表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2018年07月19日

テアトル・エコーは残り三週間、そしてMONOのこととか

 連日、テアトル・エコー「青い鳥たち、カゴから」の稽古。

 やっと自分でも作品世界が見えてきた気がする。
 本当に不思議だけど、日々の発見の中から、段々と視界がひらけてくるんだよねえ。

 初めての役者さんたちと稽古を重ねながら、どんどん作品は方向を変えていく。
 こういう役割にしようと考えて台本を書き始めたはずの登場人物が、すっかり今は違ったキャラクターになってしまったりしている。
 だから最初に思っていた着地点からは随分と離れてきた。
 まだラストシーンは作っていない。
 一体、どうなるんだろう?

 けど、それでいいと考えている。
 
 もちろんベースに自分の好みというか、「こういうことはやりたくない」とか、「ここだけはこうしたい」という部分もあるけど、今回私が心がけて試しているのは、役者を見ながら創って行くという方法だ。

 まあ、初心に戻ったといってもいいかも知れない。

 そもそも書く仕事など目指してなかった私は、MONOでの公演をする為に台本を書いていただけだった。やりたいモチーフを、役者に合わせてこねくり回している内に作品が出来上がるという感じだったのだ。

 だから劇作家だという意識もなかった。
 そういえば劇作家協会へ入会を勧められた時も「私は劇作家ではありません」などという手紙を書いたくらいだ。

 まあ、あの時は入会する為に払うお金もなかったけど。

 ここで話がそれるけど……。
 
 結局、劇作家協会には入ることになり、お金がなかった私は、母親からお金を借りようと愛知の実家に電話をした。

 「あんたは他のものに使うかも知れんで、私が直接振り込むわ。だで、口座番号を教えなさい」

 私は従ったのだが……翌日、母から悲壮な声で電話があった。
 
「英生、どうしよう? お母さん、キャッシュカードで振り込んだもんで、土田佳子の名前で入金しちゃったがね」

 当時は振り込みと同時に入会だった記憶がある。だから私の母は、私より先に劇作家協会に入ってしまったことになるね。
 まあ、後日、事務局に電話して訂正したけど。

 どうでもいいエピソードになってしまった。

 書きたかったのはいつの間にか、すっかり劇作家気分でいたけど、そもそも私はそんなスタートではなかったし、得意なことは、稽古場から何かを見つけることだと思い出した。

 だから今回はテアトル・エコーとコラボするつもりで作品を創っている。稽古場で書いている感覚だ。
 役者さんたちもとてもいい人で、あっち行ったりこっち戻ったりに付き合ってくれている。

 稽古は残り三週間。
 面白いものにしたい。

 そんな稽古場で、私の横に座り、冷静に導いてくれているのが演出助手の小泉さんだ。
 彼女もテアトル・エコーの役者で、「約三十の嘘」をやってくれたこともある人だ。

IMG_1531.jpg


 私は彼女を「先生」と呼んでいる。
 校正などをしていたこともあるらしく、台本の矛盾も正してくれるし、私が稽古中に喋る無駄なエピソードを制止してくれるし、毎日私にアーモンドとチョコレートも出してくれる。
 まあ、先生と呼んでいる理由は、むしろメガネ姿からの安易なイメージからな気もするけど。

 この前、彼女とメガネを外すのは恥ずかしいという話で一致した。
 そうなのだ。
 私はメガネを外すくらいなら、メガネをかけたまま全裸になった方がいい、というくらい素顔をさらすことには抵抗がある。

 やがて話している内に……こんなことじゃダメだよね、自分を変えないとね、その為には新しい冒険しないといけないよね、など発展していき……二人でメガネを外してみることになった。

IMG_E1529.jpg

 
 とても小さな冒険だ。
 こんなことでは自分は変えられない。
 しかも、恥ずかしいので写真のサイズは小さくしてある。
 
 
 「青い鳥たち、カゴから」
 皆様、お待ちしております。

 →サイト

 今日は稽古場に立川茜さん、渡辺啓太くんが見学にきた。

 先日、MONOに4人のメンバーが正式に加入した。
 そのうちの二人だ。
 立川さんは今回の出演者であるエコーの山西愛子さんと、別のワークショップで一緒になったことがあるらしくて知り合いなのだ。だから一緒に写真を撮った。

IMG_1544.jpg


 私がメガネをかけているので、この写真のサイズは少し大きくしてある。
 
 7月14日にMONO新メンバー加入を発表した。→「新メンバー加入のお知らせ」

 これからも作品を創っていく為にも、新しい力が必要だと思ったのだ。
 
 いずれ発表になると思うけれど、来年は公演をたくさんやる。
 いろんな場所にも行く。

 少し違った風を吹かせたい。


 ……まあ、本当はこんなことを書いている余裕もない。
 さっきも書いたけど、初日まで三週間なのだ。

 なのに相変わらず、私は常に自分のことで悩む。
 稽古場では大はしゃぎするけど、部屋では仏像のようにじっとしているというサイクルだ。
 まるで笠地蔵だ。
 ……いや、全然違うな。書いていることが自分でもわからない。
 
 私はもともとプライドが高い。
 人から馬鹿にされたくないのだ。ま、それは誰でもそうだと思うけど、それを巧妙に隠しながらマウンティングするようなところがあった。

 現在はそれを投げ出してみている最中だ。
 人との関係を優位に保とうとしていた自分を捨てる実験中。
 怖いし、もう後戻りできなくなっている気がするけど、これは自分で決めたことだしね。
 
 きっと、その分、うまく進む。
 そう信じることにした。
 
 二場に挿入する台詞を考えよう。
posted by 土田英生 at 07:17| 福岡 | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

意味不明な雑文

 テアトル・エコー『青い鳥たち、カゴから』も稽古開始から一週間経った。
 この劇団と組むのも初めてだし、これまで一度も一緒に仕事をしたことのないメンバー。
 けれど、皆、とても素直な態度で稽古に臨んでくれているので、これには本当に救われている。
 若い役者さんはもちろん、私より先輩である役者さんもきちんと話を聞いてくださるし。

 だから順番にニックネームをつけ、失礼な冗談も織り交ぜながら、いつものペースで稽古させてもらっている。
 毎日誰かが稽古見学に訪れるので張り切る。
 私はどんな状態だろうが、人前だと元気になれてしまうしね。

 ✴︎ ✴︎ ✴︎
 
 ただ……毎日、帰って来てからは大変だ。
 一時間以上全く動けなくなる。
 例えではなく、スイッチが切れたように本当にじっとしているみたいだ。
 外から眺めたら静止画のようになっていると思う。
 デッサンモデルになりたいくらいだ。動かないから描きやすいと思う。
 
 一時間くらい経ってから、やっと着替えて顔を洗ったりするけれど、今度は思考の時間に入ってしまう。
 テレビからワールドカップが流れる中、闇の中をさまよう。

 人の相談にはあんなに乗れるのに、自分のことだけはどうにもならない。

 今、社会はとんでもないことになりつつある。
 こんな大変な時に、私は自分のことを考えて、一体、何をしてるんだろ?
 
 ……毎日、気がつくと朝になっている。
 
 努力して2時間くらい眠ってから、稽古まで仕事をする。
 必死で出かけ、稽古場に着く前にスイッチを入れ、そこから5時間はフル回転。
 で、帰ってきて再びデッサンモデルのようになって……。

 このまま行ったらおかしな悟りでも開いてしまいそうだ。
 
 今日はワールドカップの試合がなかったので、この生活サイクルを断ち切ろうと思い、机に座ってこれを書いている。

 考えるしかないんだろうね。

 ……これまでも色んなことがあったけど、なんとかなってきた。
 だいたい、私はどんな問題や障害も、具体的なものはあまり苦にならない。
 解決すればいいだけだからだ。

 高くて絶対に登れないと思っていた壁は、後になって振り返れば大変なものではなかったと気づくことがほとんどだったし。
 
 ただ、生きていくのは選択の連続だ。

 目の前に二つの石があって、どちらかを手にすれば、どちらかは消える。
 そしてどちらを取っても、いいことばかりではない。

 両方をぼんやり置いておきたいと思うんだけど、不思議なことに、時間が来ると二つとも消えてしまう。
 そうやって両方失ったこともあったし、慌てて間違った方を手にしたこともあった。
 
 また、光る石を手にしたつもりが、すぐに輝きを失ってしまって驚いたこともある。
 選ばなかった方の石がいつまでも光っているのを遠くから眺めて後悔した。

 生活の中で全てがクリーンな状態で、全く傷を追わずに生きるなんてことは無理だと知っている。皆、どこかしこに、小さな、時には大きな悩みや問題を抱えつつ、それでも笑ったりして過ごしているだけだ。
 
 できることなら、スマホのゲームに熱中したり、絵を描いたり、革細工を一生懸命したり、それくらいの状態ではいたいね。
 
 
posted by 土田英生 at 04:42| 東京 ☁| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

「青い鳥たち、カゴから」稽古

 昨日は自分の中の暗いごちゃごちゃばかりを書いたので、今日は頑張って演劇のことを書く。
 今やっている「青い鳥たち、カゴから」の稽古についてだ。
 
 文章を書いていると、私は少しだけ落ち着くのだ。

 テアトル・エコーの役者さんと一緒に仕事をさせてもらうのは初めてなので、今はまだ読み合わせばかりしている。
 共通の文法をつくる為のすり合わせ作業。
 これをいい加減にやってしまうと、この先、共に創っている実感が持てなくなってしまうからだ。

 21歳から私より年上の役者さんまで幅広いけど、それは全く気にせず、フラットにやらせてもらっている。それぞれの癖を探り、合う方法を考える。嬉しいことに、皆、とても協力的に取り組んでくれている。

 昨日、ある役者さんに伝えたのは、「一回だけでいいから演出から言われた通りにやってみて」ということだった。

 役者は台本を読み、自分なりに内側で考えて演技をする。
 演出は外から眺めて考え、ダメ出しをする。
 最初、それは必ずと言っていい程ズレる。

 余裕のない役者さんは拒絶する。
 自分の考えていることと違うから「それは無理です」と言ったりする。こうなると、演出がダメ出しを諦めるか、もしくは高圧的に命令するしかなくなる。
 どっちにしてもいい結果は出ない。

 大事なのは結果だ。
 最終的に舞台でどう見えるかだ。
 役者が感じていることと、演出が外から見て判断したものが一致した時には最良の結果が出る。
 そういう幸福は時々しかないけど、日々、それを目指すしかない。
 
 その為にも一回は試してもらわないといけないのだ。
 役者さんの中で新しい発見があることもあれば、逆に演出が間違っていたと判明することもある。
 その繰り返しの中で、双方が満足し、一致した見解が生まれて行く。
 
 純粋に稽古のことを書いているつもりだが、結局、昨日書いていたことと重なって来た気がするのでこれ以上はやめよう。
 変なループに入るしね。
posted by 土田英生 at 04:16| 東京 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

言い訳

 遅ればせながら『崖っぷちホテル!』が終わった。
 昨年の秋くらいから書き始め、途中、MONO特別企画『怠惰なマネキン』、MONO本公演『隣の芝生も』と重なりながらの執筆だった。
 自分の中では忸怩たる思いももちろん残り、様々な人たちに助けられながらだったけど、全10話終了してホッとしている。



 今は喜劇の老舗劇団であるテアトル・エコーへの書き下ろし新作『青い鳥たち、カゴから』の稽古をしている。
 
 役者さんもスタッフも、とても人間的に素直な人が多く、そういう意味でストレスフリーなので助かっている。
 稽古のあと、毎日、稽古場の片隅にミニバーのような席が設けられる。
 好きに帰って行く人、ちょっとだけ芝居の話をして行く人など様々だ。
 
 本来なら私はすぐに帰るべきなのだが、これにとても救われている。

 浮き沈みの激しい私だが、現在はどう考えても沈んでいる時期で、一人になるとやや辛いのだ。だから助かっている。

 ✴︎ ✴︎ ✴︎
 
 ここ数年の間に……20代の頃から『私が得意としてきたパターン』を手放してしまったんだと思う。

 「しまった」と書いたけれど、意識的に戻らないように頑張っている。
 戻れば一時的には楽になるだろうけど、もうそれは嫌なのだ。

 ……私はずっと他人からどう見られるかばかりを考える性格だった。いや、今だってそうだけれど、前は本当にそれのみが基準だった。

 作品を書いても評価が気になり、自分のポジションが気になり、他人の仕事が気になった。それで踏ん張れた側面もあると思っているけど、それでは最終的にどこにもいけないと悟った。

 私生活でも、辛い時には上手に他人に甘え、頼るだけ頼った挙句、自分が元気になるとその人を顧みなくなるような勝手なところがあったと思う。それで多くの人を傷つけたし、恨みも買った。
 
 私は小学校二年生で妹ができるまでは完全に一人っ子で、親からとても甘やかされて育った。
 困った時は、辛い顔をすればどんな時でも親が助けてくれた。

 その過程で自分のパターンを形成したんだと思う。

 ややフロイト的になってしまうけど、小さい頃の親との関係によって、人の生き方は大きく左右される。

 版画の原板ように人との付き合い方のパターンが作られて大人になる。
 成長した後も人は同じ版画を刷り続ける。
 自分の意志で変えたつもりでも、インクの色を変える程度で、実際に出来あがる版画は全く変わらなかったりする。

 だから人間関係でも、恋愛なども、基本的に似たようなことばかりが起こるのだ。
 けれど、本人にとっては親から作られた版画が世界が全てなので、どんなに考えても原因がわからない。
 これは下手をすると一生繰り返すことになる。
 だから負の連鎖にはまった人はなかなか抜けられないのだ。
 そこから抜けるには、原板を見つめ直し、今までと違ったことに挑戦するしかない。

 逆にうまく行く人はいい版画の原板を持っていたりするんだよね。
 
 私のパターンは、どんな場面でも人に頼るというものだった。
 親との関係の中で、甘える方法を会得しているので、それを簡単に駆使できた。

 だからこそ、さっき書いたように、何かあると他人の気を引いて楽になり、鬱陶しくなると他人を遠ざけるパターンを繰り返してきた。一見すると、自分にとっては都合のいいパターンだ。
 しかし、評価ばかりが気になることや、恋愛などでやたら気が多かったことも、全部根っこでつながっていると知った。

 私の作ってきたパターンでは、本当の安息は得られないと悟った。

 だからなのか、それを手放そうとしている。
 穏やかで、しかし前向きにこれからを歩く為に、私はこれまでと違った進み方をしたい。

 誤魔化せないので今は辛かったりするが、最終的にはこっちの方がいいと信じている。

 ま、簡単ではないけど。


 そんなことを考えながら……今日は渋谷から歩いて帰ってきた。
 今日のことはずっと覚えてると思う。

 歩いた記憶というものは、道の景色と共に不思議と残っている。

 今日のように一人で歩いた道も、人と楽しく喋りながら歩いた道も。


 道にはまだまだ先があると思いたい。
posted by 土田英生 at 05:01| 東京 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

朝まで頑張る

 私はMONOという劇団をずっと続けている。

 会話点描。

 立命館大学の以学館脇。
 「出演するのは15分でいいから」と私が言うと、水沼君は「まあ、それくらいなら」と言った。

  ✴︎ ✴︎ ✴︎

 ファミリーレストランでお茶をしながら私は聞いた。
 「え? もしかして奥ちゃん出たい?」
 「まあ、ちょっとは……」と奥村君は答えた。

  ✴︎ ✴︎ ✴︎ 

 電話で私は尾方くんに言った。
 「そりゃ、入ってくれたら嬉しいけど」
 「じゃ、よろしくお願いします」と、尾方君はくぐもった声で電話を切った。

  ✴︎ ✴︎ ✴︎ 

 電話の声からでは、金替くんの真意は掴めなかった。
 「合うと思うんだよね、MONOに」
 私はたたみかけた。
 「……まあ、そうですねえ」と、金替君は言った。

  ✴︎ ✴︎ ✴︎ 
 
 なんでこんなことを書いたのかわからないけど、ふと、今日、思い出した。

 
01.jpg


 これはいつの写真だろう?
 
 真ん中に写っている西山君は98年に演劇をやめて愛媛に戻っていった。
 彼は水沼君と小、中、高、大、MONOとずっと一緒だった男だ。

 他にもやめていった人たちはたくさんいる。
 演劇を続けている人もいる。

 そして、水沼、奥村、尾方、金替の4人は今も一緒に活動している。

 いやいや、こんなことを思い出している場合ではない。
 
 これから先に思いを馳せながら、台本を書かなければいけない。

 この10日くらい、様々な人から連絡があった。
 懐かしい人から比較的新しい友人まで。

 毎日誰かから「どうしてる?」という連絡をもらい、そのうちの何人かとは会った。

 そういう時期というのがあるようだ。
 もしかしたらドラマ『崖っぷちホテル!』が終わったので、暇になったという判断かも知れない。
  

 皆、それぞれ問題を抱え、それなりに暮らしている。
 
 そして私は朝まで台本書きに邁進する。
posted by 土田英生 at 02:04| 東京 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

一週間の休息

今は京都の自宅にいる。
朝からお風呂に一時間以上入っていて、とてもふやけている。
久しぶりに指とかシワシワになった。

前回の更新は一ヶ月前。
見るとその時も京都にいたようだが、間は基本的に東京にいた。
『崖っぷちホテル!』の脚本を書き、打合せをして、撮影に顔を出したりしていた。とにかく忙しかった。途中で長野の上田でワークショップもしたりしたね。
……お蕎麦が美味しかった。

IMG_1308.jpg


一段落して京都に再び戻ってきた。
とはいいながら……今日は東京に戻るんだけど。

今回は一週間くらいいられたので、少しは気持ちが回復した気はする。
そうなんだよね。ちょっとばかり……私は疲れていた。まだ完全ではない気がするけど。

一年のうちのほとんどを下北沢で過ごしている。だから嵐山に戻ってくる時は別荘にいる気分だ。
自然もたくさんあるし。
かなり田舎なんだと改めて思うね。
散歩中に鹿に会ったこともあるし、夜中に狸の親子が家の前を歩いていくのを見たこともある。
近所で猿に囲まれたことも、自宅の屋根裏収納にイタチが入り込んで困ったこともある。

日曜の夜も、風呂にホタルが飛び込んできた。

『崖っぷちホテル!』のオンエアがあったので、お風呂上りにビールを片手に見ようと考え、急いで済まそうとしていたのだ。
間もなく始まってしまう。しかし、このままお風呂から出るわけにはいかない。

ホタルは窓のレールの間でじっとしている。
そして光っている。

IMG_1388.jpg


あまり飛ばずに光るのがメスだと聞いたことがある。
だからこれはきっとメスだ。

「おい、そんなところで光っていてもオスとの出会いはないよ」と説得を試みたけど聞く耳を持ってくれなかった。

私も一応オスではあるし、裸ではあったけれど……残念ながら種が違いすぎる。
私たちは結ばれない運命なのだ。

けど、彼女は出て行かない。
世話を焼かせるヤツだ。
小さな紙を丸めて、救出作戦を試みた。
無事に外に出せた。


一昨日の夜、友達が遊びに来たので、久しぶりに竹林などを散歩したけど、嵐山を歩いている観光客は外国人ばかりになってるね。

電車やバスに乗っても聞こえてくるのは外国語ばかりだ。

京都に戻ってきた翌日。
ベッドのボッスクシーツを買おうと思ってバスに乗っていると、ネパールから観光できているという男性に話しかけられた。
彼はパスポートの入ったリュックをなくして慌てていた。

一緒に探すことになった。

カバンは前に乗ったバスに置き忘れてたようで、京都外大前にある市バス事務所に届いていた。
見つかった時、それまで割と落ち着いていた彼がいきなり感情的になり、なんども私にお礼を繰り返し出した。
彼の顔を見ていたら私が泣けてきた。

しかし。
彼は見つかったカバンを大事に抱え、今度は別のバッグを置いて歩き出した。
どうやらおっちょこちょい男だ。
これからが心配だ。
名前は、ちょっと聞き取りに自信がないのだが、シンダントだと言っていたと思う。

別れる前、少しだけ立ち話した。

ネパールにきたことがあるかと聞かれたが、残念ながらない。必死でネパールエピソードを探す。

ロンドンに留学していた時、近くにあったコーナーショップ、つまりコンビニ的な店で働いていたネパール人の女性には本当に助けられた。仲良くなって連絡先も交換し、いろいろと相談に乗ってもらった。私が帰ると告げた日はレジで泣き出し、他のお客さんから冷やかされて困ったくらいだ。

シンダント君にその話をした。

すると彼は「だから俺を助けてくれたんだね。俺も困っている人がいたら助けるよ」と言いながらハグをしてきた。
少しの間一緒にいただけなのに、別れる時に私たちはお互いに涙ぐんだ。

……本当はいろいろと書こうと思っていたんだけど疲れた。

今日の夜は東京で戯曲セミナーがある。

少しだけ眠ろう。
posted by 土田英生 at 07:59| 京都 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

距離の問題

 朝になってしまった。
 一応、パソコンに向かっていたがあまり進んでないな、昨夜は。
 
 お風呂にでも入ろう。

 本当は昨日のうちに下北沢に戻ろうと思っていた。
 戻った目的であった用事が終わったのが夜になってしまったのでそのまま京都にいる。

 現在の私は東京にいても京都にいてもどっちみち1人暮らしなので、その点では変わらない。
 京都は小さいとはいえ一軒家で、何かと揃っているので下北沢よりも快適だ。
 仕事部屋に買ったばかりのイスも座り心地いいしね。

IMG_1159.jpg


 下北沢も静かだけれど、嵐山には勝てない。
 寝室の窓を開けたら、裏は山だしねえ。
 窓を開けたまま昼寝すると気持ちいい。
 まあ、夜中に道をイノシシの親子が歩いていたりするけど。
 
IMG_E1244.jpg


 それでも駅まで徒歩5分だし、家からすぐのところにコンビニもできて便利になった。
 じゃ、次の打ち合わせまでここで書いてたらいいんだけどね。
 明日の朝には下北沢に戻るつもりだ。
 本当は今日戻ろうと思ってたけど、昨夜コーヒーメーカーが壊れ、思わずAmazonでポチッとしてしまったのでそれが届くのを待たなければいけなくなった。また、しばらくいないのになんで慌てて買っちゃったんだろう。
 
 それはいい。
 問題はどうして戻るのかということだ。

 やっぱり距離の問題ってあるんだよね。
 今の仕事にかかわっている人たちはみんな東京にいる。京都にいるとどこか遠く感じられてしまう。
 昨日もプロデューサーと電話で相談をした。
 それは下北沢で電話をしているのと変わらないはずだし、その相談も充実したものだった。
 なのに、なんだろ?
 やっぱり東京で書いていないとダメな気がする。
 東京と地方という問題でもない。
 相手との距離だ。
 きっとMONOの台本を東京で書いていたら同じように感じるんだと思う。
 これだけ通信手段が発達しているというのに、やっぱり現在進行形で仕事している時、会える場所にいるということは大きいんだよね。


 海外に行くと途端に楽になるのも、そういうことだよね。
 ま、逆の意味だけど。離れるから楽になるというか。
 最近行けてないけど、ロンドンに頻繁に行っていた時、ヒースロー空港に降り立つだけで毎回身体が楽になるのを感じた。
 BBCWorldなんかで日本のニュースを見ても、どこか遠い感じがして傷つく度合いも少なかった。
 日本にいるとやっぱり責任を感じるんだろうね。
 
 
 こうやって書いていたら行きたくてたまらなくなってきたな。
 なんで喩えでロンドンのことを出したんだろう?
 昨日、掃除をしていたらロンドンで買ったスケッチブックが出てきて、そこでGoldhawkRoadの駅の絵を見つけたからだ。
 住んでいたフラットから歩いて30秒のことろにあった駅だ。

名称未設定.jpg
 
 
 こんな中途半端な絵を晒している場合じゃないな。

 距離の問題があるなあということを書きたいだけだった。

 そろそろ終わろう。
 何するんだっけ?
 あ、お風呂に入るんだった。

 ロンドンのことを書いたら無性に懐かしくなったので、ラジオでBBC4を聴きながらつかろう。
 これは留学中、英語の先生からリスニング力強化にと勧められて毎日寝ながらかけていた。
 条件反射になってしまい、BBCを聴くとすぐに眠りに入ってしまう癖がついた。
 だから全く意味をなさなかった思い出がある。
 今でも聴くと眠たくなる。
 面白いのは、突然、全てがクリアに聞き取れるなと思ったら夢だったりすることだ。
 ああ、英語もやらないとね。

 ま、今の仕事が終わってからだな。

 全てを先延ばしにしてる。
 いろんな人から、様々なことに関して決断を求められたりもしてるんだけど、それも放置してある。

 動かなければ。

 何をするんだっけ?
 だから……さっさとお風呂に入ろう。


posted by 土田英生 at 06:15| 京都 | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

書けた時にすること

 『崖っぷちホテル!』は佳境。
 あと、一息。
 
 苦しい。
 ふと考えると、これまで連続ドラマを全部一人だけで書いたことはないもんね。
 『保育探偵』はほとんど書かせてもらったけれど、それでも他の脚本家の方が書いた回もあるし。『斎藤さん2』も1人で書くことになっていたのに、途中で間に合わなくなって相内さんに4話だけ書いていただいたしねえ。

 今回は……一応、最後まで1人だ。

 脚本家の中には個人的に助手のような人をつけて、その人にプロットを書いてもらったりしている方もいるようだけど、人望のない私にはそんな存在もいない。

 けど、まあ、こうやって仕事させてもらえるのはありがたいことだしね。頑張ろう。
 

 この前も締切から随分と遅れて原稿を出した。

 最近の楽しみは提出した日だけお酒を飲むことだ。

 けれど……出したのは朝の5時。
 誰かを誘うわけにもいかない。店もやっていない。
 部屋で一人で飲むのは虚しい。
 
 お酒は諦めた。

 しかし、なにかスペシャルなことがしたかった。
 それにしたって……買い物するにしても店だって開いていない。
 元気であればドンキに行くという手もあるが、徹夜明けでその元気はなかった。
 Amazonで何かを買おうと考えて、しばらくパソコンを眺めた。
 違う!
 今だ。今、なにかの喜びが欲しい。
 喜びを手に取りたいのだ。

 とにかく出かけようと思った。
 何も考えずに部屋を出た。

 しつこいようだが朝の5時。
 とても……静かだ。

 足は自然とローソンに向かう。
 けど、止まった。
 おいおいおい。これではいつもと同じじゃないか。
 原稿を書いている間も、1日3回はローソンに行くというのに。

 方向を変えてセブンイレブンに向かった。
 そしてまた足を止める。
 ローソンに飽きた時、時々行くではないか。
 全くスペシャルじゃない。

 しばらく道で立ち尽くした。

 やることがない。
 行く場所もない。

 ファミリーマートに向かった。
 少しだけ遠いのだ。
 とはいっても5分歩くだけだけど。

 そして店に入った。
 困った。
 入ったものの……買うものはない。
 
 カゴを手に取り、牛乳やアーモンドなどを入れた。
 これでは全くいつもと変わらない行動だ。

 あああ、スペシャル、スペシャル……。

 無印の商品が並んでいる一角でいろいろなものを手に取ってみる。
 ノート、ペン、高濃度の化粧水、ネイルケアするヤスリ的なもの。
 どれもこれもいらない。
 必要なものも、買いたいものもない。
 
 ……なぜかコンパスを買った。
 300円だった。
 
 もちろん必要もない。
 ただ、事務所にないというだけだ。

 帰ってきてコーヒーを飲みながら、裏紙に円を描いてみた。

IMG_1229.jpg

 
 全く楽しくなかった。
 ……なにをしてるんだか。
 
 結局、仕事をした。
 テアトル・エコーに書き下ろさせてもらう作品の構想を練った。
 いい感じで作品の形は見えた。
 
 うんん……。
 それにしてもだ。
 何かがおかしい。
 このところ、ずっと欠落感に苛まれている。

 仕事は忙しいし、人と会えばいつものように喋る。
 だけど、大きな何かを忘れたまま暮らしているような感覚に陥ってるんだよね。

 なんだろう?

 忙しさを理由に、いろいろなことから目をそらしているせいかも知れない。
 社会のこと、周りで起きていること、そして自分のこと。
 大事なことに向き合っていないのかもね。

 日々、目にするニュース。
 そして新たに知る情報。

 それら一つ一つに対して、私なりにダメージを受ける。
 自分の反応を足がかりにして、それについて考え、意見らしきものが形作られる。
 ただ、それを吐き出すことはせず、溜め込んだまま過ごしている。

 全部を先延ばしにしている感覚。

 傷つきたくないので、傷ついていることに必死で気づかないようにしているのかも知れない。
 
 このままにしておくと危ないなあとは思うけど、今はどうしようもないんだよね。
 
 時間がないし。

 
 人が宗教を求める気持ちがわかる気がする。
 やっぱり何かに寄りかかりたい時はあるよね。
 今、私を支えてくれているのは心理学だ。

 けれど、これだって宗教みたいなもんだよね。
    
 今から京都に戻る。
 持って帰るものを机の上に並べたら、いつものように革だらけだ。

IMG_1230.jpg


 自宅に帰ればもう少し落ち着けるはずだ。

 ま、京都でもただ仕事するだけだけどね。
 
 でも、今晩は『崖っぷちホテル!』の5話を見ないと。
posted by 土田英生 at 08:53| 東京 ☁| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

デューク土田

 寝ようと思ったらすでに朝だった。
 昨日は「崖っぷちホテル!」第2話のオンエアだった。
 毎回、翌朝にはプロデューサーから諸々報告の電話がある。
 なのでそれまで起きていようと思い、これを更新することにした。
 
 MONOの公演が終わって、休む暇もなく東京にいる。
 毎日パソコンの前に座り、ローソンに一日三回行くだけの生活だ。
 おかげでポンタカードのポイントがどんどんたまっていく。

 積み重ねってすごいよね。
 2年前、友達と花見をしようということになった時、ローソンでたまっていたポイントを使おうと思った。それまで一度も使ったことがなかったのだ。見てみたら4000ポイントくらいたまっていたので全部使った。

 そして去年の秋にもポイントで払おうとして確かめたら2000ポイントあった。その時にも全部使い、今は700ポイントくらい。
 
 あれ、100円で1ポイントだよね。
 ということは……67万円もローソンで使っていることになる。
 チリも積もればだ。

 そうそう。
 積み重ねと言えば……。
 私は去年の12月から気が向いた時に腕立て伏せをすることにしている。
 別に真剣に鍛えている訳でもないけど、続けていたら明らかに身体つきが変わってきた。
 胸と腕がパンパンになってきた。
 こう書くとかなりムキムキなイメージだけど、そこまでではない。
 前がポヨポヨだったので、それが引き締まったというだけかもしれない。
 だけど、どうやら嬉しいんだよね。
 前回の公演の時とか、楽屋で衣装に着替える前、上半身裸でいる時間が長かった気がする。
 
 いや、書きたかったことは日々の積み重ねは侮れないなということだ。
 ポンタカードも私の胸筋も増えて行くし。
 
 ま、そのおかげもあって体力的には全然問題ないんだけど、今キツイのはメンタルだね。
 緊張状態がずっと続いている感じだ。
 まあ、これはドラマが終わるまでは続く。
 しかも、終わってからもすぐに舞台の新作を書き下ろすのでまだまだ休めない。
 テアトルエコーさんに新作を書き、演出もさせてもらうのだ。
 だから、今のところ、お盆までは休みがない。

 ああ、本当は一ヶ月くらい休みたいんだけどねえ。

 ロンドンにも長い間行ってないし。
 最後に行ったのは……3年くらい前かもしれない。
 そうだ。
 ホテルにいたら佐々木蔵之介くんもロンドンにいるということがわかり、朝方までSOHOのバーで飲んだ記憶がある。
 楽しかったな、あれは。
 
 だけど、休めないものは仕方ない。

 舞台にしろドラマにしろ、作品を発表すれば様々な反応もある。
 どうしたって嫌な声も耳には入ってくる。
 それに対し、私にだって言いたいことは山のようにあるんだけど、ま、我慢だね。
 
 去年、自分を見つめ直す機会があって、泣き言を周囲にばらまくのをやめようと決意した。
 私は息を吐くように愚痴を言うタイプなのだ。
 だけど、それを変えてみようと思った。
 もちろん劇的には変えられないけど、心がけているだけで前よりましになった。
 これだって腕立てやポンタカードと同じだ。
 日々の積み重ねだ。
 気がついた時にはメンタルが強い人間になれているかもしれない。
 
 異常に打たれ強い、鉄のようなメンタルを持った人間になったらどうしよう?
 もしかしたらゴルゴ並みになったりして。

 デューク土田に改名しよう。
 
 ……いいんだけど、これ、難しいところなんだよね。
 嫉妬深く、人を妬んだり、泣いたり、喚いたり……そういう負の感情が何かを書くモチベーションになったりするし。
 弱いからこそ、他人の弱さに共感できたりするということもある。
 物を書くならやっぱりジェラシー土田のままがいい。
 
 とにかく粛々と目の前のことをこなすしかないのだ。
 心の中で大騒ぎしながらも、表向きは『デューク土田』として自信を持って進む。

 休みがないので、せめて日々の仕事環境を整えようと思いイスを買った。
 仕事のイスだけはアンティーク家具だと座りずらいので、デザインだけのリプロダクションものだ。
 だから高さも調節できる。
 仕事部屋で使っていたイスがボロボロになってきてたのでいい機会だと考えたのだ。

IMG_1159.jpg


 しかし……このイスに座って書くことはなかった。
 これは京都の家にある。
 私が仕事をするのは下北沢だったよね。なんで気づかなかったんだろ?

IMG_1176.jpg


 この前、久しぶりに打ち合わせが日テレであった。
 駅にあったポスターの写真。

 ああ……後、一時間ちょっとで電話があるね。
 怖いんだよね、毎週。

 いかん。デュークなのに。
 腕立て伏せでもして待とう。
 
 
posted by 土田英生 at 07:28| 東京 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月10日

「隣の芝生も。」終了

 MONO「隣の芝生も。」の公演が全日程終了した。
 稽古開始は1月後半、3月10日に名古屋で幕を開けて、東京、大阪、四日市、そして4月8日に北九州で千穐楽。

_MG_9461.jpg


 今回はビルで隣り合う二つの部屋が舞台になっていた。
 一つが元ヤクザたちが探偵事務所をやろうとしている部屋、隣がスタンプ屋。
 「盆」が回って違う部屋になる仕組みだった。上の写真はスタンプ屋の状態だ。
 お客さんからは見えなかったと思うけど、ちゃんと棚にはスタンプが並んでいたりする。

 
IMG_0968.jpg

  
 作品の評価は観客の皆がするものなのでわからないけど、とにかく登場人物10人、それぞれをキャラ分けして見せて行くことに最も苦心した。

 まあ、これは毎回のことだけど。

 私はいわゆる“ちょい役”というものが書けない。
 これは完全につかこうへいさんからの影響だと自分では思っているが、どの役者も「出ている」と実感できるだけの役割を振るように心がけている。もちろん出番の多さや台詞の量で、役の重要度が決まる訳じゃない。大事なのは作品だ。
 そうは思うんだけど、あまりにも出番が少ない人がいたりすると、稽古場で気になって仕方ないんだよね。
 私が耐えられないのだ。
 同じだけ時間を拘束されているのにきっと不満だろうな、と、気が気じゃなくなってしまう。
 
 MONOでは、自分が出ていないシーンが続いていても、基本的には皆が稽古を見ている。
 強制している訳じゃないけど自然にそうなった。
 一緒に芝居を創っていたら他のシーンだって見るのが普通だしね。自分の台詞を覚えていたりするのは構わないけど、稽古中に作品以外のことをされるのはなんとなく嫌だし。

 ある稽古場を見学した時だ。
 二人のシーンをやっていて、演出家がいろいろと稽古をつけていて……けれど他の役者は喋ってたり、スマホを眺めてたりしていた。中にはゲームをしている役者もいた。自分の現場ではないけどイライラしたし、その舞台は観に行かなかった。だいたい、他人の稽古を見ている時にこそ発見があったりするのにね。

 MONOでは稽古中にスマホなどを眺めている役者もいない。
 そういう役者さんは私の中ではNGになっていってしまうので、そういう人は残らないからだ。
 
 話がそれたけど、人の稽古ばかり見ている役者に気づくと「やばい。あの人、しばらく出てきてない」と焦り、慌てて出番を作ったりしてしまう。
 そのせいで話が変わって行くことすらある。

 ……これは私の欠点でもある。
 そういう意味では本当の劇作家ではないのかもなと思う。

 全くそういうことを気にせず書いてみたいと思ったりもするんだけどね。
 外に書き下ろす時で、自分が演出をしなかったり、「主役をこの人で」と頼まれたりした時は役の大小があったりするけど、自分の劇団では無理だね。
 
 自分の中では様々な思いはあるけど、とにかく終わった。
posted by 土田英生 at 05:34| 京都 ☁| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

残りは北九州公演のみ! そしてドラマ!

3月10日に名古屋で幕を開けた「隣の芝生も。」。

……どうでもいいけど、タイトルの最後に『。』がつくせいでどうも文章にしまりがなくなるな。
タイトルの最後にマルは金輪際つけないことにしよう。

とにかく名古屋、東京、大阪、四日市と終わり……残すは北九州の3ステージだけになった。
多分、この作品も再演することはないだろう。
そう考えると切ないもんだ。

再演をしたくないというのではないんだけど、それなら他にも再演したいと思っている作品はたくさんあるしね。「約三十の嘘」「その鉄塔に男たちはいるという」「相対的浮世絵」「なるべく派手な服を着る」「ぶた草の庭」「裸に勾玉」……今の公演ペースで考えると実現は難しい。
本当に演劇は厄介だよね。
DVDなどでは撮っているけど、劇場で体験する舞台作品ではないし。
役者も年齢を重ねる。今回の「隣の芝生も。」だって出演者一人一人にあてて書いているので、何年か後には書き直さないと再演できない状態になってしまう。

時間が経てばいろんなことが変わっていく。
演劇を大げさにいうつもりもないけど、やっぱり生でやるということは奇跡だなと思う。
毎回、ツアーを組んで回っているけど、キャストもスタッフも毎回、全員が揃わないと上演ができないって……なんて効率が悪いんだろう。

今となっては当たり前の風景。
けれどその前にはいろいろなことがある。そして結果が現在だ。

稽古を始めた頃は嵐山駅だって冬景色だった。けれど今は桜が咲き、すでに散り始めている。

IMG_0744.jpg

arashiyama.jpg


稽古期間中は工事していたコンビニもすっかり営業中で、毎日ここでアーモンドを買うのが私の日常になった。

IMG_0785.jpg

lawson.jpg


去年の春からワークショップをし、特別企画をやっていた5人も、今はMONOの古参メンバーとともに「隣の芝生も。」を創り、毎日アップをして本番に臨んでいる。

workshop.jpg

warmingup.jpg


これまで離れて行った人のことを思い出す。
通り過ぎて行った人たちもたくさんいたのだ。

だからこそ今も一緒に活動してくれている一人一人のことを考える。
とにかく古い新しい関係なく、今、一緒にいる人たちを大事にしてやって行かないとね。
その結果が、またさらなる現在を作っていくんだし。

そんなこんなで残りは北九州。
10人のキャストと盤石なスタッフでいい舞台にしたいと思っておりますので……皆様、お待ちしています。
公演サイト

✴︎ ✴︎ ✴︎

そして……4月15日から始まる日本テレビ系列の新日曜ドラマ『崖っぷちホテル!』。
これも間もなく始まる。
撮影は順調らしい。
私は公演中なので顔を出せていない。だからプロデューサーからの報告を聞いているだけだ。

だいたい、脚本家って孤独なんだよね。
私が触れる人はプロデューサーや監督など、一部のスタッフだけで、役者さんなんかとは顔合わせの時に挨拶して、撮影に顔出した時に少しだけ喋ったりして、次に皆とガッツリ会うのがいきなり打ち上げだったりするからね。
現場にしょっちゅう顔を出して、役者さんに直接ダメ出しする脚本家もいるみたいだけど、できないよねえ、そんなこと。

明日は本打ち。
もし早く東京に行けたら、そっと撮影に顔を出してみよう。
posted by 土田英生 at 01:53| 京都 | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

不条理な時間

 MONO「隣の芝生も。」の大阪公演最終日のことだ。
 劇場での片付けを終えて自宅に戻ったのは12時頃だった。
 本番もやった後だったので疲れていたけれど、私には締切が待っていた。
 とにかくお風呂に入り、パソコンに向かった。
 それから二時間経った頃だ。どうしても頭が回らない。

 ……気がついた時には床に転がって眠っていた。
 
 本番の疲れもあるが、実は前日もあまり眠れていなかったのだ。

 26日の公演後、お世話になっている編集者の皆がきていたので居酒屋に顔を出した。
 いつもならそのままズルズル飲んでしまうのだが、仕事があった私は一時間余りで切り上げ、きちんと京都まで帰ってきた。嵐山までの電車はすでに終わっていたので、桂からタクシーに乗って自宅に到着。

 ……カギがなかった。
 iphoneの明かりを使ってカバンの中をなんども探す。
 カバンを四回くらいひっくり返したけれどやっぱりカギはない。

 思い出してみる。
 あ!
 私はよくカギをなくすので、今はジーンズなどにキーホルダーをぶら下げていてそれは決して外さないことにしている。
 なのにだ。
 ちょうどこの日は、終演後のトークに登壇することになっていて、出る直前にみっともないと思ってそれを外した記憶があった。
 
 とにかくカギはなかった。
 目の前に私の自宅はある。
 しかし入れない。
 これはなかなかに不条理な空気を漂わす。
 
 冷静になって、カギのレスキュー的サイトを探して電話してみた。
 5,800〜となっていたので、これならいいやと判断した。
 高くても1万円では収まるだろうと思っていた。

 待つこと30分。
 車がきた。そしてカギ穴を見るなり言った。

『これ、開かないやつです』

 私は黙っていた。
 
『無理やり開けることはできますけど……そうします?』
『いくらかかるんですか?』
『98,000円です』

 別の不条理空間が現れた。

 面倒なのでこの先の会話は書かないが、私はちゃんと抗議した。
 サイトの話もしたし、消費者生活センターの話にもなった。
 結論だけ言えば……ガチャガチャやってはいたけれど、その人は玄関のカギを開けられずに帰って行った。
 
 入れない自宅の前に立つ私だけが残された。
 なぜか写真を撮ったりもした。

IMG_1040.jpg


 近くのホテルに片っ端から電話してみたが、満室。
 結局、家から一番近いネットカフェで過ごす羽目になった。
 なのでしっかり眠れなかった。
 そんな中で次の日が大阪公演の最終日、そして片付け、帰ってきての執筆だったのだ。
 だから崩れて眠ってしまったんだと思う。

 仕事は……約束から36時間後に提出。

 三日間は全く休めなかった。

 明日は四日市に移動。
 明後日は四日市で一回限りの公演。

 どんなことがあってもカギだけは外さないようにしよう。
posted by 土田英生 at 01:04| 京都 | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

休憩中

 時間が経つのは早い。
 ブログを更新する余裕もなかった。
 前回書いたのはMONO『隣の芝生も。』初日前夜だ。
 精神状態も最悪の時だ。幕が上がる直前は毎回沈む決まりになっている。
 「これまででもっともひどい作品ができてしまった」という気分になってしまうのだ。
 始まれば大丈夫になるんだけどねえ。もちろん辛辣な意見だってあるだろうけど、それでもお客さんが笑ってくれたり、それなりにいい感想をもらったりしてやっと落ち着いてくる。

 これをずっと繰り返してきた。
  
 無事に幕を開け、名古屋、東京、大阪とすでに公演が終了した。
 面白い作品になっていると思う。キャスト、スタッフもとてもいい。
 去年、特別企画を一緒にやった5人もはっきりと伸びた。 
 このことは改めて書こう。

_MG_9493.jpg


 今回の芝居は解釈が人によって違う。
 私なりの見解もあるのだが、それを書くのは野暮だね。まだ四日市と北九州で公演が残っているし。

 その二箇所の近辺の皆様、お待ちしております!
 →公演サイト 

 で、こうしてブログを書いているけれど、余裕がある訳ではない。
 むしろない。
 今も私は苦しんでいる最中だ。
 休憩時間にこれを書いている。
 崖っぷちに立っている感じだ。
 
 4月15日から始まるドラマ『崖っぷちホテル!』。
 →番組公式サイト
 
 このドラマの脚本を書かせてもらっている。
 クランクインして撮影も順調らしい。公演が終わったら顔を出そうと考えている。
 顔合わせの本読みでも役者さんはとてもハマっている感じだったので楽しみだ。
 
 すっかり春になった。
 ジーンズの下にタイツ的なものを着用しなくなり、トイレがとても楽になった。
 京都の自宅近くにはコンビニができて気軽に素焼きアーモンドを買えるようになった。

 けれど、ちょっと恥ずかしいんだよね。
 毎日アーモンドを買うし。
 きっと店では「アーモンド男」というあだ名をつけられていると思う。

 悪いことではないんだけど……。
 私は覚えられやすい顔をしているようだ。

 下北沢でも事務所の近くにあるコンビニのうち、二軒では挨拶をされてしまう。
 レジで「髪きりましたね」などと話しかけられたりするし、ある日などは、買い物をして店を出た時、バイトの子が後ろから走ってきて「私、ちょうど上がりなので……」と言われてなぜか駅まで一緒に歩いたこともある。
 なんなんだろ?
 私がイケメンだったら、モテているんだと勘違いもできるんだけどね。
 どうもそうじゃない。
 だいたい、男女問わずだし。
 下北沢の服屋さんも前を通ると「最近、京都に帰ってます?」と声をかけられたりする。
 そういえばロンドン留学中も飲んで帰って来たりすると、近所の人から『ヒデオ!! ドランク!』とからかわれたりしていたし、近くの店で働くネパール人の店員さんからはレジでいきなりプレゼントをもらったこともある。
  
 京都でも同じことが起こっている。
 前まで頻繁に立ち寄っていたコンビニでも、店に入った途端に「こんにちは。今日、ゆでピーナツ切れてるんです」と牛乳を買おうとしていただけの私に話しかけてくる店員さんがいたが、今回の店でもすでに同じ現象が起きている。

 店がオープンして二回目に訪れた時だ。
 レジは前日と同じ子だった。
 と、彼女が笑いながら「今日もありがとうございます」と言うので、「明日からしばらく来ないんですけどね」と答えた。まあ、こういう一言が余計なんだろうけどね。
 次の日から名古屋に移動だったのでついつい言ってしまったのだ。
 すると、「ええ? どうしてですか?」という予想外の返事が返ってきた。
 私は「いや……仕事で……しばらく京都を離れるので」としどろもどろで答えた。

 そして名古屋公演があり、京都には戻ることなくそのまま東京へ。

 二週間ぶりに京都に戻り、そのコンビニ立ち寄った。
 と、レジで「戻ってきはったんですね」と言われた。
 「ええ」と、私は答える。
 「だけど、私、明日から三日間休みなんで、会われへん」と彼女は言う。
 この衝撃的な発言をに私はどう返したらいいのかわからなかった。
 「じゃ、四日後に、また」と意味不明な答えをしてしまった。

 さっき眠気に襲われて強眠打破を買いに行ってきた。
 レジは見たことのない男性だった。
 店を出ようとすると、「ありがとうございました!」と後ろから声がした。
 振り返ると彼女が笑っていた。私も思わず手を振ってしまった。
 もうあの店では変なものは買えない。
 上品なものだけ買うことにしよう。
 
 ……こんなことを書いている場合じゃない。
 自分の家に入れなくなった話を書きたかったんだけどね。
 もう休憩は終わりだ。 
posted by 土田英生 at 01:48| 京都 | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

初逃避

 締切のある仕事をしている人なら分かってくれると思うが……ああ、ああ、本当に嫌だ。
 どうしてだろうか? 
 好きなことを仕事にしているのにね。
 書いている間は苦しくて仕方ないので、すぐに休憩を挟み、なんとか理由をつけて取りかかるのを回避しようと試みる。無意味に部屋掃除をしたり、お風呂に長く入ってみたり、そして……更新する必要のないブログを書いたり。
 
 ああ、今年に入って初めての大胆な逃避活動だ。
 初逃避だ。

 もちろんこのブログの前にありとあらゆる逃避は試みた。

 昨日の夜中、トイレがコポコポいう気がした。
 どこかで排水が詰まりかけているのかも知れない。
 だったら「ラバーカップ」を買わないとと考えた。
 スポスポするやつ。

 いや、実際はそんなものを買う必要はない気がするのだが、逃避活動の一環だったんだろうね。
 で、いつものようにAmazon。

 今日の昼間、仕事をしながら、あのスポスポがいつ届くのかが気になった。
 Amazonのサイトから配送状況を見る。

 運送会社はヤマト運輸だ。クロネコだね。
 追跡番号が分かったので、クロネコのページに行ってみた。

 と、私は知らなかったのだが、LINEと連携して会話形式で日時変更や配送日時の確認が出来ると書いてある。これは、これはやらなければ。

 脚本から逃げる言い訳が見つかった。

 早速、登録をしてみる。
 そしてLINEを開いた。
 ヤマト運輸とお友達になった。

 すると。

 『ご用件をどうぞ。「いつ届く?」「日時変更」など話しかけてみてください』
 
 と、コメントが来る。

 え? 
 いきなり、いきなり話しかけろって言われても……。
 友達になったばっかりだし。
 そんな積極的なの?
 なんと返そうか悩んだ。
 そして……「あの」と書いたところで間違えて送信してしまった。

 するとまたすぐに、

『「いつ届く?」「日時変更」「コンビニ受け取りにしたい」など、知りたい情報を入力してみてください』

 というコメント。
 グイグイ来るね。

 なるほど。AIで自動返信されるらしい。
 けど、どんな言葉なら認識されるのかが分からない。
 「いつ届く?」は例文にもなっているので大丈夫なんだどうけど、そんな失礼なことはできない。
 だって友達追加したばっかりだよ。

 もちろん時間指定はしたいんだけどさ。

 迷った挙句、追跡番号を書いてみた。
 そして『明日、届く時間が知りたいです』と、送ってみた。

 一瞬で返信が来た。

『お問い合わせの結果は以下の通りです』
 
 おおおお。
 私の荷物の情報が出ている。通じた!
 9日に到着だと書いてある。
 ただ、時間は載っていない。時間が指定したいのだ。

 すると……すぐに『お届け日時を指定されますか?』というコメントが来た。

 そうなのだ。それが私の希望だ。
 分かってくれてるねえ。
 もしかしたら、お前とはうまくやっていけるかも。
 
 え? だけど、どう返信したら……?
 「はい」でいいのか、それとも日時だけを書いた方がいいのか?

 失礼はいけない。

 「その方がありがたいです」と返信してみた。

 と……。
 
『「いつ届く?」「日時変更」「コンビニ受け取りにしたい」など、知りたい情報を入力してみてください』 
 
 ……元に戻ってしまった。
 こいつはどうやら、キビのわからない相手らしい。
 お前とは恋愛はできない。

 だったら……こっちも、こっちも、事務的にやってやる。
 と、決意したのにも関わらず、「いつ届きますか」とやや丁寧になってしまう。
 
 するとまたさっきと同じ情報が出ててから、

『お届け日時を指定されますか?』

 なるほど。そこに戻ったんだね。
 もうお前が恋の駆け引きをするつもりないということは分かった。
 だったらだ、気を使ってはいけない。
 9日午前中とだけ書けばいい。
 相手はAIだ。
 丁寧さは必要ないってことだもんね。

 と……思ったが、「9日午前中だとありがたいです」と送ってしまった。

『お届け日時を指定されますか?』

 ……「ありがたいです」が邪魔らしい。
 ああ、もう!
 
 こうなったら「時間指定」とだけ送ろう。
 もう、もうお前には金輪際気遣いしないのだ。
 多少、傷ついても……もう、それは、俺のせいじゃないからな。

 「時間の指定したい」

 という、カタコトな感じの中途半端な文章になってしまった。
 
 すると……。

『❗変更前の最終確認です❗
【伝票番号】 ×××××××
【お届け希望日】1月9日(火)
【お届け希望時間】午前中

お届け希望日時はこちらでよろしいですか?
よろしければ「はい」、訂正が必要な場合には「いいえ」を入力してください』


 と、いう返信が来た。
 やった!
 
 しかも、今度は「はい/いいえ」と入力しろと書いてくれている。

 迷わず「はい」と送った。
 
『お届け日時の変更が完了しました
【お届け希望日時】1月9日(火)午前中
お届け前に変更いただきありがとうございました』


 うまく行った!
 私は喜んで「よろしくお願いします」と返信した。
 
 と……。

『「いつ届く?」「日時変更」「コンビニ受け取りにしたい」など、知りたい情報を入力してみてください』 

 という返信が来た。
 やっぱりこいつとは恋はできない。

 ……仕事に戻ろう。
 もう逃避は終わりだ。
posted by 土田英生 at 06:21| 京都 ☁| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

休憩

 今日の夜からはドラマに取り掛かると決めている。

 だから今はまだ「隣の芝生も。」を書いている。
 で、止まった。
 ……また最初に戻ってしまった。

 どうもオープニングがうまくいかない。
 頭のシーンが面白くないと絶対にダメなんだよね。
 ジェットコースターと同じで、最初に高さがないと勢いが出ないのだ。

 人物がうまくはまって来てないんだよなあ。

 登場人物は10人。
 私はチョイ役は作らないということを肝に銘じている。だから全員をちゃんと物語に絡ませる。

 この考え方になったのは完全につかさんの影響だと思う。エッセイを読み過ぎたせいだ。「傷つくことだけ上手になって」はボロボロになって三回も買ったし。
 
 一時期は7人の芝居ばかりを書いていた。
 現在のメンバー5人+2人の女優。その13年間は客演なしだった。
 だからその人物構成に慣れちゃったんだよね。
 けれど、最近は増えてきた。
 前回の「ハテノウタ」は9人。「裸に勾玉」9人。「ぶた草の庭」10人。
 そうだそうだ。「ぶた草の庭」と同じ人数だしね。
 全く問題ない。

 もう一つ難しいのは話が二つあることだ。
 なんで、こんな設定にしたんだろう?……って、自分で決めたんだけどね。

 毎回、ちょっと無理だと思うことに挑戦することにしている。
 最近で最も難しかったのは「裸に勾玉」での上代語をベースにした台詞だった。あれは辛かったねえ。パソコンでも変換してくれないし。「アーのそれのすること、まことつらいんたよ」とか書きながら、途中で訳がわからなくなった。

 今回もおかしな方言を使って書いている。
 新しく作っているんだけど、これも厄介なんだよね。
 いつも使う言葉にしようかなあ。エセ名古屋弁的なやつ。「きゅうりの花」「錦鯉」「相対的浮世絵」、あとは「ぶた草の庭」でもガンジ人の方言として使った。
 あれなら、わち、慣れとるですぐに書けるで。

 いやいや、挑戦挑戦。

IMG_0504.jpg
posted by 土田英生 at 10:53| 京都 ☁| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

今年もよろしくお願いします

2018.jpg


2018年になって初めての更新なので年賀状代わりの画像。
今、慌ててつくったのでかなり適当だ。
戌年ということで、皆がSNS上に飼っている犬の写真をあげていたりする。
だから真似をしてみた。
この前のブログで書いたナッツだ。

本当、よろしくお願いします。
去年は自分にとって大きな生活の変化もあった。
いろいろと先行き暗い世の中だけど、できる限り前に進みたいと思う。
なにより……いい作品を創る。
勉強する。
そして、新たな夢を見たい。

で、今は、京都にいる。
2日の夜に愛知県から帰ってきたのだ。

31日に東京から愛知に移動。
久しぶりに実家で年越し蕎麦を食べた。

IMG_0531.jpg


深夜までしゃべって、妹夫婦は子供二人を置いて帰って行った。
実家からは車で10分の距離に住んでいる。

元旦。
朝、姪と甥を近所の神社に連れていった。
私の小学校の時の通学路。
二人が小学生であることも手伝って、現在の景色と昔の記憶がオーバーラップする。
忘れていた様々な思い出が蘇った。
切ない。
自分のこれまでのこと、そしてこの子たちの先のこと。
今の社会の状況なども頭を巡り、形容しがたい感情になる。

家に戻ってから甥と将棋をやったら負けた。
ちなみにポンジャンでも負けた。
けれど、ポンジャンはかなり納得できないルールのまま、曖昧な感じでモヤっと負けた。
形容し難い悔しさを感じた。

そんな中、暇を見つけてはノートを広げ「隣の芝生も。」の構想を練っていた。
まだ完全にピースがはまらない。
なんか、なんか足りないんだよねえ。

困って姪に相談したりもした。

姪は6年生なのだが、MONOの芝居は毎回来ているし、暇があるとDVDでMONOの作品を観ているらしい。私の戯曲集も全部読んでいるし、読書感想文は私の小説『プログラム』で書いたと言っていた。
かなりの通だ。
だから私も『どうしたらいいと思う?』と聞いてしまう。
しかも、彼女はとにかく私に優しいのだ。

1日の夜も風呂から出てくると姪が一人で待っていた
理由を聞くと、

『ツッチーが寂しいかも知れないと思って』

と、かわいいことを言う。
いろんな話をした。
彼女の学校での話などを聞いているうちに……作品のアイデアが浮かんだ。
まあ、使えるかどうかはわからないけど、感謝だ。

IMG_0580.jpg


4日には打合せや取材が入っている。
今日中にかためないと。

しかも、頼りになる姪は京都にいないしね。
よし、残りの腕立て伏せをしてちょっと寝よう。
posted by 土田英生 at 07:14| 京都 ☁| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

タイトルを短く!

 大晦日だ。まだ下北沢にいる。
 30日は起きたら午後2時だった。
 そこから残っている掃除や洗濯をしていたら夜になってしまい、すっかり移動する気力をなくした。
 昨日は一人でワインを飲み、早く寝てみた。
 ……そしたらこんな朝早くに目が覚めてしまった。
 やることがない。
 初日の出は明日にならないとダメだし。
 だからこれを書いている。

 予定は変わったけど、逆に都合がいいね。
 大晦日は京都、1日に実家の愛知県、そして3日に再び京都に戻ろうと思ってた。
 東京→京都→名古屋→京都だ。
 だけど、東京→名古屋→京都という方が効率的だ。
 実家で年越しをさせてもらって、年が明けてから京都に戻ればいいのだ。
 名古屋は東京と京都とのあいだだしね。

 東京と京都のあいだ。
 「空と私のあいだ」という芝居を創ったことがあるな。
 このタイトルは気にいっている。
 
 この前、戯曲講座でタイトルについて話した。
 私はどうもタイトルが長い。
 文章になっているものが好きなのだ。だから必然として長くなる。
 けれど、長いと困る事が多いのだ。
 雑誌などに情報を載せる時とかね。
 制作からは「なるべく短くしてください」と言われる。
 あ……「なるべく短くしてください」……これもタイトルになるね。「なるべく派手な服を着る」というのもあったし。

 あと、最近重大なことに気づいた。
 MONOが好きでよく観てくれている人でも、タイトルを正確に覚えている人がほとんどいないという事実だ。
 例えば「その鉄塔に男たちはいるという」。
 これを正確に言ってくれる人は少ない。
 「その」が「この」になってたり、「いるという」が「いた」になってたり。
 面白かったのは「少しはみ出て殴られた」を「殴ったと思ったら殴られていた」と間違えていた人がいた。
 それはそれでいいタイトルだと思うけどね。
 だって殴ったつもりだったのにね。逆に殴られていたという。まあ、目に見えないスピードで来たんだろうね、そのパンチは。
 とにかく苦労してつけても、覚えてもらえないタイトルでは悲しい。
 
 だから現在、タイトル短くする運動を実施中だ。
 特にMONOの本公演はそうしようと決め、「ぶた草の庭」以来、密かに続けている。
 次回の「隣の芝生も。」も頑張って短くした。
 これまでの私だったら「隣の芝生も青いとは限らない」とか、そんな感じになってたと思う。

 これまで自分でつけた芝居のタイトルを思いつく限り、長い順に書いてみる。

✳︎ ✳︎ ✳︎ 

 
「チェーホフは笑いを教えてくれる」
「衛兵たち、西高東低の鼻を嘆く」
「その鉄塔に男たちはいるという」
「ノーティー・ナインティーズ」
「夢叶えるとか恥ずかし過ぎる」
「トナカイを数えたら眠れない」
「ローランドゴリラとビーバー」
「崩れた石垣、のぼる鮭たち」
「カップで自分を量るがいい」
「ソラミミホンネレソラシド」
「チェーホフを待ちながら」
「いつわりとクロワッサン」
「ウィンカーを、美ヶ原へ」
「なるべく派手な服を着る」
「ウェルズロード12番地」
「その受話器はロバの耳」
「三日月に揺られて笑う」
「少しはみ出て殴られた」
「さよなら、ニッポン」
「うぶな雲は空で迷う」
「梢をタコと読むなよ」
「時折、風が吹くと」
「橋を渡ったら泣け」
「床下のほら吹き男」
「地獄でございます」
「0時から5時まで」
「のぞき穴、哀愁」
「空と私のあいだ」
「ブーゲンビリア」
「紙にかいた青空」
「怠惰なマネキン」
「なにもしない冬」
「4つのテーブル」
「スタジオNO.3」
「遠州の葬儀屋」
「樅の木に短冊」
「相対的浮世絵」
「胸の谷間に蟻」
「きゅうりの花」
「月がみえない」
「REST ROOM」
「隣の芝生も。」
「南半球の渦」
「ロマン再生」
「路上生活者」
「初夜と蓮根」
「約三十の嘘」
「燕のいる駅」
「板子乗降臨」
「ぶた草の庭」
「ハテノウタ」
「Holy Night」
「BROTHER」
「京都11区」
「悔しい女」
「裸に勾玉」
「ー初恋」
「赤い薬」
「Sugar」
「錦鯉」

✳︎ ✳︎ ✳︎


 数字や英語は半角になっているので、一概には言えないけど、まあこんな感じだ。
 「ぶた草の庭」以降のMONOの本公演のタイトルを赤字にしてみた。
 こうしてみると「隣の芝生も。」はやや後退してるな。
 最後の「。」がなければいいのに。
 「隣の芝生も」……いや、やっぱり必要だな。
 「ー初恋」の「ー」とかも、なんだろうね?
 そういえば、英語に翻訳してもらう時、この「ー」をどうするとかいう話になった。
 結局はただの「First Love」になってしまったけど。
 
 とにかくタイトルはどんどん短くしていこう。
 数年後には「あ」とか「お」とか、そんな短さになっているかも知れない。
posted by 土田英生 at 06:42| 東京 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

試してみる

 そのまま下北沢にいる。

 ドラマの脚本は1月5日まで手をつけないと決め、それまでは休みながらMONOの構想を固めると決めた。
 京都の家も気になるのでさっさと戻ろうと思っているのに、ごく普通に過ごしてしまった。

 マチネに福岡から来ている万能グローブパゴスダイナモスを観て、一緒に行ったオタツこと立川さんとご飯を食べて、事務所に戻ってきて残りの腕立て伏せしたら、疲れてそのまま眠ってしまった。
 残りの腕立て伏せとはなんなのか。
 これは後で説明しよう。
 
 起きたら21時だった。
 今晩中に事務所の掃除と荷物の整理を済ませ、できたら明日の夜には京都に帰りたい。

 ああ、面倒だ。
 戯曲賞の審査の為の台本の束は京都に送っておいた方がいいとか、ドラマの資料も一部だけは持って帰らないといけないとか、細かいところでいえば万年筆のインクをどうするかとか。これは同じ物が京都にもあるのでまあいいんだけど。しかも、これはインクが混ざってもいいやつだしね。
 
_MG_9017.jpg
 
 
 人間関係の疲れに気づき、無理に人と関わるのはやめた。
 頑張ってしまうと後でもっと嫌になることが自分で分かるからだ。
 なんだろ? ちょっとしたことで猛烈に腹が立ったりして。
 自分の感情に驚いている。
 Twitterは不特定多数なので続けているけど、知り合いばかりのFaceBookからはしばらく離れることにした。今まで二つを連携させていたけど、それも解除した。
 しばらくは好き勝手にする。
 
 私個人の状態はそんなに悪くないんだよね。
 創作意欲もあるし、腕立て伏せも順調に続けているし。

 そうだ。どうして腕立てをしているのか?
 さっき「残りの腕立て伏せ」と書いたけど、一日100回やることにしたのだ。

 皆に勘違いされるところなんだけど、別に身体を鍛えたいとかじゃない。

 私はどうやら何かを「試してみる」ことが好きらしい。

 4年くらい前だ。ココナッツオイルをやたらめったら身体中に塗っていた時期があった。
 「一体、どこを目指してるんですか?」という当たり前の質問を受けたりしたけど、これだって別にお肌をどうこうしたいとかじゃなかった。

 なんでも一回やってみたくなるというか。
 例えば「ダンボール箱を貼り合わせると机が作れる」と聞けば、やってみたくて仕方なくなる。実際にそれも作ってしばらくはこの事務所にあった。……いやあ、結構頑丈で、捨てる時、とても苦労した。

 そういう流れでレザークラフトもやってみたり、DIYで家具作ったり、家の内装をやってみたりするんだと思う。凝っちゃうんだよね。
 ここにも書いたことがあるけど、春に京都にいた時は、コーヒーテーブルを作ったり、洗面台の下に戸棚を作ったりした。

IMG_6140.jpg


IMG_7474.jpg


 思えばいろんなことを試してみた。

 重曹を入れた水で鍋をグツグツ煮たりすると新品みたいになると知って、家中の鍋やフライパンを光らせてみたこともあるし、こうすると爪が綺麗になるというネットの記事を読んで試したら異様に爪がツルツルになって喜んだこともある。あ、爪は結果的に困ったね。光り過ぎて「あれ、土田さん、ネイルの手入れしてるんですか?」と聞かれたりしてとても恥ずかしかったし。

 で、 一週間くらい前、脚本を書いている合間にネットをうろうろしていたら「1日100回の腕立て伏せを一ヶ月続けたらこんな風になってワロタ」的なものを読んで、急にやってみたくなったのだ。
 一度にではなく、合計で100回でいいと書いてあったので、これならできると思った。

 現在、一週間経った。
 すでに引き締まってきた。
 まだ、ムキムキにはなってない。なんというか、「ムキムキ」の芽が出てきたという感じだ。双葉くらいは生えている。
 一ヶ月で花が咲いてしまうかも知れない。
 きっとまた「何を目指してるんですか?」と聞かれるだろう。
 
 昨日、シャワーを浴びる前に鏡で見て「お!」と声をあげた。
 思わず写真を撮ったものの、載せられない。
 洗面台は載せても大丈夫だけど、裸の写真は載せたら痛い人だと思われてしまう。
 笑えるくらいムキムキにならないと無理だな。
 ま、それまでには飽きると思うけど。

 ああ。
 「一気に荷物を送れて、大掃除も済んで、京都に帰って、台本の構想も立てられる画期的な方法」があるとわかれば、やってみることができるのに。
posted by 土田英生 at 02:36| 東京 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

仕事納め……たのか微妙

 昨日の朝に出すつもりの原稿は、結局、昼過ぎまでかかった。
 そして夕方から打合せ。
 電車で帰れる時間には終わった。

 久しぶりにお酒も飲んだ。
 けれどすっきりしない。
 
 提出した原稿が自分で納得できなかったのが大きい。
 さすがに「これで行きましょう」とはならなかったし。
 これからの書き直しに関する方向は決まったものの、一週間ほどは脚本から離れさせてもらうことにしたので……なんというかモヤモヤした感じだけが残ってしまった。

 だから仕事納めだという気分にはなれない。
 今から一週間は『隣の芝生も。』に集中して、プロットを完成させようと思ってる。

IMG_0504.jpg


 それより問題は年末年始だ。
 いつ帰るんだろう? 
 京都に? 実家の愛知県に?
 
 もともとは今日、京都に戻ろうと思っていた。
 だけどずっと脚本を書いていたので事務所も片付けてない。
 1月からはMONOの稽古もあるし、基本的に京都に滞在するので、移動させなければいけないものもたくさんあるのだが……荷物も全くまとめてない。
 
 荷物を送るのは私にとってかなり大変なことだ。
 何をここに残し、何を送るのか?
 服もそうだし、書類なんかもそうだよね。
 東京、京都、どっちに置いておかないければいけないのか?
 全く考えてなかったのでぐちゃぐちゃだ。それに、それに、こうしたことがとても嫌いなのだ。
 私はとにかく日常の些事が苦手だ。
 銀行に行ったり、郵送したり、書類を書いたり、メールをしたり。
 ああ、書いているだけで嫌になる。
  
 観たい芝居もたくさんあったんだけど何も観れていない。
 
 今日の昼に一本だけ観ることにした。

 それが終わってから考えよう。

 掃除をしよう。
 洗濯もしよう。
 荷物を整理し、送ったりしてみよう。本当、嫌いだけど。

 ただ、一応、昨日の打合せで一区切りつけようと思っていた。
 だからなのか、突然疲れたなあと気づいてしまった。
 腕立て伏せをしすぎているせいかも知れない。

 いや、それじゃないな。
 
 今日の夜も忘年会に二つ誘われている。
 けど、ワイワイ喋る気分じゃない。
 顔をは出さず、静かにしてよう。
  
 明日か明後日、京都に帰ろう。
 明後日ってもう大晦日か?
 ああ、どうしよう。
 新幹線のチケットも取ってないし。
 
 悩むね。
posted by 土田英生 at 10:14| 東京 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

残りは1日

 とうとう締切が残り1日になってしまった。
 28日の朝までに書いて夜に打合せ……の予定。
 それ以降がどうなるかは不明だけど、観たい芝居もあるのと、下北沢の事務所の大掃除くらいはしないとなと思っている。昨日、京都の事務所では年賀状の発送作業とかをしていたみたいだし、東京は私がきれいにしておかないとね。
 年内に京都に帰るつもりではいるけど、年明けは名古屋の実家に戻ろうとも思っているので、混乱中だ。
 それもこれもまずは脚本を終わらせないとね。
 
 昨日はロンドンの仲間で集まる予定だったけど、フタをあけたら二人だった。
 渋谷のカラオケに行き、一時間はただ喋り、そして残りの一時間歌をうたって帰ってきた。
 カラオケなんて1年振りだ。
 去年は「ハテノウタ」が控えてたので、それでカラオケに行ったのだ。
 
 それにしてもロンドンに行きたくなった。
 留学してた時に住んでたアパートの写真でも載せておこう。
 
IMGP2147.JPG.jpg

 
 仕事もあるのでまっすぐ帰ったのだが、帰りの電車ではテレビドラマのディレクターをしていると語っている男の子が横に立っていたので話をなんとなく聞いていた。
 女性が「へえ、すごいんですね」と答える。
 男の子は大きな声で色々喋ってたけど……あれはないな。

 「脚本はその通りに撮るんですか?」
 と、女の子が聞く。
 「普通はね。けど、俺の場合はほぼ変えちゃうね。撮りながら全て変えることもある」
 「じゃ、脚本家いらないじゃないですか?」
 「そうなんだよ。俺が自分で書けばいいんだよな」
 と、笑いながら答えていたが、私は蹴りたくなった。今、私が苦しんでるのを知ってて言ってるのかと詰め寄りたかった。
 
 まあ、どう聞いてもあれはディレクターじゃないよね。
 これまでにどんなドラマを撮ったんですかという質問にも「それは言っちゃいけないことになってる」と、意味不明な答えをしていたし。終わったものなら言えばいいでしょ。
 撮るのにどれくらいかかるのか聞かれて「1話で1ヶ月はかかる」と答えてたけど、それじゃ絶対に間に合わないよ。よくもまあ、あんなに大胆に嘘つけるなと感心した。
 
 年が明けたらすぐにMONO『隣の芝生も。』の取材や打合せが入っている。
 まだ人物相関図は完成していない。
 登場人物は10人。MONOの5人と特別企画に出演していた5人。それぞれに合った役を考えつつ、話をまとめていかないといけない。俳優に役がハマると作品が動くし。その為にもまずは土台をかためなければ。
 この前、北海道の戯曲講座で箱書きの大切さを喋った私としては怠けるわけにはいかない。

 やっぱり準備をするに越したことはないんだよね。
 近年のMONOだと『ぶた草の庭』は最後までプロットを立ててから書いた。
 箱も割と綿密につくったし。箱書きがしっかりしてると後半になってから楽なんだよね。
 『裸に勾玉』は前半はかなりちゃんと書いたのに、後半になって混乱し、結構苦しんだ。『ハテノウタ』は設定だけを決めていきなり書き出したので……もう全編に渡って苦しんだ。

 今回は入り組んだ物語になるので、箱書きを細かくする必要がある。

 これまでの良さを出しつつ、これからに向けての一歩を踏み出す。
 
 と、そんなことを書いてるけど、まずは脚本だったね。
 今日一日、猛烈に頑張ろう。
 
posted by 土田英生 at 07:22| 東京 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする