表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2019年08月25日

駆け足で。

 あまりに久しぶり過ぎて書くことがない。
 いや、書こうとするとあれもこれもとなって逆に書く気力が失せる。
 
 なんとか簡潔に書ききってやる。
 前回の更新は6月8日。
 MONO特別企画『涙目コント』をやりますよということと、映画を創ろうとしていますという内容だった。
 そこから今日までを駆け足で振り返ろう。
 
 6月は映画の為にロケハンや打ち合わせを繰り返し、月末には秩父にある廃校になった場所を借りて撮影をした。

008.jpg

 東京から通うには遠いので泊まり込んでの撮影だった。
 MONOメンバーも全員出演している。

IMG_4056.jpg

 ↑これは宿泊先近くのコンビニでの写真。
 初めての監督であたふたしたけど、無事に撮影は終了。編集はこれから。秋にはなんとか完成させたい。

 
 7月に入ってからは『涙目コント』の稽古。
 前川くん、平塚くん、横山くんから提供してもらった台本に加え、つなぎを私が書いた。

 8月からは三鷹と京都で公演。
 おかげさまでお客さんもたくさんきてくれて、京都は全ての回でソールドアウトだった。キャパが小さいとはいえ、いつ以来だろ?
 京都での会場は新しくできたTheater E9 Kyoto。

_MG_1782.jpg

 
 水沼くんと尾方くんはスケジュールの関係で声のみの出演となったけど、劇団結成30周年にやる特別企画としてはいい公演になったと思う。

IMG_4399.jpg

 ↑撮影・谷古宇正彦

 京都での本番を終え、すぐに長野県の上田で行われた劇作家大会に参加。
 私はお城を歩きながら話したり、レセプションの司会をしたり、シンポジウムで話したり、飲みに行って話したり……ま、話してばかりいた。
 
IMG_4479.jpg

 ↑これは閉会式、裏から撮った写真。

IMG_4469.jpg

 会場は私にとってはすっかり馴染みなったサントミューゼだったので、その点気が楽だった。

 そして東京に戻ってきたのだが……やや疲れが出てしまったようだ。

 気分もやや塞ぎ気味だ。
 世界が確実に閉じて行っていることと、自分の周りでも親しい人たちの嫌な噂などを聞いたことがきっかけだ。
 月末には京都に戻るので、東京にいる間、ちょこちょこ仕事をしながら、友達とご飯に行ったり、〇〇〇〇に行ったりしようと思っていたのだが、自分から動く気力が湧かない。
 明日は誘ってもらったので出かけるけど。
 ま、気分転換しよう。
 最近、本当に嫌な話ばっかり聞いてるしね。
 
 それにしても社会の視野が狭まっている。
 皆が感情優先で動き、理屈で考えることを放棄している。
 先のことを考えると絶望したくなるけど、なんとか新しい物語を構築するしかないよね。

 気持ちを新たにして、上を向き、先のことを考えよう。
 やらないといけないこともたくさんあるのだ。
 映画の編集、新しい小説の執筆、秋に上田でやる「怠惰なマネキン」の書き直し、来年の公演の準備……。
 頑張らないとね。

 最後に告知をして終わろう。

 28日から『なるべく派手な服を着る』をTABACCHIという団体が上演してくれる。→
 30日には私も観てトークに出演します。

 そして10月には『相対的浮世絵』が東京は本多劇場・大阪はCOOL JAPAN PARK OSAKA WWホールで上演されます。→
 青木豪・演出で、出演は山本亮太(宇宙Six/ジャニーズJr.)、伊礼彼方、石田明(NON STYLE)、玉置玲央、山西惇。
 
 そして上田のサントミューゼでは「怠惰なマネキン」を上演。→
 作、演出は私。舞台美術を奥村泰彦くんがやってくれてます。
 出演はMONOから石丸奈菜美、高橋明日香、立川茜、渡辺啓太。そして青年団の古屋隆太さん。

 
 また、くだらない話も書かないと。
 結構、たくさんたまってるんだよね、エピソードが。
 
posted by 土田英生 at 03:03| 京都 | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする