表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2015年12月13日

劇作家協会新人戯曲賞 公開審査会

 本当はそんなに忙しくはないはずなのに落ち着かない。
 一つのことで追い詰められている時は、いくら時間がなくても頭の中でそのことだけを置いておける。
 たとえばドラマなどを書いている時は時間もないし、さらには打合せも頻繁なのだけど、基本的にそれだけをやっているので問題ないのだ。

 しかし、今はどうもやることが多過ぎて、それも種類がバラバラなので混乱しているのだと思う。
 会わないといけなかったり、会いたい人も多いのだが、それもバラバラなジャンルなので、メールなどを見ては「ああ!」とか「えええ!」などと声をあげている。

  私は事務処理能力がとても低いのだ。
 だから日常生活もコーヒーを淹れかけたままシャワーを浴びたり、着替えている途中で掃除を始めたりという、どうもカオスな進行具合だ。
 
 やるべき仕事としてはMONOの新作『裸に勾玉』の台本と2年前から始めたのに止まってしまっていた原稿書き。まあ、これはそんなに混乱していない。
 ただ、勾玉について調べたりして、本を探していたせいか、Amazonでのお勧めがおかしなことになってきた。魂がどうとかパワースポットがどうとか、そんな本ばかりを勧められる。
 いやいや、私はそういうのはいいんだってば。
 
 そんな中、問題は他人が書いた戯曲をとにかく読まなければいけなかったということだ。
 全部で19本読んだ。
 もう頭の中がト書きと台詞でいっぱいだ。

 先日、北海道戯曲賞の審査が終わったが、この時の最終候補作が7本。
 昨日は劇作家協会のリーディングフェスタというイベントでブラッシュアップの為のゲストとして出演したので、短編戯曲を6本。

 今日の夜は……新人戯曲賞の公開審査会がある。
 最終候補作は6本。
 もう、この公開審査は毎年、本当にプレッシャーを感じる。
 候補作を書いた劇作家も客席に座っている。その中には知り合いだっている。
 その前でああだこうだと話すのだ。

 私は喋るのは大好きなのだが、理路整然と人と議論するのが得意ではない。
 反論に会うと「おおおお……」とすぐに萎んでしまう。
 うまく自分の意見を喋れなかった後悔や、自分の読解力のなさを知ってしまい、毎年、これをやった日から数日は深く落ち込む。

 今年もそうなるのかと思うと、今からとても憂うつだ。

 リーディングから公開審査会まで、誰でもくることができます。
 もし、お時間のある人は座・高円寺までおこし下さいませ。

   * * * *

 入場料
 一日券 \1,500  *プレビューのみ\500、審査会のみ\1,000
 会場
 座・高円寺2

  16:00〜17:30
【1】 新人戯曲賞最終候補作 プレビューリーディング

  それぞれの世界に分け入っていく、愉悦の冒頭15分。
  最終候補作6作品すべてを、15分間ずつドラマリーディングでご紹介。
  聞いておけば、審査会をいっそうディープに楽しめます。

 第21回劇作家協会新人戯曲賞 最終候補作品 (応募戯曲到着順)
  『南吉野村の春』     岡田鉄兵 (大阪府)
  『アキラ君は老け顔』   國吉咲貴 (埼玉県)
  『畳と巡礼』       象千誠 (広島県)
  『少年は銃を抱く』    ハセガワアユム (東京都)
  『ずぶ濡れのハト』    南出謙吾 (東京都)
  『夜明けに、月の手触りを』藤原佳奈 (東京都)

  [ファシリテイター] 古川貴義
  [コーディネイター] 丸尾 聡
  [出演] 荒井るり子(820製作所)、織田裕之(ワタリダロケット)、
   渋谷はるか(文学座)、清水大将(演劇ユニットどうかとおもう)、
   須貝英(monophonic orchestra)、竹田まどか、都築香弥子、坪井未来、
   手塚祐介、廣田健(世の中と演劇するオフィスプロジェクトM)

18:30〜21:00

【2】第21回劇作家協会新人戯曲賞 公開審査会

応募総数189本から、第一次・第二次の選考を経て絞られた6本。
作風の異なる7人の審査員が、新人たちの6作品と対峙して、それぞれの作品が持つ魅力を語り、あるいは魅力を活かしきれない理由を探ります。事前の談義は一切なし。この場で語られることだけで受賞作 が決定する公開討議は、極めて厳正な審査であるとともに、本気の応酬が笑いをも生む知的エンターテイメント。

 [審査員]
  鴻上尚史、坂手洋二、鈴江俊郎、佃 典彦、土田英生、マキノノゾミ、渡辺えり
 [司会]
  鈴木 聡

shinnsa.jpg
 

   * * * *
 
 
 
posted by 土田英生 at 09:30| 東京 ☁| 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする