表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2018年01月03日

今年もよろしくお願いします

2018.jpg


2018年になって初めての更新なので年賀状代わりの画像。
今、慌ててつくったのでかなり適当だ。
戌年ということで、皆がSNS上に飼っている犬の写真をあげていたりする。
だから真似をしてみた。
この前のブログで書いたナッツだ。

本当、よろしくお願いします。
去年は自分にとって大きな生活の変化もあった。
いろいろと先行き暗い世の中だけど、できる限り前に進みたいと思う。
なにより……いい作品を創る。
勉強する。
そして、新たな夢を見たい。

で、今は、京都にいる。
2日の夜に愛知県から帰ってきたのだ。

31日に東京から愛知に移動。
久しぶりに実家で年越し蕎麦を食べた。

IMG_0531.jpg


深夜までしゃべって、妹夫婦は子供二人を置いて帰って行った。
実家からは車で10分の距離に住んでいる。

元旦。
朝、姪と甥を近所の神社に連れていった。
私の小学校の時の通学路。
二人が小学生であることも手伝って、現在の景色と昔の記憶がオーバーラップする。
忘れていた様々な思い出が蘇った。
切ない。
自分のこれまでのこと、そしてこの子たちの先のこと。
今の社会の状況なども頭を巡り、形容しがたい感情になる。

家に戻ってから甥と将棋をやったら負けた。
ちなみにポンジャンでも負けた。
けれど、ポンジャンはかなり納得できないルールのまま、曖昧な感じでモヤっと負けた。
形容し難い悔しさを感じた。

そんな中、暇を見つけてはノートを広げ「隣の芝生も。」の構想を練っていた。
まだ完全にピースがはまらない。
なんか、なんか足りないんだよねえ。

困って姪に相談したりもした。

姪は6年生なのだが、MONOの芝居は毎回来ているし、暇があるとDVDでMONOの作品を観ているらしい。私の戯曲集も全部読んでいるし、読書感想文は私の小説『プログラム』で書いたと言っていた。
かなりの通だ。
だから私も『どうしたらいいと思う?』と聞いてしまう。
しかも、彼女はとにかく私に優しいのだ。

1日の夜も風呂から出てくると姪が一人で待っていた
理由を聞くと、

『ツッチーが寂しいかも知れないと思って』

と、かわいいことを言う。
いろんな話をした。
彼女の学校での話などを聞いているうちに……作品のアイデアが浮かんだ。
まあ、使えるかどうかはわからないけど、感謝だ。

IMG_0580.jpg


4日には打合せや取材が入っている。
今日中にかためないと。

しかも、頼りになる姪は京都にいないしね。
よし、残りの腕立て伏せをしてちょっと寝よう。
posted by 土田英生 at 07:14| 京都 ☁| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

タイトルを短く!

 大晦日だ。まだ下北沢にいる。
 30日は起きたら午後2時だった。
 そこから残っている掃除や洗濯をしていたら夜になってしまい、すっかり移動する気力をなくした。
 昨日は一人でワインを飲み、早く寝てみた。
 ……そしたらこんな朝早くに目が覚めてしまった。
 やることがない。
 初日の出は明日にならないとダメだし。
 だからこれを書いている。

 予定は変わったけど、逆に都合がいいね。
 大晦日は京都、1日に実家の愛知県、そして3日に再び京都に戻ろうと思ってた。
 東京→京都→名古屋→京都だ。
 だけど、東京→名古屋→京都という方が効率的だ。
 実家で年越しをさせてもらって、年が明けてから京都に戻ればいいのだ。
 名古屋は東京と京都とのあいだだしね。

 東京と京都のあいだ。
 「空と私のあいだ」という芝居を創ったことがあるな。
 このタイトルは気にいっている。
 
 この前、戯曲講座でタイトルについて話した。
 私はどうもタイトルが長い。
 文章になっているものが好きなのだ。だから必然として長くなる。
 けれど、長いと困る事が多いのだ。
 雑誌などに情報を載せる時とかね。
 制作からは「なるべく短くしてください」と言われる。
 あ……「なるべく短くしてください」……これもタイトルになるね。「なるべく派手な服を着る」というのもあったし。

 あと、最近重大なことに気づいた。
 MONOが好きでよく観てくれている人でも、タイトルを正確に覚えている人がほとんどいないという事実だ。
 例えば「その鉄塔に男たちはいるという」。
 これを正確に言ってくれる人は少ない。
 「その」が「この」になってたり、「いるという」が「いた」になってたり。
 面白かったのは「少しはみ出て殴られた」を「殴ったと思ったら殴られていた」と間違えていた人がいた。
 それはそれでいいタイトルだと思うけどね。
 だって殴ったつもりだったのにね。逆に殴られていたという。まあ、目に見えないスピードで来たんだろうね、そのパンチは。
 とにかく苦労してつけても、覚えてもらえないタイトルでは悲しい。
 
 だから現在、タイトル短くする運動を実施中だ。
 特にMONOの本公演はそうしようと決め、「ぶた草の庭」以来、密かに続けている。
 次回の「隣の芝生も。」も頑張って短くした。
 これまでの私だったら「隣の芝生も青いとは限らない」とか、そんな感じになってたと思う。

 これまで自分でつけた芝居のタイトルを思いつく限り、長い順に書いてみる。

✳︎ ✳︎ ✳︎ 

 
「チェーホフは笑いを教えてくれる」
「衛兵たち、西高東低の鼻を嘆く」
「その鉄塔に男たちはいるという」
「ノーティー・ナインティーズ」
「夢叶えるとか恥ずかし過ぎる」
「トナカイを数えたら眠れない」
「ローランドゴリラとビーバー」
「崩れた石垣、のぼる鮭たち」
「カップで自分を量るがいい」
「ソラミミホンネレソラシド」
「チェーホフを待ちながら」
「いつわりとクロワッサン」
「ウィンカーを、美ヶ原へ」
「なるべく派手な服を着る」
「ウェルズロード12番地」
「その受話器はロバの耳」
「三日月に揺られて笑う」
「少しはみ出て殴られた」
「さよなら、ニッポン」
「うぶな雲は空で迷う」
「梢をタコと読むなよ」
「時折、風が吹くと」
「橋を渡ったら泣け」
「床下のほら吹き男」
「地獄でございます」
「0時から5時まで」
「のぞき穴、哀愁」
「空と私のあいだ」
「ブーゲンビリア」
「紙にかいた青空」
「怠惰なマネキン」
「なにもしない冬」
「4つのテーブル」
「スタジオNO.3」
「遠州の葬儀屋」
「樅の木に短冊」
「相対的浮世絵」
「胸の谷間に蟻」
「きゅうりの花」
「月がみえない」
「REST ROOM」
「隣の芝生も。」
「南半球の渦」
「ロマン再生」
「路上生活者」
「初夜と蓮根」
「約三十の嘘」
「燕のいる駅」
「板子乗降臨」
「ぶた草の庭」
「ハテノウタ」
「Holy Night」
「BROTHER」
「京都11区」
「悔しい女」
「裸に勾玉」
「ー初恋」
「赤い薬」
「Sugar」
「錦鯉」

✳︎ ✳︎ ✳︎


 数字や英語は半角になっているので、一概には言えないけど、まあこんな感じだ。
 「ぶた草の庭」以降のMONOの本公演のタイトルを赤字にしてみた。
 こうしてみると「隣の芝生も。」はやや後退してるな。
 最後の「。」がなければいいのに。
 「隣の芝生も」……いや、やっぱり必要だな。
 「ー初恋」の「ー」とかも、なんだろうね?
 そういえば、英語に翻訳してもらう時、この「ー」をどうするとかいう話になった。
 結局はただの「First Love」になってしまったけど。
 
 とにかくタイトルはどんどん短くしていこう。
 数年後には「あ」とか「お」とか、そんな短さになっているかも知れない。
posted by 土田英生 at 06:42| 東京 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

試してみる

 そのまま下北沢にいる。

 ドラマの脚本は1月5日まで手をつけないと決め、それまでは休みながらMONOの構想を固めると決めた。
 京都の家も気になるのでさっさと戻ろうと思っているのに、ごく普通に過ごしてしまった。

 マチネに福岡から来ている万能グローブパゴスダイナモスを観て、一緒に行ったオタツこと立川さんとご飯を食べて、事務所に戻ってきて残りの腕立て伏せしたら、疲れてそのまま眠ってしまった。
 残りの腕立て伏せとはなんなのか。
 これは後で説明しよう。
 
 起きたら21時だった。
 今晩中に事務所の掃除と荷物の整理を済ませ、できたら明日の夜には京都に帰りたい。

 ああ、面倒だ。
 戯曲賞の審査の為の台本の束は京都に送っておいた方がいいとか、ドラマの資料も一部だけは持って帰らないといけないとか、細かいところでいえば万年筆のインクをどうするかとか。これは同じ物が京都にもあるのでまあいいんだけど。しかも、これはインクが混ざってもいいやつだしね。
 
_MG_9017.jpg
 
 
 人間関係の疲れに気づき、無理に人と関わるのはやめた。
 頑張ってしまうと後でもっと嫌になることが自分で分かるからだ。
 なんだろ? ちょっとしたことで猛烈に腹が立ったりして。
 自分の感情に驚いている。
 Twitterは不特定多数なので続けているけど、知り合いばかりのFaceBookからはしばらく離れることにした。今まで二つを連携させていたけど、それも解除した。
 しばらくは好き勝手にする。
 
 私個人の状態はそんなに悪くないんだよね。
 創作意欲もあるし、腕立て伏せも順調に続けているし。

 そうだ。どうして腕立てをしているのか?
 さっき「残りの腕立て伏せ」と書いたけど、一日100回やることにしたのだ。

 皆に勘違いされるところなんだけど、別に身体を鍛えたいとかじゃない。

 私はどうやら何かを「試してみる」ことが好きらしい。

 4年くらい前だ。ココナッツオイルをやたらめったら身体中に塗っていた時期があった。
 「一体、どこを目指してるんですか?」という当たり前の質問を受けたりしたけど、これだって別にお肌をどうこうしたいとかじゃなかった。

 なんでも一回やってみたくなるというか。
 例えば「ダンボール箱を貼り合わせると机が作れる」と聞けば、やってみたくて仕方なくなる。実際にそれも作ってしばらくはこの事務所にあった。……いやあ、結構頑丈で、捨てる時、とても苦労した。

 そういう流れでレザークラフトもやってみたり、DIYで家具作ったり、家の内装をやってみたりするんだと思う。凝っちゃうんだよね。
 ここにも書いたことがあるけど、春に京都にいた時は、コーヒーテーブルを作ったり、洗面台の下に戸棚を作ったりした。

IMG_6140.jpg


IMG_7474.jpg


 思えばいろんなことを試してみた。

 重曹を入れた水で鍋をグツグツ煮たりすると新品みたいになると知って、家中の鍋やフライパンを光らせてみたこともあるし、こうすると爪が綺麗になるというネットの記事を読んで試したら異様に爪がツルツルになって喜んだこともある。あ、爪は結果的に困ったね。光り過ぎて「あれ、土田さん、ネイルの手入れしてるんですか?」と聞かれたりしてとても恥ずかしかったし。

 で、 一週間くらい前、脚本を書いている合間にネットをうろうろしていたら「1日100回の腕立て伏せを一ヶ月続けたらこんな風になってワロタ」的なものを読んで、急にやってみたくなったのだ。
 一度にではなく、合計で100回でいいと書いてあったので、これならできると思った。

 現在、一週間経った。
 すでに引き締まってきた。
 まだ、ムキムキにはなってない。なんというか、「ムキムキ」の芽が出てきたという感じだ。双葉くらいは生えている。
 一ヶ月で花が咲いてしまうかも知れない。
 きっとまた「何を目指してるんですか?」と聞かれるだろう。
 
 昨日、シャワーを浴びる前に鏡で見て「お!」と声をあげた。
 思わず写真を撮ったものの、載せられない。
 洗面台は載せても大丈夫だけど、裸の写真は載せたら痛い人だと思われてしまう。
 笑えるくらいムキムキにならないと無理だな。
 ま、それまでには飽きると思うけど。

 ああ。
 「一気に荷物を送れて、大掃除も済んで、京都に帰って、台本の構想も立てられる画期的な方法」があるとわかれば、やってみることができるのに。
posted by 土田英生 at 02:36| 東京 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする