表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2016年07月01日

人生の谷間で稽古開始

 誰にでも様々な場面で壁にぶつかる時期というのはあって、まさしく私は今そうかもなと思ってる。
 劇団のこと、自分が取締役を務める会社のこと、ここに書けない個人的なこと、各方面の問題が一気に重なってやってきてしまった。

 まあ、状況としては完全に人生の谷間だね。
 その谷間から空を見上げる。
 空も曇っている。
 社会の行き先を案じると、暗澹たる気分になる。
 
 私は普段、ほとんど政治のことなどもここに書かない。
 あまり熱心でもないしね。
 けど、さすがに怖いんだよね、今。

 みんなに余裕があれば、政治的なスタンスの差など問題ではない。
 大多数の人たちが、目先の個人的な幸せを求めている時は、あまり他のことは気にならないしね。
 ただ、現在は余裕がない。
 経済的にダメになってくると、人は他にすがるものが欲しくなる。
 これが自分だと言えるものが欲しくなる。
 まあ、それで……求める対象が『国』とかそういうことになっちゃうんだろうね。
 アイデンティティ探しをしちゃうんだよね。

 最も不安に思っているのは、急激に社会が閉じる方向に動いていることだ。

 とにかく基本的人権を制限するという方向にだけは行って欲しくない。
 すぐに演劇などの表現活動だって規制されてしまう。
 国にアイデンティティを求める人たちは、国のためには仕方ない、というけど……だってさ、国民主権だよ。国って私たち全員のことなんだよね。
 だったらなんのためにって話だよ。
 自分たちの首をしめてどうするんだろ。

 犯罪には手を染めないよう、みんなで決めたルールは守りながら、けれど誰もが好きなことをやって暮らす。もう、それだけですわ、私が願うのは。

 なんだか死ぬ間際の老人のつぶやきになってしまったけど、頼むよ。

 ……ま、そんな閉じた社会の中、谷間に落ち込んだ私はそれでも色々と自分のことも考える。
 このまま自分のいいように生きていきたい。
 けれど、現実はなかなか許してくれない。
 何かを捨てなければ、欲しいものなど手に入らないのだ。
 
 だから自分が何を望んでいるのかだけを考えてみる。

 人は自分を変えようとして、色々と考えてみるけれど、だいたいは変わらない。
 ああするのは◯◯という理由で無理、こうするのは××だから無理。
 すると結果、今と同じになってしまう。
 これまでだって自分なりのルールがあり、その範囲で生きている結果が今なのだ。
 だからそれを変えようとしたら、◯◯だから無理だと思っている、そのことを疑ってみることが必要なのだ。
 これまでだって、そうして私は様々な壁を乗り越えてきた。
 ……なんだか、妙に気取った言い方になってしまった。
 乗り越えてきた、だなんて。
 そんなに冒険家でもないくせに。

 けど、まあ、今回も乗り越えるんだけどね。

 まあ、こうして書いていると暗いことばかりのようだが、それでも創作意欲満々なのだ。
 遅れに遅れている原稿も次の締め切りまでには完成させる。

 さらにはちゃんと風呂上がりに意味なく踊るくらいは元気だ。
 目的のない腕立て伏せだってするし、口の中で舌をぐるぐる回して法令線解消だってしている。
 昨日は逆立ちをしてみたりしたし、夜中にダッシュもした。
 
 そして今日からは歪「夢叶えるとか恥ずかし過ぎる」の本格的な稽古が始まる。

 どんな状況にいたって、どんな規模だって、芝居を創るのは楽しい。
 自分の感覚を信じて、方法を考えて、ああだこうだと試してみる。
 と、愉快なものが出来上がるのだ。
 本当、不思議だ。
 ちゃんとやれば、絶対に面白くなるしね。
 
 谷間に気持ちのいい日が差してくれることを願う。
 さ、稽古に行ってこよ。

 あ、毎回客席が少ないので、ご予約はお早めに。
 人生を明るくする舞台にいたしますので。→公演情報

IMG_8859.jpg


 写真は松江で訪れた興雲閣。
 私の大好きな擬洋風建築だった。

 正面から入って二階の踊り場を見上げる。
 光が差していることに希望を持ちたい。
posted by 土田英生 at 11:22| 東京 ☁| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする