表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2016年11月24日

刺激

 今日は劇作家協会関西支部のイベント『劇作バトル!』。
 会場は大阪だ。
 朝、下北沢から移動。

 それにしても先月あたりからかなりウロウロしているな。
 東京→大阪→東京→群馬→東京→坂出→東京→広島→東京→京都→奈良→宮崎→東京→姫路→東京→大阪→京都……今はここだ。

 あまりに不規則なせいか、なんだか食欲などがおかしい。
 この前、姫路から東京に移動した時もそうだった。
 一睡もせずに6時代の新幹線に乗り、妙にお腹が空いていた私は但馬牛の牛めし弁当を買った。そして食べたら思いの外美味しかった。
 ちょうと食べ終わった時だ。
 前に座っていた女性が、立ち上がって伸びをした。
 そして振り向いた。
 どういう訳だか長い間目が合った。
 と、私は無意識に「ああ、美味しかった」と彼女に向かって言ってしまった。
 そういえば、今日も朝から焼肉弁当を食べた。
 
 このイベントは去年が最初で、前回はイキウメの前川知大君の『語る室』だった。
 今年はヨーロッパ企画の上田誠君。
 取り上げさせてもらった戯曲は『月とスイートスポット』だ。
 これは上演も私は観ている。

Cx3IuZIVIAAeMV5.jpg


 最初に前半30分くらいのリーディング。
 横山拓也君が演出して、関西で活躍している役者さんたちが読んだ。
 それから……私と上田君でトークだ。
 彼のことはわかっているつもりになっていたが、話せば話すほど、自分との違いが明確になっていく。
 しかし、そういう書き方もあるのかと勉強になった。
 
 こういう企画は何より私にとって刺激になる。
 他人の書いたものを何回も読むし、そして話して理解も深まり、私の視野は広がる。
 お得だ。
 随分と前のことになるが、『劇作解体新書』というイベントをやらせてもらった時もそうだった。
 あの時も大変なメンバーだったしね。敬称略するが、小林賢太郎、長塚圭史、倉持裕、ケラリーノ・サンドロヴィッチ。
 
 まあ、そうした刺激を自作に生かさないとね。
 情報公開されたので一応宣伝。
 
 MONO公演『ハテノウタ』……これについては改めて。
 
mono44_1123.jpg

 
posted by 土田英生 at 03:32| 京都 ☁| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする