表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2017年06月10日

寝よう

 朝になったというのに眠れないので書いている。
 
 先月の25日に東京に移動してきて、また今日、舞台を1本観てから京都に戻るつもりなのだが、全くいろんなことが進んでいない。
 本当は書かなければいけないものもあるのに。
 なにより「きゅうりの花」の台本の改訂を急がないといけない。

 プライベートなことなので詳細を書くのを控えるけど、個人的な問題に区切りをつけたことで、新たな問題も浮上してきたりして……まあ、静かに大騒ぎという感じだ。人には「最近は引きこもってまして」と話したりしているのだが、それでも色々と舞台を観ていた。

 浦島りんこさんのライブ、木ノ下歌舞伎「東海道四谷怪談ー通し上演」、匿名劇壇「レモンキャンディ」、iaku「粛々と運針」、マームとジプシー・ひび「ひびの、ひび/3×3=6月。9月じゃなくて」、新感線「髑髏城の七人」、そして今日はFUKAIPRODUCE羽衣「愛死に」を観る。
 観たかったものはたくさんあったけど無理だった。イキウメ「天の敵」とか岩松さんの「少女のミウ」、いや、またまだ他にもあったけど……小説のトークイベントや劇作家協会の月一リーディングのゲストなどもやったし、秋にやる予定の芝居のミーティングなどもしていたし、友達ともたくさん会う約束もあったし。
 
 しかし、人の芝居を観ている場合ではない気がするな。
 他人の舞台などを観ていると色々とアイデアも浮かぶし、人の相談に乗っていると「こうしたら?」などと意見も言えるんだけど、頭の片隅で「お前はどうなんだ」という声がずっと聞こえているんだよねえ。
 いや、実は随分と前から気づいていたんだよね。
 自分の欠点というか、足りないものに。
 だけど目先の仕事などにかまけて見ないようにしていたのだと思う。
 しかし、逃げられないなという気がしてきた。

 この前、ケラさんとサシ飲みをする機会があった。
 先輩とゆっくり喋る機会はなかなかないので、色々と質問をした。

 それからもずっと考えている。
 こんな社会の中で、なにを創っていきたいと私は思っているのか。
 いや、そもそも創作のモチベーションをどこに置いているのかとか、果たして私はこのまま作品を創っていけるのかとか、一度、そのことも含めて見直した方がいいんじゃないかとか……。

 やりたいことは思いつくんだけど、それに自分の実力がついて行ってない気がするんだよね。
 ロマンチックな思いに酔っている場合じゃないけど、これまで持っていると信じていた何かが、気づいたら見当たらなかったような気分だ。
 本当にこのまま書いてていいのだろうか、と考えちゃうんだよね。
 「きゅうりの花」を書き直しが途中でちょっと止まっているのも、それが原因だ。
 昔、上演した時は評判もよかった。劇団の代表作だと言われたりもした。
 けど、その時の記憶だけでは作品は創れない。
 中途半端なことはしたくないし。

 いや、まずだ。
 何より、自信を取り戻さないといけない。
 もしも……いや、やめよう。
 考えるだけでぞっとするし。寝よう。
posted by 土田英生 at 06:10| 東京 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする