表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2017年01月17日

『ハテノウタ』稽古初日。諸々告知

 昨日は朝からドラマの脚本打ち合わせをし、夕方に下北沢に戻った。
 打合せで話したことを自分の中に落とし込むために、しばらく構想を考える。
 夜、メディキット宮崎県民センターで上演する『板子乗降臨』の直しの残りに取り掛かった。
 終わったのが1時過ぎ。
 思ったよりかかってしまった。
 3時頃まで眠って、MONO『ハテノウタ』。
 今日の午後まで書いて、そのまま京都に移動。

 ……とにかく苦しい1日だった。
 いや、まだこういう日々は続くんだけどね。

 雪の残る京都で『ハテノウタ』稽古初日。
 他の舞台に出演中の浦島りんこさんの参加は少し先になるので、出てくるまでの部分を作る。
 台本を何度も読んでもらい、ここが足りないとか削ろうととか、あたりをつけていく。
 自分なりには掴めた気がする。
 あとはそれぞれのキャラクターだね。まだ、一人一人の方向性が決まっていない。
 
 
keikoshonichi.jpg


 そんなこんなで……色々と告知をしておこう。
 
 まずはMONO『ハテノウタ』。
 3月から大阪、北九州、四日市、東京の4箇所で公演。
 同級生たちが最後に過ごす、切なく愛しい時間。
 →「ハテノウタ」特設サイト

 そして明日から稽古が始まる『板子乗降臨』。
 いたこのりこうりん、と読む。
 普段、稽古場を見ながら台本を修正していく私にとっては、それができないと台本自体が不安だ。けれど演出の永山さんを信用しているので、お任せするだけだね。
 →サイト

 あとは……。
 遅れに遅れていた小説が、2月末に河出書房新社から出版されるね。
 タイトルは『プログラム』。
 いくつもの短編がつながって、一つの長編になっている。新たに書いたものから、これまでに舞台で使った設定なども使い、全体を『燕のいる駅』という作品の世界観で包んだ感じというか。

 他には……ええと……今、必死に取り組んでいるドラマの情報公開はまだできないし……。

 あ、朝ドラ「べっぴんさん」にちょっと出演している。もしかしたらもう終わってしまったかも知れない。
 
 そんなこんなで、てんやわんやな1月。
 やりきらないとね。

 ……久しぶりの京都。
 自宅の仕事部屋。
 
 眠ろう。
 
posted by 土田英生 at 04:06| 京都 ☀| 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする