表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2016年02月25日

稽古は残り一週間になってしまった。

 MONO「裸に勾玉」。
 初日は3月5日。
 稽古の残りが一週間になってしまった。

 最近は初日が東京、最後が大阪だ。
 私たちは京都を本拠地にしているのだが、なぜかそういうスケジュールが多い。
 まあ、京都の劇団といっても奥村君と尾方君は東京に住んでいるし、私もほとんど下北沢にいるし、金替君は大阪にいるし……と、なるとメンバーで京都に住んでいるのは水沼君だけだ。

 ただ、事務所は京都にあるしね。有名な三十三間堂の裏だ。
 黒いコートをきてタクシーに乗り「三十三間堂の裏まで」と告げたら、いきなり運転手さんから「どうですか? 最近の仏教界は?」と、聞かれたことがあった。
 どうやら三十三間堂の関係者だと思われたらしい。どこで創っているとかあんまり関係ないけど、京都芸術センターもあるし、ずっと京都で稽古しているのでやっぱり落ち着く。

 ただ、今回、どうも私に余裕がない。
 理由がわからない。
 今、やっているのはこの公演だけなのに。

 去年の「ぶた草の庭」の時は、「保育探偵24時」という連続ドラマの最後の執筆期間と稽古が重なっていたし、これまでもなんども同時進行でやってきた。今回はそんなことはない。なのに余裕がないのだ。

 気持ちの問題だ。
 理由がわからないと書いたが、正直言って私個人の問題だと思う。
 ま、人は誰でも何かしらを抱えてやっているわけだし、そんなことは理由にはならないね。

 もう一つは……とても難しいのだ。
 今回、台本で苦労したのは台詞だ。
 私は会話を主体にした芝居を書くことが多い。いや、多いというか、それしか書いたことがない。
 会話の中から状況が見えてくるというのが好きなのだ。
 話される会話の内容はなるべくくらだないことにして、そのディディールから全体を想像させていくという方法が……まあ……得意なんだと思う。

 しかしだ。
 今回の舞台は弥生時代。
 おかしな「嘘・弥生言葉」で書いた。そしてテンポやリズム、会話の空気などは日常会話体で書いている時と変えずにやっている。したがって……細かいニュアンスが出しにくいのだ。だから時間がかかる。しかもパソコンだって言葉をちゃんと変換してくれない。
 もう一つ困ったことは、ちょっとした笑える会話を書こうとしても、言葉でごまかせないことだ。
 「◯◯じゃないんだから」などと比喩を使って書くことができない。
 現代を舞台にしている時も、定着しきっていない固有名詞は避けるのだが、それでも現代に生きている私たちが観客と共有できる概念は多い。
 幼いことを言った相手に向かって「小学生じゃないんだから」と書けばすぐに伝わる。しかし時代が弥生時代だとそうはいかない。小学生という概念はないのだ。ああ、苦しい。

 ま、自業自得なんだけど。

 けれど、それでもだ。
 役者の皆がそこに体重を乗せてくれることで、おかしな会話も意味がわかるし、人間同士のやりとりは現代人のそれと変わらない。それは段々と姿を見せてきて、不思議な空間になりつつある。
 いや、役者がよくなってきてるのが、本当にありがたい。
 今回、私のダメ出しももう一つうまくいかないし、稽古場で演出家が持っていなければいけないゆとりをはっきりいって欠いているのだが、それでも役者さんたちは確実に進んでくれている。
 MONOのメンバーも相変わらず信用できるし、山本麻貴、もたい陽子も安定感があるし、若手ということになっている高橋明日香、松原由希子も個性を出してくれている。
 まあ、役者に穴はないね。
 全員が前回からの続投だし、チームワークもいい。

 弥生時代の日常を描いた会話劇を……私は他に知らない。
 だからこそやってみたかったんだけど、途中で何度も引き返したくなった。
 弥生時代を研究している学者たちの話にしてやろうかと、考えたことは何回もあるのだが、そのたびに各所に書てもらった「MONO初の時代劇」という言葉に縛られ、踏みとどまった。
 だけど、それが形になりつつある。
  結構、ドラマドラマしている感じにはなっている気がするけどね。

 まだ、稽古できてないところはたくさんあるし、台本も直したい箇所満載なので、個人的な憂鬱などは脇に追いやって、稽古に全力を尽くそう。
 後悔はしたくないし。

 ということで……。

 裸に勾玉特設サイト→
 MONO FaceBookページ→
 MONOサイト→
 
 特設サイトではみなさんからいただいたMONOの見方が載っていたり、過去の戯曲が読めたり、チケット予約ができたりする。
 FaceBookページではキャストのミニインタビューや、稽古場レポートなども読めますので。
 時間がある方は覗いて見てください。

 そして皆さん、是非、劇場へ! 
 
 
 
posted by 土田英生 at 03:43| 京都 ☀| 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする