表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2016年06月07日

リアルな夢

 ここにも何度か書いているが、私は眠っている時、寝ぼけて行動する癖が残っている。
 微かには覚えているのだが、知らない間に大胆な行動に出たりする。
 朝起きた時、あんトーストを食べた痕跡あったりするのはしばしばだ。
 あれは夢だったのかなと思うと実際に食べていたり、また食べてしまったと思うと夢だったりする。

 いきなり起きて「はーい」と返事をしてドアを開けたりもする。
 誰かがブザーを鳴らしたと確信して飛び起きる。
 しかも前々から起きていた風を装って、わりと元気にドアを開ける事が多い。
 ほとんどの場合、誰もいない。

 小さい頃、と言っても、小学校の半ばまで私はいわゆる夜尿症だった。
 経験がある人は多いと思うが、失敗する時は必ずといっていい程、夢を見ていた。
 トイレに行きたいなあと思っていると、気がつくとちゃんとトイレにいるのだ。
 なんだ、トイレにちゃんと来たんだと思って用を足すと……段々と股間が温かくなって行く。

 気がついた時には失敗しているのだ。

 しかもこの夢が巧妙なのだ。
 どう考えても実際にトイレにいる感じがするのだ。

 まあ、さすがに小学校の高学年ではそれは治った。
 ただ……夢と現実の区別が曖昧なことは結構あった。
 それで人と喧嘩したこともある。
 実際に喋ったとどう考えても思えてしまうのだが、それが夢だったりするのだ。
 
 昨日のことだ。
 昼間、ちょっと別のことをしていて、締切りの原稿に取りかかるのが遅れた。
 夜になってやり出したが、なかなか進まない。
 締切りは朝までだった。
 朝の6時くらいまで頑張っただろうか……けれど、あまり捗っていなかった。
 9時には提出しないといけない。
 残りは3時間。
 書いていたのはドラマのプロットだ。
 プロットと言ってもペラで数枚というよりは、二〇枚くらいの割と細かいストーリーを書かなければいけないものだった。

 眠くて頭が働かなくなったので、仮眠をとることにした。
 15分だけ眠ろうと思った。
 起きたら一気に残りを書こう。
 アラームをセットし横になった。
 と、すぐにアラームが鳴った。
 私は止めて、仕事をすることにした。

 ……ここからだ。

 仕事は捗った。アレをああして、ここをこうして……プロットはどんどんでき上がって行く。
 主人公の設定をこう変えて……。
 おおおお、いい調子だ。

 と、ふと目が覚めた。
 あれ? 
 なんだ?
 気がつくと私はベッドに寝たままだ。

 まずい。夢だったのか?
 そのわりには細かく内容ができていた気がする。
 しかし、実際にはどんなものだったのか思い出せない。

 起きなければ。
 そして実際にやらなければ。

 今度は分かり易いように、プロットを動画で作ってみた。
 これならプロデューサーは分かり易いだろう。
 台本にするより動画で撮った方がいいに決まってる。

 いやいやいや。
 これは完全に夢だ。

 時計を見た。
 締切りの時間だった。
 私はマネージャーにメールをした。
 ちょっと遅れるということを説明した。
 
 さて……。

 そこから同じことの繰り返しだった。
 マネージャーにメールをしたことで安心したのか、プロットを考えては夢だと気づき、また眠って夢で考えるという繰り返しだった。

 正午。
 ハッとして目が覚めた。
 完全に目が覚めた。

 そして……青ざめた。

 眠ってしまっていたのだ。
 けれど、私は思った。
 いや、でも……ほとんどでき上がっているので……問題は……ないはずだ……と思ってパソコンを起ち上げた。画面にはまだまだ全然途中段階のプロットがあった。
 まだ寝ぼけていたらしい。
 ほとんどでき上がっていると思ったのも夢だったようだ。

 マネージャーに電話して事情を話した。
 そしてそこからは実際に書き出した。
 けれど、何度も夢ではないのかと疑った。
 さすがに今度は違ったようだ。

 夢の中とは違って難航した。
 でき上がったのは夜の9時。
 またしても12時間遅れだ。

 そこから休憩し、また手を入れた。
 送信したのは2時半。
 ああ……。

 それにしても今日の昼間の夢はあまりにリアルだった。
 今でもちょっと信じられない。
 
 困ったもんだ。
posted by 土田英生 at 03:56| 東京 🌁| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする