表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2019年04月23日

更新する

そういえば全く更新していない。

昨年の秋、ゴドーがどうしたという台詞をツラツラ書いた辺りからだね。
ピタリと止まってしまっていた。

今年に入って、MONO「はなにら」の告知をしなければと初日前に一回だけ更新したものの、すでに習慣ではなくなってしまったようでそれから2ヶ月は再び放置だった。

で……。

最近、連続して何人かから「更新しないんですか」と聞かれた。

しかし間が空きすぎた。
何を書いていいのかすらわからない。

昨年の後半は福岡で戯曲講座をさせてもらったり、出雲で戯曲講座をさせてもらったり、東京で戯曲講座をさせてもらったり……おいおい、戯曲講座ばっかりやってるな。
なんなんだろう?

他にもいろんなことはやっていた。けど……まあいいや。とにかく年を越し、今年に入ってからはMONOの執筆と稽古。
東京、豊橋、京都、広島と公演をして4月に終了。

いい舞台になったんじゃないかと自分では思う。手応えもあったしね。
9人体制になって初の公演ということもあり、これからの劇団のことを考えながら創った。
56558701_973953392798189_8984027876114300928_o.jpg
撮影・谷古宇正彦


もっとくだらないことを書いた方が楽だな。
演劇や仕事から離れてみよう。

そうだ。
昨年末は久しぶりに京都の自宅で過ごしていたので内装をちょこちょこいじった。

私はDIYが好きなのだが、東京にいる時間が長くて欲求不満がたまっていたのだ。
この欲は厄介なほど高まっていて、どうにかしないとまずいと思っていた。けれど台本を書かなければいけなかったし、あまり大掛かりなことはできない。なので100均で買った材料などを使って、ちょっとした工夫をすることで欲を抑えようとした。
→『出かける前』10月27日で書いていた窓は結局こうなっている。
2e78651a0da0b0b69782a5202ec2b4d5.jpg

まだ欲はおさまらなかった。だからついでにトイレの窓もやってみた。
661a95d6c7e91567c499801ac87da96d.jpg


ダメだ。
こんなことでは全く欲求はおさまらない。
しかし大掛かりなことをしている余裕はないのだ。
だからむき出しだったインターホンにカバーを作ってみた。
IMG_2644.jpg
IMG_2649.jpg


……。
ダメだった。
おさまらないのだ。

こうなったら一番気になっていることをやってしまおう。
前からキッチンのシンク前の壁が気になっていた。真っ白だしテカテカだし。
それにレンジフードもクリーム色の鉄板で味気ない。
IMG_2856.jpg


欲求を解消するには、この最も気になっていることをやるしかないのだと腹を括った。
まずレンジフードには板を貼って装飾をした。

そして壁だ。

ブリックレンガをネットで四箱購入し、まずは木枠を作り、内側にそれを貼り始めた。
これは結構大変だった。
ブリックを切るのがキツイ。しかも家中が粉だらけになった。
二日間で完成。
4496224685a7169a3e4a6569ae62de90.jpg

ふう。
これでDIY欲はおさまった。
テーブルに座ってコーヒーを飲んだ。
シンク前にあるカウンターが気になる。
コーヒーメーカーなどが見えてどうも落ち着かない。

私は一回気になると、それが解消されるまでどうにもならない。
おさまったと思ったのは錯覚だったようだ。

なので目隠しになるような棚を作ってみた。
IMG_3047.jpg

これでテーブルでコーヒーを飲んでいても無駄なものは見えない。
IMG_3210.jpg

内側はこうなっている。
IMG_3207.jpg


よし。
マグカップも私の気持ちもおさまった。
これで静かに過ごせる。

そう思って二階の仕事部屋に向かった。
すると……。
IMG_3018.jpg

DVDやレザークラフトの道具などを置いている部屋。
ここにはドアがなかった。なのでカーテンをぶら下げてごまかしていた。

気になり始めたが、もうやらないと決めた。
台本を書かなければいけないのだ。

けれど通るたびに気になる度合いが上がっていく。

……正月に実家に戻った時にドアを作った。
実家には木工場があるのだ。
IMG_3006.jpg

そしてそれを京都に郵送してもらい(これは送料が大変だった!)、塗装して取り付けた。
IMG_3211.jpg


今の所、DIYにたいする欲はおさまっている。

ん?

待て待て。
これでは趣味ブログだ。
ま、いいや。
これからまた更新して行こう。


posted by 土田英生 at 21:07| 兵庫 ☁| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

MONO「はなにら」

 とにかく久しぶりの更新だ。
 今年に入ってから初めてだと思う。
 しかもすでに2月の終わりだ。

 いや、昨年だって12月は全く書いていないので三ヶ月まるまる更新しなかったことになるね。
 
 
 今日、奥村くんから「全然更新されませんね」と言われて、それをきっかけに書いている。
 MONO「はなにら」の最後の稽古が終わった。

 私は1月に稽古が始まってから、1日しか休みがない状態だった。
 まだ休めない。
 なんせこれから初日なのだ。

 いい舞台になりそうな予感だけはあるが、いつものことながら不安でいっぱいだ。

 今回は劇団メンバーのみでの公演。
 とはいっても昨年4人が入ったので9人だ。
 そして……この作品の中でそれぞれが重要な役割を占めている。

 新しさももちろんあるが、劇団としてのこれまでの美学は変わっていないのだ。
 
 明日は仕込み。
 私は舞台をチェックする為に夕方には劇場に入る。
 
 皆様、劇場でお待ちしております!

mono2019.jpg
posted by 土田英生 at 01:32| 兵庫 ☁| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

2つの時間

 姫路にいる。

 ……腰がいたい。
 先日、久しぶりに自分への嫌悪がMAXになってじっとしていたからだ。
 トイレを除けば38時間動かずにいた。
 『動かない鳥』として有名なハシビロコウより動かなかったな。
 やっていたことと言えば『ゴドーとの電話』というアドリブ台本を更新していただけだ。

 色々と待たせている仕事もある。
 本当に申し訳ない。すみません。
 頑張ってやりますので。

 それぞれに連絡をするつもりだけど、今日はまだ無理なので、言い訳の為にこれを書いている。
 
 2つの時間について考えていた。

 人は楽観的にならないと生きていられない。
 例えば南海トラフ地震が来ると言われて久しいが、プレートの軋みを考えばいつかは必ず地震は起こるのだ。
 今だって少しずつ動いているはずで、それがある限界を越えた時に地震はやってくる。

 けれど明日起こるかと問われれば、多分、ほぼ全員が「起こらない」と考えている。
 だから私たちは暮らせるのだ。
 つまり自分たちの、ある主観の中で「楽観的時間」を生きている。

 個人のことを考えたってそうだ。
 私たちは間違いなく死ぬ。
 ただ、それはきっと明日ではないと思っているから生きられるのだ。
 
 人間はそれぞれに主観の時間を持っている。

 仕事でもこのことが原因で問題が起きる。

 「すぐにやりますね」
 「お願いします」
 答えた方はリミットが2週間くらいだと思っていたとしても、頼んだ方は3日かも知れない。

 この例だと一週間くらした時に揉める。
 
 受けた方はまだ残りが一週間もあるのにどうして怒られるのかと不思議に思う。
 頼んだ方はリミットを過ぎてから4日も待ったのに、どうしてそんなにヘラヘラしてられるのかと信じられない。
 両方とも自分は悪くないと思っているので感情的になってしまう。

 感情や気持ちの問題になるともっと難しい。

 これを埋めるのは難しい。
 埋めるのは「言葉」しかないと思うのだが、この言葉のニュアンスにも違いがある。
 それに思っていることを全て言葉で表すのは不可能だし、受けとる側のリテラシーもあって正確には伝わらないことがほとんどだ。

 主観と主観のズレ。
 チェーホフなんてこればっかり書いている。
 ただ、唯一救いとしてあるのは、それでも許したいとか、共存したいという想いだよね。
 ま、簡単に言えば「相手の立場に立つ」ということだけど、これは本当に難しい。

 今日はこれだけ書くのが精一杯だな。
posted by 土田英生 at 00:19| 兵庫 🌁| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする