月20日

ゴミ箱をあさる

昨日は朝から福岡に移動し、「姐さん女房の裏切り」の宣伝活動。九州の記者さんたちも顔なじみになってきて、とても話しやすくなった。
ただ、どうしても最初は皆同じ会話で始まってしまう。

「あれ?  痩せましたよね?」
「はい、まあ」
「大丈夫なんですか? その…」
「病気とかじゃないんです。ダイエットですかね」

すると必ず次の質問が続く。

「どうして痩せようと思ったんですか?」

……いつもここで困る。取り立てて話すような理由はないからだ。ちゃんと話そうとすると、私自身の内面の変化に及んでしまう。宣伝でそんなことを話していたら、それだけで終わってしまうではないか。

「まあ健康の為に」と、答えてお茶を濁す。5つの媒体を回らせてもらい、北九州に戻ってからラジオで話させてもらい、そしてそのあとは内藤裕敬さん、泊君とライブラリートークというイベント。これは思いのほか楽しかった。

とにかくまた色んな人と知り合った。
ホテルに戻ってからは、いつもの自己嫌悪とたたかいながら眠った。

朝の6時に起きて仕事。
とにかく書いたが、ちょうど乗ってきたところでタイムアウト。高校生のワークショップの為に劇場に向かった。

あ、髭を剃るのを忘れた。
高校生たちに会うのに、これではいけない。清潔感は大事だ。
ちょうどもう一つ携帯用のシェーバーが欲しかったので買うことにした。電池式のやつだ。前に使ってたやつと同じだと思い、買ってすぐに箱から出し、必要なもの以外をゴミ箱に捨てた。
トイレの洗面所に行き、髭を剃ろうと思った。
FD2E97B0-66F7-43CB-83D1-7BC1BA39F940.jpg
…ん?

どうすればいいのか?
スイッチが入らない。電池はちゃんと向きも合っている。いや、そもそもこれはどうなってるんだ?
フタが開かない。

ガチャガチャやった挙句、説明書を見た方が早いと思ったが…おっと、捨ててしまったではないか。
慌ててトイレを出て、さっき捨てたゴミ箱を覗き込んでみる。入口が小さく奥がみえない。と…人が不思議そうに見ていく。 
 違う! 
 あさってるんじゃない。

トイレに戻って冷静に考えてみた。
とても 簡単だった。

EF758CC9-4AFB-4ED4-A0D4-102B7F486B24.jpg

髭も剃った。
これで大丈夫だ。

posted by 土田英生 at 13:21| 福岡 ☔| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする