表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2017年07月18日

稽古は順調

 随分と更新を怠けた。

 「きゅうりの花」の稽古は着々と進んでいる。
 毎日三鷹に通っている。

IMG_6616.jpg


 芝居が本当にいい感じになってきた。すると宣伝したくなる。なので久しぶりに書こうと思った。
 ……なんだこれ?
 「着物をもらった。これは夏に着るものであろう。夏まで生きてみようと思った」みたいな感じだ。
 正確じゃないけど、太宰治の小説にこんなのあったよね。
 
 とにかく稽古はいい感じになって来た。

 私の創る芝居は、どうも役者さんを不自由にさせる。
 そのことは前々から分かっていたことだ。

 役者さんは誰だって自由に伸び伸び演技したいんだと思う。
 けれど、私が書く台詞はあるリズムを共有することで成り立つようにできている。意図的ではないけど、そういう風にしか書けないのだ。

 だから、面白くする為には全員でリズムを作らないといけない。
 当然、制限がかかる。不自由になる。
 一人でもそこで自由自在に演技してしまうと壊れてしまうのだ。
 これは自分の台本の弱点だとも思っている。
 
 MONOでやるときはその文法を皆が共有しているので問題はない。
 しかし、プロデュース公演などをすると、どうしてもそのすり合わせに時間がかかる。
 いくら素晴らしい役者さんたちが揃っても、シーンが成立しなかったりすることがある。

 で、とにかく最初はリズムを揃えることを求めた。
 それが出来上がってから、役者個々の魅力を引き出そうと思ったのだ。
 なので無理を承知で、形を作ることを急いだ。
 
 今回のメンバーはそれに付き合ってくれた。
 と……一昨日くらいから突然芝居が動き出した。
 リズムが出来てきただけではなく、個々の役者も光り出した。

 今日の通し稽古も良かった。

 神田くんはほぼ初舞台なので新鮮なのは当たり前だけど、諏訪雅くんも加藤啓くんも千葉雅子さんも内田淳子さんも……普段の演技と少し違って見える。
 まあ、金替と私は……どうしても新鮮さには欠けるけど、それは仕方ない。

 とにかく今、ここまで行けてたら大丈夫だ。
 あとは精度を高めながら、新しい工夫を入れて行こう。
 幸いにも全部で10回以上通し稽古ができる。
 15年ぶりに上演する「きゅうりの花」だが、うん、いい作品になると思う。
 
 みなさん、お待ちしています、心から。

 「きゅうりの花」特設サイト

IMG_0101.jpg


 あ、明日(19日)はトークイベントもします!
 こじんまりした会場(お店)で、のんびりとトークする予定ですので、お時間のある方はぜひ。
 フラッと来てくださっても大丈夫だと思います。諏訪くんと私で喋りますが、もしかしたら他の出演者も顔を出してくれるかも知れません。
 
 詳細はコチラから!

 やっぱり稽古が楽しいと自分自身も落ち着いてくるね。
 
 TwitterやFaceBookなどをスマホから抜いていた。
 少しだけネット上の社会生活に疲れを感じていたからだ。
 けれど、やっぱり不便だね。
 頑張って発信していかないとね。
posted by 土田英生 at 03:19| 東京 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする