表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2016年08月10日

公演終了と大村わたる

 歪「夢叶えるとか恥ずかし過ぎる」が終わった。
 たった3日間の本番だったけど、準備を合わせれば結構な期間になる。
 このユニットは去年もカフェ公演のような形でやっているのだが、今回はもう少しだけ本格的というか……小さいながらも劇場での公演だった。

_MG_2043-2.jpg


 去年は優しい後見人的な感じで終われたのだが、大変になった分、今回は自分のエゴも出てしまった。
 稽古や公演準備の過程で、歪のメンバーである3人に対してもかなり言いたいことを言った。
 いや、言ってしまった。
 もちろん……私は落ち込んだし、反省した。

 けれど、そのことは彼女たちにとってはよかったと思えた。
 本番を見ながら「とてもたくましくなったなあ」と感じたし、演技もはっきりと変わった。
 あれはなんだろ?
 私は体育会的な現場が大嫌いだ。
 精神的に追い込むとか、そんなことで変わるなんてのは勘違いだ。
 けれど、他人から見えてることを指摘する、されることは必要なんだよね。
 
 演劇はどうしたって人間が出てしまう。
 演技にもそうだし、作品を書く立場であれば文字にも現れる。
 だから自分の中にある根本的なところと闘わないと、変れない部分は確実にある。

 ただの結果としての話だけど、まあ、今年の公演はそういう意味でも意義があったね。
 本当、上手になったし。

 もちろん、これからが勝負だ。
 経験から得た発見を、きちんと各々が内面化して、解決していかなければいけない。
 そうすれば半年、いや、一年後にもっと大きく変化するのではないかと期待している。
 
 
 彼女たちはよくなったけど、私は自分の中で勝手にダメージを受けてしまったようで、それが今になってじわじわ効いている。
 人に吐く言葉は自分に返ってくるのだ。
 大人にはこれがキツイね。
 3人はまだまだ変われる年齢だけど、私は……大変なんだよねえ。
 
 いいや。
 成長できる大人になればいいんだしね。
 なんなら背も伸ばそう。牛乳をいっぱい飲もう。
 
 ちょっとくだらないことを書く。

 終わって片付けをし、打ち上げをした次の日。
 午後になってから私は起きた。
 夜に人と会う約束をしていたので、それまでのんびりしようと思っていた。

 と、大村わたるから連絡があった。

 彼も歪のメンバーと同じで、私の「俳優育成講座」に参加していた。
 その後、土田英生セレクションにも出てもらった。
 以来、時々、お茶を飲んだりする仲だ。
 最近は活躍している。

 とてもナイスガイなのだが、どことなくズレている男だ。
 イケメンなのだがそうは見えなかったり、真剣に喋っている言葉が嘘くさかったり、変なことを気にしたり、あるいは気にしなければいけないことを気にしなかったり……まあ、簡単にいえば変わっている男なのだ。
 
 で、彼は歪を観にきてくれ、その時にまたお茶を飲もうと言われていたのた。
 私がゴロゴロしていると彼からメッセージがきた。
 お茶飲みましょうと書いてある。
 そこでスケジュールをやりとりしたら、合う日がないことがわかった。
 今日だったら19時までなら空いていると伝えると、30分後に彼は下北沢にやってきた。
 
 大村わたるは人懐っこい男だ。

 例えば、会って喋っていたとして、帰ろうということになって歩いていると、なぜかついてくる。
 よく訓練された盲導犬のようについてくる。
 しかも距離が近い。

 私も実は人と別れるのが苦手なので、私と大村わたるが会うと、「じゃあ、またね」と言ってから30分は意味なく一緒に歩くことになる。
 しかも私も距離が近いので、私とわたるは寄り添って歩く。
 はたから見たらきっとおかしな光景だ。

 そして……。

 彼と会うと必ずされる会話がある。

「お腹空いてる?」
「少し、ええ、そうですかねえ」
「何が食べたい?」
「そうですねえ……パスタとか」

 これはもう「大村わたる会話」のテキストに載せてもいいくらい決まったやりとりだ。
 今後も出てくるのでこの会話をAとしておこう。
 そうすればそのくだりが出てくる時はAと書けば済む。

 そういえば土田英生セレクションの稽古中も何度もAの会話が交わされた。
 で、実際にパスタを食べたことも何度かある。
 
 しかし、問題はパスタを食べる場所が見つからない時だ。
 土田英生セレクションの稽古帰り、吉祥寺を私とワタルくんは歩いていた。
 きっと、この時も距離が近かったと思う。
 
 Aの会話をした。
 しかし、見つからなかった。
 ところで私はタイ料理が大好きだ。
 で、その時はふと美味しそうなタイ料理の店を見つけた。

「タイ料理は?」
「あ、結構、好きです」
「じゃあ、いい?」
「はいはい」

 で、結果は……どうも彼は辛いのがダメだったらしく、水ばかり頼んでいた。
 私はお金を払いながら、なんだか申し訳ない気持ちになった。

「いや、好きなんです、本当、でも、辛かっただけで……」

 と、彼も何度も言っていた。
 
 で、この前だ。
 下北沢で会っですぐ、Aの会話をした。
 しかし、やはりパスタの店が思いつかなかった。
 よく私が行くタイ料理はどうかと聞いてみた。
 その店は辛くないのだ。

「辛くなかったらいいんだよね?」
「そうなんですよ」

 で、彼は辛くないものを頼んだ。
 ……しかしだ。
 私がすっかり食べ終わっているのに、彼は全く箸が進んでいない。
 相談もあると言っていたので、私は早く店を出て、お茶でも飲もうと思っていた。
 
「早く食べなよ。コーヒー飲もうよ」

 と、彼は言った。

「……土田さん、これ、食べます?」
「え? ダメだったの?」
「はい」

 そうなのだ。どうもお口に合わなかったようだ。
 辛くないのに……。
 もう、これからは絶対にワタルくんとはパスタしか食べないと決めた。

 そして別れる時、私が渋谷まで行くと伝えると、やはり彼も渋谷まで一緒に電車に乗った。
 ……おかしな男だ。
posted by 土田英生 at 05:48| 東京 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする