表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2018年07月26日

最後にはうまく行く

 私はもともと感覚だけでいろんなことを済ませてきた。
 綿密な計画を立てたこともなく、台本を書く時もほとんどプロットを立てず、行き当たりばったりで様々なものを書いてきた。

 現在稽古中のテアトル・エコー「青い鳥たち、カゴから」も稽古初日までに半分くらいの台本を書き、あとは稽古を見ながら次のシーンを書いた。だからラストは想像していなかったものになったりしている。
 自分の劇団であるMONOでも同じ進め方だし、もっと言えばドラマを書く時だって最終回を決めずに書いている有様だ。

 ドラマ「斉藤さん2」を書いた時……ラストにしようと思っていたエピソードを9話で書いてしまい、最終回の10話を書く時に苦しんだ記憶もある。

 映画にもしてもらった「約三十の嘘」の舞台版を最初に劇団に書いた時もそうだった。
 これは詐欺師たちの話で、誰が裏切っているのかということがストーリーの軸になる。
 けれど犯人を決めずに書き始めてしまったので、ラストシーンの手前で大いに苦しんだ。
 部屋の中を「誰だよ、裏切っているのは」と叫びながら歩き回った。

 けれど、常に一つだけ言い聞かせていることは「最後はうまく行く」ということだ。
 
 この前まで書いていたドラマ「崖っぷちホテル!」でも決めていたことは「ラストにはホテルが再生していて、うまく行っている」ということだけだった。

 そんなこんなで自分の人生に戻る。

 ここでも私が欲しいのは「最後はうまく行く」という言葉だ。
 どうしてもその言葉だけは欲しくなってしまう。
 
 けれど、それに他人が関係してくる場合、その言葉は約束されない。
 嘘でもいいから、その言葉が欲しい。
 なのに……ゴールはないのだ。
 日々の積み重ねの先にしか道が見えないようだ。
 霧の中を進むしかない。

 そして……約束されないことで、焦ってしまい、どんどん悪循環に陥っていく。

 だから、いや、けれど自分に言い聞かす。

 『最後にはうまく行く』

 そうしないと、自信を持って立てないからだ。
posted by 土田英生 at 03:23| 東京 ☁| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする