表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2016年01月03日

よろしくお願いいたします!

 普段は節目なども意識せず、新年なんて関係ないやという、天の邪鬼的な態度で過ごしているのだが、まあ、気分を切り替えるにはいいタイミングではあるね。

 自業自得であることは分かっているのだが……去年の私は一年間どうも薄暗かった。
 
 もちろんそれなりに頑張っていたつもりではあるけど、精神力が続かなかった。

 MONO「ぶた草の庭」、連続ドラマ「保育探偵24時」、土田英生セレクション「算段兄弟」、歪「ソラミミホンネレソラシド」……他にも広島でのワークショップとか、あれとか、これとか、それなりに色々やってはいた。けれど……どこかで力が尽きた。

 次のステップを目指して邁進しなければいけなかったのに、疲れが出てしまった。
 まあ、疲れが出たのは仕事以外のことだと自分では理解できてるんだけど、それは置いておこう。
 

 誰しもそうだが、生物の宿命として身体は少しずつ衰える。
 それを感じながら、合せて気持ちも変化させて行く。
 次はどんなことが待っているんだろうという無邪気な期待を捨て去さってゆく。

 どうもそれが面白くない。
 イヤだ。
 イヤなのだ。

 正月で愛知県の実家に来ている。

 昨日、小学生の甥と将棋をして負けた。
 猛烈に悔しかった。
 「ハハハ、強いなあ。負けちゃったよ」と、いうような大人の対応なんてできなかった。
 「あ、待った、はナシだからな」と、全く同じレベルでたたかってしまった。
 でも、負けた。
 今から将棋の勉強を始めようかとすら思った。

 部屋に絵本が置いてあった。
 それをパラパラめくっていた。
 トリックが隠されている本で、「このページに恐竜が隠れています。見つけてみよう」などと書かれている。全ページに隠されたトリックを解明すれば、最後には宝物の場所が分かるのだ。

 ……気がつけば私は必死になっていた。
 本を逆さまにしてみたり、離れて眺めたりしながら最後まで解いた。
 ただ、どうしても1ページだけ未解決で終わった。
 砂漠に隠れているネコが見つけられなかったのだ。
 
 仕方なく答えを見たが……納得できなかった。
 おいおいおいおい、これがネコって、そりゃないよ。
 これは岩だって。
 これがネコだというなら、こっちの岩の方がネコだろ。 
 正月早々、出版社にメールしてやろうかと思った。
 
 何を書いているんだか。
 えっと、とにかく諦めたくないという話だね。
 無理矢理なつなげ方だけど。
 あのネコくらい無理矢理だ。
 
 一昨年、心機一転して、若い人たちと出会おうと決めた。
 講座をやり、私なりにもう一度演技について考えた。
 その延長線上で、今年はそこで出会った人たちに自分の舞台に出てもらったり、自主企画を手伝ったりした。
 それは自分のモチベーションを再確認しようという試みでもあった。演劇をやってきました、今もぼちぼちやってますよ、という感じでは面白くないのだ。無意味に新しいものを求めるつもりもないが、これまでやって来たことを守っているだけなのもイヤだ。

 きっと、自分より若い人たちと組み、彼らが道を開いて行く過程に自分を重ね合わせたかったんだと思う。しかし、相手は人なのだ。自分の都合のいいようには進んでくれない。
 彼らに支えてもらっていたのではダメだ。

 大事なことは私がやりたいことを、やりたいようにやる、それだけのことだ。
 どんどん新しいことをやってやろう。
 
 まずはMONO「裸に勾玉」。→
 間もなく稽古が始まってしまう。
 のんびりしている時間はない。
 台本を書いているが……おかしな台詞ばかりだ。
 きっとメンバーや出演者も戸惑うと思う。
 やってみて無理なら、また考えたらいいしね。

 今年は去年と同じ感じでは行きたくない。
 だから気持ちを切り替えて……って、中途半端だね。
 もう3日なんだよ。 
 どうせなら31日にこういう気分になれば良かった。
 
 いいや、元々、節目など気にしてないし。
 
 さて、台本の続きを書かないと。
 
 ……あ、でも、一応、年も変わったことだし……今年もよろしくお願いいたします!

 MONO「裸に勾玉」特設サイト→
posted by 土田英生 at 06:03| 愛知 | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする