表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2018年03月10日

いよいよ初日! 「隣の芝生も。」

長い間、更新しなかった。
それには理由がある。もちろん忙しかったのもあるが、それでも私は忙しい時ほどブログを更新したくなるので、それが一番の原因ではない。

私は仕事や写真のデータなどを外付けのハードディスクに保存していたのだが、それが突然故障してしまいそれらが全て取り出せなくなったのが大きい。それでなんだかパソコンを触るのが嫌になってしまったのだ。もちろん仕事ではMacを使って書いているけど、それ以外で使うことがなくなってしまった。

 しかし、明日はMONO「隣の芝生も。」の初日なので思い切って更新することにした。宣伝しないといけないしね。まあ、Macを劇場に置いてきてしまったのでこれもiPhoneで書いてはいるんだけど。

 今回も台本を書くのには苦労したけど、なんだろ? なんだか……台本を書くモチベーションが今までと違ってきた。どうしてこんな思いをしているのか分からなくなることが多くなった。何が面白いのか、と、頭の中が真っ白になる変な感覚に何度も襲われた。こんなことは初めてだ。自分の中で何が起きてるのかと自問した。

 書いているときは本当に孤独で、どうしても理解者を求めたくなっちゃうんだよね。けれどそんなことはどだい無理な話なのだ。MONOで新作を書くことと、自分が作りたいものはイコールだと思い過ぎていたのかも知れない。皆からもらう声に助けられることも多くあるんだけど、同時にそのことでやりたかったことが分からなくなってしまうこともある。想いを突き通す力と、そのことから生じる孤独に耐える強靭な精神力が必要だ。どうも私はそこが弱いね。これは愚痴でもなんでもなく、本当にそう思う。劇団や気心知れたメンバーに甘えたらダメなのだ。
 
 途中からはそのことにかなり自覚的になった。だからおかしな感覚だった。やる気満々で元気な自分のすぐ裏側には別の自分が座っていた。

 今回の芝居がどんな風に映るのかは幕が上がってみないと分からないけど、今の私にできることは自分の思いに正直に舞台と向かい合うことだけだね。その後のことは終わってから考えればいい。
 
初日前は最もナーバスになるね。

 けど、今創れるものを、みっともなく創ったつもりだ。なので……皆に観てもらいたい。

 MONO「隣の芝生も。」
 情報は以下から!

 

posted by 土田英生 at 01:16| 京都 ☁| MONO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする