表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2017年01月03日

今年もよろしくお願いいたします

 年末年始も全く関係なく過ごしている。
 30日に打ち合わせが終わり、それから下北沢の事務所に引きこもり脚本を書いている。
 31日に外に出たけど、それからはローソンとセブンイレブンにしか行っていない。
 気がついたら元旦の3時くらいだったし。
 誰にも「あけましておめでとう」などという言葉もかけていない。
 あ、ローソンで知り合いの店員さんから「今年もよろしくお願いします」と言われて、「いや、こちらこそ」と答えただけだ。
 
 けれど、挨拶くらいはしないと。そう思ってこれを書いている。
 
 今年もよろしくお願いします。

 とにかく去年の終わりは慌ただしかった。
 宮崎で上演する『板子乗降臨(いたこのりこうりん)』の初稿を上げ、小説の最終校正も終わった。
 遅れに遅れたが、小説はこのままだとMONOの公演までには出版できるはずだ。

 同時にドラマの脚本にも取り掛かっていたのだが、なかなか世界に入れなかった。
 最初はすっと入れそうな気がしてたんだけどね。
 やっぱりそんなに簡単にはいかない。

 どんな作品の時もそうだ。
 最初は世界が掴めない。
 登場人物も自分の中にいない。
 だから「えっと、この人はこういう癖がある設定だから……」などと頭を使って書く。何度も構想のメモを確認しながら書く。それが世界を掴んで、というか、入り切ると登場人物が勝手に動き喋り出す。
 
 それにはどうしても一定の時間がかかる。
 そこまでは本当に苦しい。
 忙しかったのもあるのかなあ。
 一つの世界にどっぷり浸かれないしね。

 まあ、そんなこんなでもがきながら12月後半を過ごした。
 音響の佐藤こうじ君ややっているソニードワークショップに出たり、猫のホテルの千葉さん、カムカムミニキーナの松村さんとのトークなどもやった。

 もう随分と昔の気がする。

 暦などもあまり気にかけずに過ごしている方だけど、それでもせっかくなので心機一転しよう。
 去年は何かと辛かった。

 今年は上を向いて歩こう。

 明日(今日?)は京都で行われる劇研寄席にゲストで出る。→
 2年前の飲み会で『出る』と宣言してしまったやつだ。
 こわい。落語を人前で披露したことなどないのだ。前から少しずつ用意はしていたけど、脚本で頭がいっぱいになっていて、ちゃんとは稽古していない。
 一昨日、アッチャマンに電話した。
 『右左交互に見て喋ったらいいの?』という、そんなことで落語をやるなよという質問をした。
 今日は水沼君に電話した。
 『台詞って完璧に覚えてやってるの?』という、素人丸出しの質問をした。
 7時の新幹線で移動。
 こうなったら新幹線の中で練習だ。
 ブツブツ言いながら京都まで行こう。
 『そうだ、ブツブツ言いながら行こう』だ。

 いや、きっと眠るな……。
 徹夜で今からやろう。
 15年続けてきて、最後らしいし。
 呼んでくれた他のメンバーに迷惑はかけたくない。
 
 終わったらすぐに東京に戻り、ドラマの世界に舞い戻らないといけないけどね。
 とにかくなんでも精一杯やるだけだ。

 今年は前半からいろいろある。

 2月は「板子乗降臨」→
 書き下ろし小説の出版
 3月にはMONO『ハテノウタ』→
 夏にも舞台を予定しているし、秋にもやろうと思っている。
 
 『ハテノウタ』の稽古は今月中旬から始まる。台本はまだ最初の部分しかない。けれど随分と前から構想を練ってきたので、世界はすでに掴めていると思う。
 簡単な箱書きも終わってるしね。あとは台詞にしないといけないけど。
 実は台詞を書くのはそんなに大変じゃないのだ。
 話が転がるかどうか。そこでいつも悩んでいるのだ。
 まあ、書いてみたら転がらずに苦しむことも多々あるけど。
 けど、一年前から考えていた設定だし。
 同じ設定で大分のワークショップでは15分のものを創り、広島の俳優講座では「はてにひとはな」というタイトルで45分の作品にした。
 もちろん、登場人物なども全部違うし、全く新しい作品ではあるんだけど、少なくとも手触りはすでにある。

 ……なんだか自分に言い聞かせているような文章だ。

 MONOの5人に加えて、常連の若手女優さんが3人。

 そこに浦嶋りんこさんが加わる。

 本当、人間的にも素敵な人だ。
 豪快で明るく、けれど内側は繊細。
 りんこさんと出会ったのは……何年前だっけ?
 いしいしんじさん原作で、倉持裕さん脚本の音楽劇『トリツカレ男』で私は演出を担当した。
 クラムボンの原田郁子さんや、尾藤イサオさんとともに、りんこさんも出演していた。その休憩中に『ストレートプレイもしたい』と話してくれていた記憶がある。
 その後、文化庁主催公演で私が演出する舞台にも出てもらったが、私としてはやはりMONOで一緒にやりたいという願いを持っていた。

 今回の『ハテノウタ』はタイトル通り歌が出てくる。
 そしてMONOのメンバーは……全員……歌が……そんなに……。
 そうなると『浦嶋りんこ』しかいないではないか。
 アンサンブル的な会話劇の骨子は残し、そこに歌が加わる。
 きっとうまくいくね。

44チラシ.jpg

 
 ……けれど、その前にドラマ脚本。
 いや、その前に落語だった。
 
posted by 土田英生 at 04:20| 東京 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする