表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2016年05月28日

時差と掃除

 本当は昨日の夕方に提出するつもりだった。
 それがさっきになってしまった。

 昨夜は舞台を観る予定が入っていて、本当は出かける前に終わらせるつもりだった。
 後、少しというところで時間が来てしまい、慌てて劇場に向かった。
 開演時間ギリギリに飛び込んだ……つもりが……30分間違えていて早く着いてしまった。
 ああ、30分あれば原稿が出せたかも知れない。
 仕方ない。

 昨日観た舞台は初演も観ていて、ストーリーは知っていた。
 なので役者の演技に集中して観ていた。
 皆、とても上手だった。アンサンブルも取れてたし。中でも私にとっては初めてだった女優さんにすっかり心奪われてしまった。なんだろ? 距離の取り方とか、出す出さないの微妙なサジ加減とか……。

 けれど、そんなことを考えている余裕はなかった。

 急いで下北沢に戻った。
 早く続きを書いて送らなければ。

 けれどお腹が空いていた。
 で、帰る途中でラーメンを食べた。

 私はすっかり大人のくせに、食べたらすぐに眠たくなる。
 それも尋常じゃないのだ。
 時には食べている最中にも目が充血して来たりする。
 きっと、ずっと好きに暮らしてきたせいだ。
 身体に我慢がない。

 事務所に戻ってパソコンの前に座ったが……眠い。
 後、少しのはずなのに進まない。

 自分に苛立った。
 時間があって眠ろうとしても眠れないくせに、締切り前や、人と約束があったりする時だけ眠れるのだ。
 精神的なもんだとは分かっているが、本当にコントロールが利かない。
 
 で……少しだけ眠った。
 
 起きたら12時半だった。
 
 問題はここからだ。

 12時半という時間は常識的に考えて、そろそろ人が眠る時間だ。
 こうなったら2時に提出しようが、4時に提出しようが、いや、なんなら7時に提出しようが変わらないだろうと考えてしまう。

 これが駄目だ。
 勝手な時差があるのだ。
 いつそんなことを覚えたのか分からないが、例えば水曜日が締切りです、と言われると水曜日の夜までを想定してしまう。で、相手は普通、会社に勤めている人が多いので、7時とか8時を過ぎると「あれ? これは明日の朝までに出せばいいのではないか」と、極めて自己都合で考える傾向にある。
 だから私の場合、水曜日が締切りと言われると、それは=木曜日の朝までだと解釈しがちなのだ。
 まあ、それで何度か怒られてるんだけどね。
 
 で、今日も、まあ、そんなことを考えてしまったわけだ。
 すると、不思議なことに途端に書くペースが落ちる。
 急げば30分、いや、かかったとしても1時間半もあれば終わるはずのものなのに進まない。

 書いていたはずが、気がついたらテーブルの汚れを必死で掃除していたり、綿棒でパソコンのキーの間のホコリを取っていたり、爪を切ったり、コーヒーメーカーを掃除したり……そうなのだ。やたらなにかをクリーンにする作業に没頭してしまう。
 
 気がついた時には3時半になっていた。
 きれいになったコーヒーメーカーでコーヒーを淹れる。
 さて、取りかかろう。
 コーヒーを注ごうとカップを見ると、コーヒーのシミというか、洗っても落ちない感じの汚れを発見した。
 早速、漂白する。
 ついでに他のカップもきれいにする。

 4時過ぎたのでさすがにまずいなと思ったが、4時だということは……まあ、6時までに書けばいいだろうと思った。少しずつは進んでいたので、後、1時間は絶対にかからない。
 ということは……5時から書けばいいのだ。

 昨日、劇場でMONOの制作の垣脇に会った。
 その時『裸に勾玉』の仮編集されたDVDを受け取った。
 チェックをしなければいけないのだ。
 まあ、もちろん、それは今日やることではない。

 ……最初のシーンだけ観てみようと思った。

 そして……メモを片手に観始めた。
 これだって、普段、何もない時にチェックしてくれと言われたら面倒なくせに。
 他にやらなければいけないことがあると、こうして観てしまう。
 
 時計を見たら5時を過ぎていた。

 さすがにやばいと思い、そこからは必死でパソコンに向かった。
 で、6時40分頃、原稿を送信。

 予定よりも12時間遅れだ。
 ……ああ、この時差をなんとかしなければ。
 時差12時間って地球の反対側だよ。
 ブラジル辺りだよね。
 ブラジルに住んで、日本の仕事すればきちんと締切りを守れるのかも知れない。
 それだと打合せとか面倒だしね。

 だけど……この時間のせいで色々とキレイになるんだけどね。
 締切りがなくなったら、きっと掃除もしなくなるしね。
 だって掃除が好きな訳ではないし。

 うんんんんん。

 時差と掃除にこんな因果関係が……いやいや、ないよね。
posted by 土田英生 at 07:34| 東京 🌁| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする