表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2016年08月30日

宮崎、今後。

 宮崎から戻ってきて3日経った。
 やっと現実に戻った気がする。
 それにしても宮崎の最後の5日間は本当に最高の環境だったね。
 青島のビーチから徒歩3分。

IMG_9180.jpg


 ホテルには露天の広い天然温泉もある。
 朝食を食べて、少し泳いだりして、それから温泉に入り、昼寝してから執筆。
 ……なんだ、このご身分は。
 これが永遠に続くなら、私は迷いなく宮崎に引越したいと思った。
 書いている芝居にサーフィンが出てくる。
 なので……体験もさせてもらった。
 ひっくり返りながら、それでも何回かはボードの上に立てて……まずいね、ハマりそうな気がする。けれど、かなりキツイのだ。あんなに体力を消耗するとは思ってもみなかった。やっていたのは2時間半くらいなのだが、途中で休憩した時、息が完全に上がってしまっていた。
 さらには休憩中も私は喋りまくったので、休憩にならなかった。

007.jpg

 
 サーフィンが取材なのかどうか……ここで頑張らないとただ遊んでいると思われてしまう。
 だからその日はめちゃくちゃ頑張って書こうと思っていた。けれど……ホテルに戻って温泉に入り、そしたらとても気持ち良く昼寝してしまった。
 
 けれど、それでバチが当たったのかもしれない。
 夜、スーパーまで買い物に行こうと夜道を歩いていたら、思い切り転んだ。
 iPhoneの画面はバリバリに割れ、膝からは血が流れた。
 ホテルに戻っても血は止まらない。ホテルのフロントに行って、手当てをしてもらった。

IMG_9198.jpg

 
 まだ、結構、痛い……。
 iPhoneも直さなければいけない。
 
 最終日の朝、チェックアウトしてからは飛行機の時間まで、最後の取材に連れて行ってもらった。
 飛行機が羽田に着くと、いきなり色々な知り合いから連絡がきていた。
 なんでみんな、分かるんだろう?
 その夜は三人と会うことになった。
 皆から「焼けてますね」と言われた。
 そりゃ、そうだ。
 歪の「夢叶えるとか恥ずかし過ぎる」で、私は「エロかりんとう」と呼ばれる役をやったが、本当にかりんとうになってしまった。しかも黒糖かりんとうという感じだ。
 
 翌日は壁ノ花団「水入らずの星」を見た。
 MONOもメンバー5人のうち、3人がかかわっている公演だ。
 水沼くんが演出、金替くんは出演、そして奥村くんは舞台美術。

4834961631854.LINE.jpg


 夜にはそのままMONOのミーティングをする予定だったので、バラシを少し手伝だった。

 で、8時から10時まで話し合い。
 MONOの今後についてだ。まあ、わりとシビアな話。
 プラン9の公演に大阪で出演していた尾方くんは来られなかったけど、現状の話をして、私が考えている案を話し、それについて皆から様々な意見をもらった。
 私も宮崎にいる間に、自分のことを含めて色々と考えた。
 大きな転換点にいるのは確かだ。
 
 MONOは結成26年。
 メンバーもほぼ変わっていない。
 それにしては人間関係などもうまく行っている方だと思うし、大きな問題もない。
 けれど、これまで安定しすぎていたのかもしれないね。
 主宰者と一部のメンバーだけが上にいて、下がそれを支えるという構造の集団にしたくなくて、これまで気をつけていたつもりだ。おかげで派閥やイジメもなく、かなりフラットに活動してきてこれたと思う。
 メンバー5人も仲がいい。信用している。
 人気劇団ではないが、それなりに評価もしてもらってきたのだと思うし、今でも楽しみにしてくれるお客さんはいる。私自身もまだまだ書きたいことはたくさんある。もっと面白い舞台を創れると思っている。
 
 ただ、このままでいいのか?
 個人的にはここ5年くらいずっと考えていた気がする。
 だから若いメンバーとkittというユニットをやったり、俳優講座をやってみたり、歪にも関わった。
 
 私の出した案には色々と懸念も出た。
 正直いって、細かいプランや勝算があるわけではないのだ。
 けれど、まずは一歩踏み出し、そこからまた様々な問題や利点を発見し、形を変えていけばいい。
 これまでだって、その時々で流れるようにやってきた。
 けれど、危ないと思えば立ち止まり、軌道修正を繰り返して今があるのだ。

 だから、これからだってそうしてやっていくしかない。
 
 もっと具体的にはしないとダメだと思うけど、新しいものを生み出す気概をなくさず頑張ろう。
 昨日、久しぶりに「バロン」を観た。
 毎回、同じ台詞、同じシーンで泣いてしまう。
 想像力が、ものを生み出す力が現実を変える。

 そんな夢物語だが、作品を創ることで、社会や人にコミットできるという希望はなくしたくないしね。

 そのためにも真っ直ぐやっていこう。サーフィンも楽しかったけど、やっぱり私は舞台を創るのが一番楽しいいしね。
posted by 土田英生 at 14:48| 東京 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする