表紙に戻る
MONO代表・土田英生のブログです

2017年12月06日

ブログで書くこと

 仕事柄もあるんだろうけど、とにかく文章を書くと気持ちが整理できる。
 それもあって、この「土田頁」は長く続いているんだと思う。
 私はしょっちゅう混乱する性格だし。
 とにかくここを更新すると落ち着く。
 情報発信などではなく、完全に自己救済の道具になってる。
 
 けど、ブログには「人に読まれる 」という前提がある。
 例えば腹が立つことがあって、それをそのまま書くと当事者が読んだら困るだろうなと想像してしまう。だから詳細をぼかしたりして書いたりするんだけど、そりゃ……分かっちゃうよね。
 なので、本当にプライベートなことなどは誰も読まないところに書いたりしている。

 でも、やっぱりブログに書いた方が整理できるんだよね。
 どうしてだろ?
 そもそもブログを書くとはどういうことだ?

 こうなったら今更ながら言葉の意味から辿ってみる。
 皆が知っていることだけど、web-logという言葉が詰まってblogになった。
 webはクモの巣という意味。
 インターネットが張り巡らされるいうイメージからwebと呼ばれるようになった。
 アドレスにあるwwwはworld wide webの略だしね。つまり世界に張り巡らされたクモの巣だ。
 で、logは航海日誌。
 最初はlogbookと呼ばれていたようだ。
 昔、船のスピードなどを計るのに、『chip log』という、木の切れ端を使った道具を用いていたので、航海記録をつけたものをlogbookと呼ぶようになったらしい。これは今調べた。

 だからblogは『世界中に張り巡らされたクモの巣ようなインターネット上に書く日記』だ。
 
 壮大に始まった割に「結局、最後は日記かよ」という感じだ。
 「誰にでも読まれる可能性のある日記」であることに変わりない。
 言葉を辿ったところで、新しい発見は何もなかった。

 問題はどうして読まれる可能性のある所に書きたいのかということだ。
 一つは……そうした可能性を考慮することで、客観的な視線を持てるということだ。
 感情だけで走れないので、自分の気持ちを整理するのに役立っているのかも知れない。
 そしてもう一つは、やはり読んでもらいたいからだね。
 けど、私のブログを読んだところで役に立つことは何もないしね。
 換気扇の油汚れを劇的に落とす方法とか書いてないし。
 世界中に張り巡らされたクモの巣ようなインターネット上に、中途半端な劇作家が、いつものような愚痴を書いているだけだ。

 仕方ない。
 今日も愚痴を書こう。

 人は一人では生きていけない。
 他人を必要をする。
 けれど、こっちが求めるものと相手が求めるものが違うと不幸になる。
 自分のことを正確に分かってもらおうとすればするほど悲劇は起きる。相手を追い詰めたくはないのに、結果的にそうなってしまう。それに……どんなに言葉を尽くしても、正確には伝わらないしね。
 
 昔、そのことを「悔しい女」という芝居に書いた。初演は青年座で高畑淳子さんに向けて書かせてもらったが、主人公の優子はまさしく私の姿だった。
 ラストになんとかして優子の変化を書きたいと思った。
 けれど、最後まで優子は変わらずに幕が降りた。
 方法が見つからなかったのだ。
 
 今日は1日中、人が変わるということを考えていた。
 他人を変えようとすることは傲慢なんだよね。だったら自分が変わるしかない。

 世界中に張り巡らされたクモの巣ようなインターネット上に書けるのはこれくらいだな。
posted by 土田英生 at 02:25| 東京 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

MONO『隣の芝生も。』

 本当は東京に行くつもりだったのだが、打合せが一日延びたので昨日の夕方から身体が空いた。
 朝から近所を散策。
 紅葉も終わりなので大悲閣に行った。
 家から歩いて15分くらいなのだが、坂がすごい。結構息切れする。

_MG_8834.jpg

 
 けど、紅葉も楽しめた。

_MG_8828.jpg

 
 この前、北海道で戯曲講座をやった時、担当の人から『Twitterの写真が妙にきれいですね』と言われた。
 写真が上手という意味ではない。
 けれど言いたいことは分かった。

 私のiPhoneはカメラが壊れている。
 なので写真を撮ってアップすることができないのだ。
 で、代わりに一眼レフをカバンに入れていて、それでしょっちゅう写真を撮っている。それをiPhoneに飛ばし、それをアップしているから、背景がボケていたりするのだ。
 ちなみに大悲閣に登る時、その手前の屋台で厚切りベーコンを食べたが、それもこんな風になる。

_MG_8801.jpg

 
 昼頃に家に戻ってお風呂にゆっくりと浸かった。
 そして午後からはMONOの次回公演『隣の芝生も。』の構想を練った。
 
 よく「最新作が最高傑作です」という言葉を聞く。
 気持ちはわかる。
 常に成長していたいし、今、考えていることが最も面白いことであるべきだからだ。
 けれど、と思う。
 やっぱりうまく行く時もあれば、そうじゃない時もある。
 あれは……なんだろうね。
 
 モチベーションの高さだという気がしている。
 もちろんいつだって一生懸命書いているつもりだけど、むしろ書き出す前にどれだけ高められるかが重要な気がする。
 
 今回の登場人物は10人。
 MONOでは多い方だ。

 MONOメンバーに加え、この前終わったばかりのMONO特別企画『怠惰なマネキン』に出ていた5人が出演することになっている。
 これは……去年から、いや、私個人としてはもっと前から密かに考えていたことだ。
 プロデュース公演ではなく、劇団ならではの公演。
 だから共通認識を持って作品を創りたい。
 5人とは12月からクローズドのワークショップを繰り返した。
 その流れで特別企画をやった。最初はあと二人に声をかけていたのだが、それぞれ事情があって離れちゃったんだよね……。
 
 5人とは12月にもちょっとだけワークショップをすることになった。
 公演を終え、また、MONOの本公演に向けて色々と補強する為だ。

 MONOがある意味で変わらず、それでいて新鮮に前に進む環境を作りたい。
 もっともっと面白くしたい。
 長くやっているだけの劇団にはしたくない。
 それこそ、最新作が最高傑作になるように、だね。
 
 『隣の芝生も。』は二つの話が別々に展開するけれどオムニバスではなく一本の話。
 ヒントになっているのはウッディアレンの『重罪と軽罪』。
 目指しているのは徹底的なウェルメイド作品だ。

 東京、名古屋、大阪を始め、何箇所かツアーする予定なので……みなさん、よろしくお願いします。

 消しゴムの写真を載せて終わろう。
 前に……誕生日にもらったヤツだ。

_MG_8716.jpg

posted by 土田英生 at 00:18| 京都 ☀| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

北海道

 札幌にいる。
 戯曲講座だったのだ。パソコンを持ってこなかったのでiPhoneで書いているが、ブログの設定を変えられないので、表示される天気の欄が京都か東京になっているかも知れない。
 けれど私は間違いなく札幌にいる。下の写真が証拠だ。

C84DB9A8-A36D-4F81-8260-2F9DA5B6C1AE.jpg


 人に戯曲の書き方を伝えるなんて、とてもおこがましいことだと思う。
 私自身、いつも新作を書くときは自分を見失なっているのに。
 だけど、考えていることを素直に話したつもりだ。それしかないしね。

 自分のことを浮き沈みの激しい人間だとは思うけど、どんな時も素直に進むと決めたのだ。
 色々と考えたりはするけれど、生きることはとてもシンプルなんだよね。
 一つ一つ目の前の問題に対処すればいいだけだし。

 今日もホテルのロビーでカメラを落とした。レンズに付けていたフィルターが割れた。落ち込みかけたが、すぐにヨドバシカメラに行って新しいものを買った。それだけのことだ。

 失うことを恐れず、真っ直ぐに進む。明日、京都に戻り、締切に向けて脚本を一生懸命書く。ああ、なんてシンプルなんだ。
posted by 土田英生 at 02:30| 京都 | MONO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする